連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第5回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第5回

「ンン。あぁん、指が入ってくる、ダメだったらぁ」

「先生のおま×こ、凄いです。もっと弄りたくなります。気持ちいいですか?」

「そんな、気持ちいいだなんて……」

教え子に秘裂を弄られて、あろうことか感じてしまっている。

しかし、それを正直に告げるのは、プライドが許さなかったのである。

「先生のおま×この中、何か粒々があるみたいです。指がしっとりと絡みつきますよ」

「そんなの知らないわ」

「ここにち×ぽを挿れてみたいなぁ」

「バカ! 何言ってるの、そんなのダメに決まってるでしょ」

「先生、俺のち×ぽもすごいことになってるんです。ほら」

そう言い、明彦は股間部を指さした。

ズボンの上からでも、もっこりと膨らんでいるのがわかる。

「そんなにおちん×ん立たせて、まったくあなたって生徒は……」

「先生のエッチな姿をみていたら、こんなになってしまいました」

「ねぇ、こんな関係ダメよ。もう止めましょう」

「ダメです。俺、先生を気持ちよくさせたいですし、俺自身も気持ちよくなりたいんです」

「どんどん、注文が多くなるわ。最初は、あそこを見るって約束だったのにぃ」

「そうなんですけど、おま×こみてたら、ますます興奮しちゃって。おま×こ、どんどん、濡れてきてますけど、先生、気持ちいいんですよね?」

「んっ、あぁん、ダメ、そんなに弄っちゃダメだったらぁ」

「先生が気持ちいいって認めるまで止めません。正直になってください」

「ンン、ハァ、それは、まぁ、少しは気持ちいいけど……」

「ホントですか? うあゎ、俺、凄く嬉しいですよ」

「ほら、これで終わりにしましょ。まだ今なら戻れるから」

「俺、戻るつもりなんてないですよ。このまま突き進むところまでいきます」

膣内を指で掻き回し、明彦は梓を気持ちよくさせていく。

「先生、クリトリス弄ってあげましょうか?」

「え? そんな、ダメよ、そこは敏感だからぁ」

「確か女の人ってクリが感じるんですよね。俺、弄ってみたいです」

「ダメだったらぁ、もういい加減にして」

と、抵抗を見せる梓であったが、それは口だけであり、カラダは全く嫌がっていない。

むしろ逆に、この行為を受け入れているような気がするのであった。

「えっと、クリってここですよね。俺、あんまり知識がないんですけど、何となく場所は知っています」

小陰唇のビラビラをかきわけ、上方部分にある、突起に目を移す。

そこは、包皮に包まれていた。

「クリトリスってココですよね?」

「はぁん、そうだけど、ホントに弄らないでぇ、そこは敏感だからぁ」

「ダメですよ。もっと気持ちよくなれますよ。ほら、弄ってあげますから」

「ン、んん、ぁつ、あぁん」

明彦は、包皮を指で器用にむくと、中から白い豆のようなものを露出させた。

すると、雌芯があらわになり、外気に触れてヒクヒクと震えているのがわかった。

「クリトリスが、震えています。何か可愛いですね」

「はぐぅ、涼森君、止めて、お願いだからぁ」

「いいじゃないですか、先生だって気持ちよくなりたいでしょ。こんなにおま×こ濡らしているんですから、絶対そうですよね?」

「そんなこと……、んん、あぁん、ダメ、弄っちゃダメなのぉ」

陰核を指で摘まみ、そこをコリコリと刺激していく。

すると、ブルブルと梓が震えていった。

「先生、おま×こがキュッと締まりましたよ。気持ちいいですか?」

「はぁん、止めてぇ、ホントに、そこは感じすぎちゃうの……、だから、止めなさい。涼森君」

「ここまで来て止められないですよ。もっと弄ってあげますからね」

「んもぅ、ホントに止めないと、先生怒るわよ」

「いいんですか、そんなこと言って、あの恥ずかしい写真を拡散しちゃいますよ」

「ん、ぐぅ、そ、それは止めて、そんなことされたら、私……、ここにいられなくなる……」

「そうでしょ、なら言うことを聞いてください。ちゃんと言うことを聞けば、写真は削除しますから」

ここは言うことを聞くしかないのかもしれない。

梓は、ぐっとこらえて、陰核を弄られるのに耐えていく。

しかし、あまりに気持ちよくて腰が砕けてしまう。

「ん、っ、あぁん、ねぇ、涼森君、ちょっと、一旦やめてくれる?」

「え? どうして急にそんなこと言うんですか?」

「実は、その、あのね、お手洗いに行きたいの」

「おしっこ出そうなんですか?」

「こら、そんなこと女性に聞いちゃダメでしょ」

「すみません。でも、俺、先生をトイレには行かせませんよ。このまま続けます」

「なぁ、何で、お手洗いに行かせて、もう我慢できないの。何か出そうなのぉ」

「出してください。俺、先生がお漏らしするところが見たいです」

「いやぁあぁ、止めてぇ、ホントに出ちゃう……、んん、我慢できないのぉ」

すると、梓の陰部からピッピッと熱い淫液が迸る。

クリトリスを執拗に弄られたため、子宮頸管粘液があふれ出してきたのである。

それを、梓は尿意が来たと勘違いしたのであった。

「いやぁ、ダメ、出ちゃう、と、止まらない……」

「うわぁ、先生がお漏らししてる。うほぉ、興奮するなぁ」

「はぁん、涼森君の意地悪ぅ、こら、見ちゃダメだったらぁ」

「先生、これ多分、おしっこじゃないですよ。臭いがないし、多分潮吹きだと思います」

「え? し、潮吹きって?」

「先生知らないんですか、まぁ女の人の射精みたいなものですかね。気持ちよくなると、出るみたいですよ」

「はぁん、そんなの知らないわ、ホント、先生を辱めて、とんでもない不良生徒だわ。見損なったわよ涼森君」

「何とでも言ってください。何を言ったとしても、先生が潮吹きした事実には変わりませんから」

顔をゆでだこのように赤くさせた梓であったが、心地よくなっているのを感じていた。

断続的なアクメが襲ってきて、彼女を恍惚とさせるのであった。

「先生、次は、おま×こ舐めてあげます」

「キャッ、舐めるですって、そんなのダメよ。エッチなおしっこしちゃったみたいだし、汚いわ」

「先生のカラダに汚い場所なんてないですよ。先生、おま×こ舐めるのなんていうのか知ってますか?」

「そ、それは、……、んん、しらないわ」

「嘘ばっかり、先生は知ってるでしょ? まぁいいです、俺が教えてあげます。クンニっていうんですよ。俺が先生にクンニしてあげますから」

興奮しきった明彦は止まらない。

陰部に顔を近づけると、スンスンと匂いを嗅ぎ始めた。

「ん、こ、こら、何をしてるの? 涼森君」

「何って、匂いを嗅いでいるんですよ」

「ダメだったら。そんなところの匂いを嗅いじゃダメよぉ」

「先生のおま×こ、凄くいい匂いがします。エッチな香りがしますよ」

梓の秘唇からは、たっぷりと蜜がふき出し、熟れた果物のような匂いがする。

僅かにツンとした香りもするが、決して不快な匂いではなく、むしろ興奮を誘う香りであった。

「先生のおま×こ、エッチな匂いがしますよ」

「んなぁ、いやぁ、ダメだったら、そんなとこの匂いを嗅いじゃダメだったらぁ」

「たっぷり匂いを嗅いだところで、今度は舐めてあげます。んちゅ、れろん」

すっと、舌先を伸ばし、淫裂に押し当てていく。

「んぁ、舐めてる……、涼森君……、止めなさいぃ」

「んちゅ、んじゅる、んんぉ。先生のおま×こ、エッチな味がしますね。それに、どんどんエッチなお汁が出てきます」

「んなぁ、あぁん、ダメなのにぉ……、ホントに止めなさい。そんなところ舐めるなんてダメよ」

「大丈夫ですよ。俺が先生のおま×こを舐めたいからやっているんです。どうです? 気持ちいいでしょ??」

「んん、あぁん、そんなの言えないわぁ」

「先生も強情ですね。気持ちいいのはわかっているんですよ。ホントにココで止めてもいいんですか?」

「ホントに、止めてくれるのね? なら止めなさい」

「じゃあ、止めます」

と、途端、本当に明彦は行為をやめてしまったのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました