連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第3回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第3回

「ふご、ふごご、んじゅ」

明彦のペニスはかなり大きく、口に含むのが大変である。

それでも、梓は懸命になって、口唇愛撫を続けていくのであった。

「うわぁ、先生が俺のち×ぽをしゃぶってる。ホントに感動的です」

「先生にこんなことさせて、ホントあなたって困った生徒なのね。じゅぼぼ、じゅぼん」

「だって先生があまりに魅力的だから……、こんな風にしてもらいたくなってしまうんですよ」

梓の口内は、ねっとりとして柔らかく、それでいて温かい。

フワフワとした膜につつまれていくような気持になるのであった。

「ふぅ、はぁ、先生、凄く気持ちいいです。やっぱり、上手ですね。最高の気分ですよ……」

「んじゅる、じゅるん、あなたのおちん×ん、ちょっと大きすぎない……、口に含むのが大変なのよ」

「そうですかね? 俺、他の人のサイズがわからないんですけど、俺のち×ぽって大きいんですか?」

「うん。じゅる、たぶんだけど、大きい方だと思うわ。まぁ、私が知ってる範囲の話だけど」

「先生もち×ぽがでかい男性の方がいいですか?」

「ちょっと、何、変なこと聞いているのよ。そんなの別に……」

「俺、もっと先生と親密になりたいです」

「ダメよ。だって私とあなたは教師と生徒という関係なのよ。それに、これがバレたら、私は教師でいられないわ」

「わかってます。だから、俺は誰にも言いません。先生と俺だけの秘密ですよ。その点は安心してください」

「信じてるからね。涼森君」

一定のペースでフェラチオを続けていく梓は、ペニスがビクビクと震えていくのを感じていた。

「おち×ぽが反応しているわ。じゅるん、じょぼ、そろそろイキそうなのかしら?」

「はい、凄く気持ちよくて、もう我慢できません。イッてもいいですか?」

「わかったわ、イッてもいいわよ」

「口の中に出したいんですけど、いいですかね?」

「んちゅ、じゅるん、え、口の中に? 仕方ないわね。いいわよ。私の口の中に出して」

「んんぐ、うおぉぉおおお。ダメだ、あまりに気持ちよくてイッてしまいそうだ」

フルフルと小刻みにカラダが震えていく。

最早、我慢するのはしんどくなってしまう。

「せ、先生……、イク! イキます!!」

「うん、んじゅ、じゅぼん、じゅるる、イキなさい、涼森君!」

次の瞬間、明彦の欲望が一気に弾けていった。

ビュルビュルドピュ。ビュビュ、ビピュプ、プピョップ、ビュルルル……。

「うわぁ、どんどん精子が出てくる。堪りません。ハァ、気持ちよすぎるぅ」

「ふごぉ、んん、んんぐ、あぁぐぅ」

吐き出されたスペルマは、かなり量が多かった。

そのため、すべてを口で含むのは難しい。

梓は、ゴクリと咽頭をふるわせると、精飲して、その場を凌いだ。

「あ、先生、精子、飲んでくれたんですか?」

「はぁふん、だって量が多すぎて、飲むしかなかったんですもの」

「ありがとうございます。俺、ホントに嬉しいですよ」

「これで満足したわね。キチンと勉強すること。いいわね」

「はい、わかりました。約束ですもんね。俺、頑張ります」

高らかに宣言して、明彦は満足感に浸るのであった。

 

明彦は、言われた通りに、勉強を頑張った。

その結果が出て、抜き打ちで行われた小テストでいい成績を残せたのである。

(俺もやればできるんだなぁ。これも先生のおかげかも)

と、そんな風に明彦は考えていたのであった。

 

ある日の放課後――。

明彦は部活や委員会などには入っていない。

つまり、授業が終われば、そのまま帰宅するのである。

但し、その日は違っていた。

彼が廊下を歩いていると、丁度梓と会ったのである。

「涼森君、最近調子いいみたいね」

と、梓は告げる。

それを聞いた明彦も、笑顔になりながら答える。

「はい、先生のおかげですよ。勉強する気になれました」

「それはよかったわ……。後、前のこと、誰にも言っていないわよね?」

「ふぇ、前のこと?」

わかっていながら、明彦は白を切った。

何となく、梓を困らせてみたかったのである。

「もう、わかってるでしょ。あなたにその……、淫らな真似をしたというか」

「手コキとフェラですよね?」

「こら、声が大きいわよ。誰かが聞いていたら、どうするの」

「大丈夫ですよ。ここには、俺と先生しかいませんから」

「とにかく、このまま継続して勉強に励むように……、いいわね?」

「はい、でも、そのためにお願いがあります」

「え? お願いって? 勉強でも教えてほしいのかしら」

「それもあるんですけど、今回テストでいい成績を取ったご褒美が欲しいんです」

「ご褒美って……。他の生徒のこともあるから、あなただけを贔屓にはできないわよ」

「わかってます。だけど、俺、ここで先生からご褒美をもらえたら、もっと頑張れるような気がします」

「まぁ、頭をなでるくらいならしてあげてもいいけど」

「それだけじゃ満足できません。あの、一つ提案なんですけどいいですか?」

「ん? 提案って?」

「あの、実はこの間の続きをしたいんです」

「この間の続きって、そんなのダメよ……、だって、私とあなたは……」

「はい、教師と生徒っていう立場はわかります。それでも、お願いしたいんです」

「続きって、一体何がしたいの?」

「俺、女の人のあそこを見たことないんです。だから、先生のおま×こを見せてほしいんです」

「バカ! そんな不埒な真似できるわけないでしょ。そう言うのは、大人になってから彼女でも作ってしなさい」

「俺が好きなのは中野先生だけなんです。だから、好きな人を知りたいと思うのは当然だと思うんですけど」

「あなたの好意は嬉しいけれど、やっぱりダメよ。もしも見つかったら、ただじゃ済まないわ」

「俺は誰にも言いません。それに、このままだと勉強できなさそうなんです。先生が頭の中に浮かんで、なかなか勉強できません」

「涼森君……」

「とにかく、進路指導室行きましょう。ホントちょっとだけでいいですから」

結局流されるまま、梓は進路指導室に向かった。

 

夕暮れの進路指導室は、薄暗い。

カーテンを閉めて、電気をつける。

一応、誰か来たら困るから鍵もかけておく。

「先生、ちょっとでいいですから、おま×こ見せてくれませんか?」

「でも、そう言うのは人に見せるものじゃないでしょ。百歩譲ってお尻を触るとかじゃダメ?」

「え? いいんですか?」

「あ。えっと、それは……」

言ってすぐに後悔する梓であったが、既に遅かった。

ギンギンに目を光らせた明彦を、彼女を見つめているのである。

「じゃあ、お尻を触らせてください」

「ちょっとだけよ。ホントに少しだけだからね」

「はい、わかってます、少しだけですから」

今日の梓の服装は、シックなグレーのジャケットに、セットアップのスカートである。

ブラウスは薄ピンクのタイプで、清潔感があるのであった。

また、スカートから伸びるスラっとした脚は、黒パンストに包まれて、かなり魅惑的である。

「俺、先生のお尻を触りたいです」

「涼森君、ホントにあなたってエッチなのね。少し触るだけよ」

「はい。わかってます。それじゃ」

明彦は、梓の前に進むと、スッと手を伸ばした。

そして、あろうことか、スカートの中に手を突っ込んだのである。

途端、梓のカラダがビクッと跳ねる。

「こ、こら! 何してるの、止めなさい!!」

「だってお尻に触っていいんですよね?」

「そうだけど、普通スカートの上から触るでしょ? 直接触るなんてダメよ」

「でも、先生はお尻を触っていいって言ったんです。だから、俺は触っています。間違っていません」

明彦の言葉を一理あるのだが、梓は抵抗してみせる。

「とにかく、直接触るのはダメよ」

「じゃあ、足を触らせてください。それならいいでしょ?」

「まぁ足なら……、って、なんでそうなるのぉ」

「パンストの包まれた足、ホントに魅力的ですよ」

興奮しきった明彦は止まらない。

いやらしい手つきで、太ももを撫でまわしていくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました