連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第7回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第7回

梓は、パイズリをするのが初めてである。

しかし、その存在は知っているし、何となくではあるが、やり方も心得ているつもりだ。

明彦のペニスは、しっかりと太く、胸の谷間で包み込むと、独特の質感を感じるのである。

「涼森君のおちん×んって大きいわよね」

「そうですかね?」

「うん、大きいと思う。それにビクビク震えているわ」

「それだけ興奮してるんです。先生が魅力的だから」

「私なんて、あなたから見たら、もうとっくにオバサンでしょう。私は四十歳なのよ」

「先生は若く見えますよ。二十代って言っても通用すると思います」

「ウフ。嬉しいこと言ってくれるのね。お世辞が上手よ」

「お世辞じゃないですよ。本気で言ってるんです」

「そう、なら、たくさんサービスしてあげないとね」

そう言い、梓は谷間で挟み込んだペニスをシコシコと動かし始めた。

「ぅぅ、くぅ。これがパイズリなんですね。凄く気持ちいいです」

「何だか私も変な気分になってきてしまったわ」

「変な気分……、ですか?」

「うん。その、何ていうのかしら、欲情するっていうか……、そんな感じ……」

「先生が興奮してくれて、俺も嬉しいですよ。実を言うと、以前、おま×こを見せてもらった時、結構強引にしちゃったから、嫌われたと思っていました」

「嫌うなんて……。そんなことはないわ」

「でも、前は嫌だったですよね? 俺、酷いことしちゃったし」

「大丈夫よ。反省しているなら、許してあげるから」

「ありがとうございます」

「んん、あん、亀頭の先っぽからエッチなお汁が出てきたわね」

「はい。我慢汁です。確かカウパー腺液っていうんですよね」

「こんなにヌルヌルにして、ホントに涼森君はエッチなんだから」

「男はみんなそうですよ。先生はエッチな男子は嫌いですか?」

「う~ん、人にもよるかな……」

「じゃあ俺は?」

「涼森君なら許せるかな。可愛い顔してるしね」

「俺、ホント嬉しいです。先生にパイズリしてもらって。まるで夢みたいですよ」

「今日だけは特別よ。毎回こうはいかないんだからね」

「わかってます。これで勉強も頑張れそうです」

「勉強を頑張ってもらわないと、大学志望なら、ここで挫けるわけにはいかないからね」

「はい、そうですね。俺、頑張ります」

胸にイチモツを挟んで、シコシコと動かしていく。

ペニスは熱く脈動を打っており、凶悪な生き物のように見えた。

「ねぇ涼森君、おち×ぽ舐めてあげようか?」

「え? いいんですか? して欲しいです」

「ならしてあげるわ。ちょっと待ってね」

乳房でしっかり胸を挟みこみ、亀頭の先っぽに舌先を当てる。

「んちゅ……、ちゅぱん」

「うぉ、先生の舌が当たっている。最高の気分です」

「どんどんエッチなお汁が出てきてるわね。ホントにエッチなんだから……」

「はい、すみません。でも我慢できないんです」

カプッとペニスを咥えこんで、口唇愛撫を続ける梓。

対する明彦は、あまりの快感に腰が砕けそうになっていく。

「んん、あぁん、んちゅ、ちゅぱん」

「先生がフェラしてくれてる……、あぁ、夢みたいだ。うぉぉおおおお」

「たくさん気持ちよくなっていいのよ。今日はあなたを励ますために、呼んだんだから」

「先生……、あぁ、嬉しくて死んじゃいそうです。こんな風に先生にち×ぽを弄ってもらえるなんて、ホント最高ですよ」

「じゅる、じゅるん、ちゅぱ、ちゅぱん」

明彦のペニスはますます大きくなり、いきり立っていく。

フェラをしながら、梓は牡の性臭を感じ取っていた。

野性的というか、とにかく牡を感じさせる香りなのである。

こんな匂いを嗅いでいると、自分も興奮してしまう。

(私、涼森君をどう思っているのかしら……)

ふと、そんな風に考える。

彼に告白されて、少しずつ意識し始めたのだは事実である。

しかし、自分は教師という立場がある。

ずっとこんな風な関係は築けない……。

それはわかっているつもりだ。

同時に、そう考えると、今明彦といるこの時間が愛おしいものに感じられた。

「先生、あのタマタマも弄ってもらえますか?」

「え? たまたまって睾丸のこと?」

「はい、一緒に弄ると気持ちいいらしいんです。それもしてもらいたくて」

「仕方ないわね。してあげるわ……」

フェラを続けながら、梓は明彦の睾丸を優しくマッサージしていった。

「うぉぉおお。ハァ……、凄いです、タマタマ弄られると、気持ちいいんですね」

「おちん×んがビクビクって動いたわ。気持ちいいのね」

「はい。ありがとうございます。最高の気分ですよ」

「んちゅ、んんぁ、馨しい香りがするわね……。エッチなんだから」

「先生のおま×こも見たいです……」

「フフフ、それはまだダメよ。今はあなたを気持ちよくするんだから」

「あの、今日はどこまでしてくれるんですか?」

「う~ん、どこまでねぇ……、今日限りの関係だけど、あなたの好きなことはしてあげるわよ」

「それって、つまりエッチしたいっていったらしてくれるんですか?」

「エッチしたいの?」

「はい。したいです。俺、先生とセックスできたら、一生の思い出になります」

「でもいいのかしら? あなた初めてでしょ?」

「はい、俺は童貞です」

「なら、初めては同世代の女の子の方がいいんじゃない? 私みたいな年増を相手にしなくてもいいのよ」

「俺が好きなのは先生だけです。だから、俺は先生と初めてのセックスをしたい」

「そう。なら、してあげてもいいわよ。でも、今日だけよ。それにこのことは絶対に誰にも言っちゃダメよ。それは守れるわね?」

「はい。誰にも言いません。それは大丈夫です」

「わかったわ。それならしてあげる」

「うわぁ。ありがとうございます。これでしっかり勉強できそうです」

嬉々とする明彦を見ていると、梓も嬉しくなっていく。

愛おしいという感情が、ほとばしるように湧き出てくるのだ。

次第に、明彦も射精感を覚え始めた。

フェラとパイズリを並行してタマ揉みされて、興奮はピークを迎えつつあった。

「先生、あの、イキそうなんですけど、イッてもいいですか?」

「イキたいのね……。いいわよ。私が口の中で受け止めてあげるわ」

「うぉぉ……、ダメだ……、出る、先生、精子が出ちゃいます」

ゾクゾクとする、激しいオルガスムスを覚え始めた。

ペニス全体が淡い快感に包まれていき、最早限界を迎えつつあった。

「あぁ、ダメだ! 出ます!! 精子出る!」

「出して……、んちゅ、じゅるん、私の口の中にたくさん精子を出しなさい」

「はい! イキます!!」

次の瞬間、とうとうと牡の欲望が暴発した。

ビュルビュル……ビュピョプ、プピョプ、ブッピョップ……。

勢いよく白濁色のスペルマが、梓の口腔に注がれていく。

梓は、口を大きく開き、そのすべてを受け止めていく。

「んご、ほごぉ、んん、んぐぁ、ごっくん」

梓は、吐き出された牡汁をすべて飲み干した。

ねっとりと絡みつくような喉越し。

しかし、悪くない感覚である。

「先生、精子を飲んでくれたんですか?」

「うん。そっちの方が嬉しいんでしょう? 男の子って」

「はい、嬉しいです」

「涼森君、でもこれで終わりじゃないのよ。わかってるわよね?」

「はい、もちろんです。俺、先生とセックスしたいです」

「じゃあベッドに行きましょうか? そこでしましょう」

二人は一緒に浴室を出ると、裸のままベッドに向かった。

梓の寝室は、八畳ほどの空間であり、シングルサイズのベッドが設置されている。

梓の裸体を見ていると、先程イッたばかりのペニスが、再びムクムクと大きくなっていくのを感じていた。

「涼森君、おちん×ん元気になったわね」

「はい。先生、エッチしたいです」

「そうね。しましょう。私も涼森君を受け入れたいの」

二人は見つめ合うと、ベッドの上に向かい合わせになって座り込んだ――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました