連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』最終回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女】夫の裏切りに反抗して』最終回

「あぁん、また、くる、気持ちいいのがくるのぉ」

「イキそうなんですね? 遠慮せずにイッてください」

「はぁん、ダメェェェェー」

途端、真奈美がガクンとカラダをふるわせ、そのまま昇天してしまった。

「真奈美さん、おま×こがヒクヒクしましたよ。イッたんですね」

「ハァハァ、イッてしまいました。まだ、気持ちいいんです」

「そうですか。でも、まだ終わりではないですよ。僕も気持ちよくなりたいですからね」

「はぅ、そうですね。私だけ気持ちよくなってしまったらズルいですもんね。このまま続けてください。私ももっと気持ちよくなりたいですから」

「ありがとうございます。真奈美さんがイッたということで、今度は別の体位を試したいんですけど、いいですか?」

「え? また違う体位を試すんですか?」

「そうです。今度は後ろから突きたいんです」

「後ろからですか? 何か恥ずかしいですわ。動物の交尾みたいで」

「それがいいんじゃないですか。もっと本気のセックスができますよ」

そこまで言われ、真奈美は後背位を受け入れる。

俊介の願いは聞いてあげたいと思ってしまうのだ。

「わかりました。では、後ろから挿れてください」

「ありがとう。そう言ってくれると思いました。では、四つん這いになって、お尻を高く上げてもらえますか?」

「はぅん、お尻を高く……、何かエッチなポーズですね。おま×こが丸見えになっちゃいます」

「おま×こだけじゃないですよ。お尻の穴まで見えちゃいます」

「きゃー。そんなとこ見ないでぇ……、恥ずかしすぎます」

「フフフ……、恥ずかしがっている真奈美さんは可愛いですね。ホントイタズラしたくなっちゃいます」

俊介は一旦ペニスを引き抜いた。

淫裂から抜き出た怒張は、ヌラヌラとした愛蜜で満たされている。

対する真奈美は、言われるままに、四つん這いになり、そのままお尻を高く上げた。

こんな体勢になっていると、本当に恥ずかしくなってしまう。

「あぁん、俊介さん、ホントに恥ずかしいです……」

「大丈夫。直ぐに慣れますよ。とりあえず挿れてみますから」

俊介は、肉竿を女壺に押し当てると、ゆっくりと貫いていく。

すぶずぶずぶ……。

めり込むように剛直が吸い込まれていく。

「うぉぉ、入った。バックはバックで気持ちいいですね」

「はぁん、俊介さんがまた入ってきたぁ」

「少しずつ動いていきますからね」

「うん。動いてぇ、おま×こを掻きまわして欲しいのぉ」

「わかってますよ、おま×このヒダが、ち×ぽに絡んで、ホント気持ちいいです」

俊介は一定のリズムで抽送を開始した。

恥骨を真奈美の臀部にぶつけ、パンパンパンとリズミカルな音を上げていく。

真奈美自身、後背位でのセックスは久しぶりである。

夫と昔したことがあるだけなのであった。

「んんぁ、あぁん。気持ちいい……、奥まで入ります」

「そうですね。バックからの挿入は、深くなるかもしれません。それに、何だか征服してるような気分になります」

「征服……、確かに、犯されてる感じがします」

「どうです? 後ろからされてる感じは?」

「んん、あぁん、無理矢理されてるみたいで興奮しちゃいます。もっと、して欲しいのぉ」

「わかりました。やってあげますからね」

俊介は、少しずつ抽送のリズムを押し上げていった。

ずん、じゅる、めちゅ、めりゅる。

膣道を肉竿が擦り上げていくと、俊介は淡い快感を覚え始めた。

もちろん、真奈美も感じ続けている。

先ほど、イッたばかりなのであるが、長いオルガスムスが、継続して流れているのであった。

「あぁん、俊介さん、おま×こがおかしい……、ずっと気持ちいいのぉ、あぁ、んんん」

「イッたばかりの敏感なおま×こを突かれて、感じちゃってるんですね。いいんですよ。もっと感じてください」

「ハァハァ、おま×こがゾクゾクしちゃって、もうおかしくなっちゃう」

俊介の腰の動きも速まっていく。

彼自身も途轍もない悦楽を覚え始めて、射精感が発生していくのであった。

「うおおぉぉおお、真奈美さん、ホントに気持ちいい……、最高の気分です」

「私も、私も気持ちいいのぉ、こんなの初めて、ずっと気持ちいいのぉ、あぁん、変になるぅ」

「変になってください。そして、一緒に気持ちよくなりましょう」

パンパンパン……。

肉同士がぶつかり合う音が大きくこだまする。

「ぐぅ、真奈美さん、今度は立ってもらえますか?」

「立つんですか?」

「そうです、立ちバックがしたいんです」

「わかりました。立ったまま犯してください」

挿入の状態を維持したまま、二人は立ちあがる。

そして、立ったままの状態で、ピストンを繰り出す。

これは――。

 

「うしろやぐら」

 

と、いう体位である。

別名「立ちバック」とも言う。

女性が前で同じ方向を向いて立ち、壁に手をついた女性に男性が背後から挿入する体位である。

真奈美は壁に手を置き、お尻をツンと突き出した。

挿入する際、女性はお尻を突き出すようにすると上手く挿入できるのであるが、真奈美は本能的にそれを感じ取っていた。

「腰を引き寄せるような感じでしてみますね」

「はい。やってください」

「無理にピストン運動すると、ち×ぽが抜けやすくなってしまいますね。注意が必要だ」

「ダメェ、抜いちゃダメなのぉ、おち×ぽ、ずっとおま×こに挿れて、ズコバコして欲しいのぉ」

「もちろんですよ。ちゃんと挿れてあげますからね」

俊介は前後にピストン運動をするというよりも真奈美の腰を引き寄せるというイメージで繰り返し動いた。

そうすると疲労も少なくなり、真奈美にも深い挿入感を与えられるのだ。

「真奈美さん、どうです? 挿入が深くなったでしょ?」

「はぁん、深いのぉ、おち×ぽが奥まで届きます……、んんぁ、あぁん」

「立ちバックて気持ちいいんですよね。よく野外とかでやる体位ですけど、部屋の中でしても、独特の気持ちよさがありますね」

「さっきよりも、犯されてる感じが強くなってるのぉ……。ンンッ……あぁん。俊介さんー」

「真奈美さん、俺もそろそろ、イキそうです。中に出してもいいですか?」

「はぁん、中に……? んん、中に出して……、ビュルビュルって出して欲しいのぉ」

「ありがとうございます。それじゃ中にたっぷりと出しますからね」

恐ろしい勢いで、俊介は腰の動きを速めていく。

すると、たちまち激しい吐精感に見舞われて、心地よくなっていくのであった。

「うぉぉおおお。ダメだ、出る! 精子が出ます」

「んんぁ、お射精してぇ、私の中にたくさん精子を出して欲しいのぉ」

一突きひとつきが重くなり、とうとう俊介の我慢も限界を迎える。

ビュルビュル……ビュピョプ、ドピュ、ピィピョピュ、ブピョップ……。

ドクドクと熱く滾るスペルマが真奈美の膣内に流れていく。

真奈美は中出しされて、女の悦びを感じながら、再び昇天を迎える。

二人は、激しくイッてしまい、そのまま床に崩れ落ちた。

「真奈美さん、凄くよかったです。最高のセックスでした」

「私もです……。ありがとう、女として悦びを感じられた気がします」

「真奈美さん、ずっと一緒にいましょう。僕、あなたを大切にしますから」

「俊介さん……」

 

 

エピローグ

真奈美は帰らないとならない。

そして、この関係を続けられないのだ。

もう、これで満足するべきである。

俊介とホテルで別れた真奈美は、淡い恋心を封じ込めた。

(俊介さんに会うのは、今日でおしまい。私には夫や子どもがいる。それに、夫とも話し合わないとならない)

俊介と性交をして、力をもらえたような気がした。

真奈美はグッと握りこぶしを作ると、それを高く空に掲げる。

すると、やり直そうという気持ちになれた。

「俊介さん、ありがとう。この思い出があれば、私は生きていけます」

夜空を見上げると、星が輝いていた。

彼女は、夫と話し合い、二度と風俗に行かないように約束させ、平和な日常を取り戻したようである。

もちろん、俊介の件は言っていない。

これだけは、自分の秘密なのである。

当然、あれきり俊介には会っていない。

しかし、寂しさは全くなかった。

更生した夫や、可愛い娘を見ていると、新しい幸せを感じられるのだから。

〈了〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました