連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第8回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第8回

「先生、ホントにいいんですか?」

と、おずおずと明彦が尋ねる。

すると、梓はニコッと微笑みながら、

「今日だけだけど、してもいいわよ」

「でもどうして? 前は嫌がっていたのに……」

「う~ん、よくわからないんだけど。前ね、あなたに性器を見られて、凄く恥ずかしかったんだけど、途中で止められて、どこか消化不良だったの。それに、あなたを拒絶してしまったら、どんどん成績が下がっていくから、それで責任を感じていたのよ」

「先生……、何かすみません。気を使わせてしまって」

「ううん、大丈夫よ。とにかく今日は楽しみましょう」

「はい、ありがとうございます」

明彦がそう言うのを聞くと、梓が動いた。

彼女は、唇を近づけ、明彦の唇を奪ったのである。

「んちゅ……、ちゅちゅ」

「あぁ、先生……」

「キスはしたことある? 涼森君?」

「ないです。初めてですよ」

「私が初めてでよかったのかしら? 勢いで奪ってしまったけれど」

「俺、初キスが先生で嬉しいですよ。最高の気分です」

「フフ、そう言ってくれると私も嬉しいわ。ねぇ、おちん×ん挿れたい?」

「はい、挿れたいです」

「なら、挿れてみましょうか? 私が横になるから、おま×こにおち×ぽを挿れなさい」

「ホントに、いいんですね?」

「えぇ、いいわよ。挿れる場所はわかるわよね?」

「多分ですけど、挿れられると思います」

梓を仰向けに寝かせると、明彦は彼女の足を左右に広げた。

くいっと押し広げられた淫裂は、ヌラヌラ光り輝いている。

「先生のおま×こ濡れてますね」

「いやぁん、そんな風に言わないで、恥ずかしいわ」

「でも、凄く挿れて欲しそうな顔をしてますよ」

「うん、挿れて欲しいの、あなたのおち×ぽで思い切り掻きまわして欲しいわ」

「わかりました。俺、初めてだから上手くできるかわかりませんけど、とにかくやってみますね」

女壺の入り口にペニスを押し当てる。

にちょんとぬらついた質感がイチモツを襲っていく。

「うぉ、先生、おま×こ温かいです」

「挿れて、思い切り貫いてぇ」

「はい、いきます、うおぉぉぉおお」

その声と共に、明彦はいきり立った怒張を蜜壺に導いた。

ずぶずぶ……。

めり込むようにペニスが吸い込まれていく。

「うわぁぁ、おま×この中にち×ぽが入りました。凄く気持ちいいです」

「そうでしょう。これがおま×この感触なのよ。もっと味わいなさい」

「はい、ありがとうございます」

「涼森君、いくら気持ちよくても、自分ヨガリになっちゃダメよ。しっかり私も気持ちよくしてね」

「はい、どうすれば先生は気持ちよくなれますか?」

「うん、私はね、奥を突かれるのが好きなの。だから、ゆっくりとおち×ぽで奥を突いてみて」

「奥ですね……。わかりました、やってみます」

「あと、あんまり最初は飛ばさない用がいいわよ。直ぐにイッてしまうからね」

「はい。なるべくゆっくり動きます。こんな感じですか?」

「うぐぅ……、んんぁ、それ、いいわ。凄く気持ちいいのぉ」

明彦は一定のリズムで抽送を続ける。

しっとりとした膣ヒダの感触が、ペニスを包み込んでいくのであった。

「んぐ、あぁん、涼森君のおち×ぽ、凄く大きいのぉ、奥まで届くわぁ」

「俺も気持ちいいです。おま×この中、ヌルヌルで、温かくて、とにかく最高なんです」

「はぁん、少しずつ速く動いてもいいわよ。もちろん、イッてしまいそうになったら、セーブして欲しいけど」

「少しくらいなら動けそうです。でもあまりに気持ちいいから、長く持たないかもしれません」

「簡単にイッちゃダメよ。長くゆっくりと楽しむの」

「はい、俺もゆっくりと楽しみたいです」

明彦は少しずつ抽送を速めていった。

肉ヒダがペニスを擦り上げ、しとどに気持ちよくなっていく。

「んんぁ、あぁ、ンンッ……、涼森君、いいわ! 凄くいい感じよ、初めてなのに、とっても上手なのよ」

「先生のおま×こ……、ホントにトロトロになっていて、最高の気分です、んぉぉ、うおおぉぉぉ」

「もっと突いて、激しく突いて欲しいのぉ、おま×この中をバコバコって突いてぇ」

「はい、わかりました。奥深くまで挿入していきます」

「んん。んぁ、涼森君、はぁん、ハァハァ……、おま×こ突かれるの、ホントに気持ちいいのぉ」

「うわぁ、先生、あぁ、先生、ホントに気持ちいいです」

ズコバコと、淫裂と突き上げていく明彦は、自然と姿勢を前傾にさせていった。

こうすると、より一層密着度が増していき、奥の方まで届くようになる。

「ひゃぁ、子宮に届いちゃいそう。赤ちゃんの部屋の入り口をノックされてる感じがするわぁ」

「先生気持ちいいですか? 俺は気持ちよくて仕方ありません」

「うぐぅ、はぁん、私も、私も気持ちいいのぉ、だって、涼森君のおち×ぽ、とっても大きくて、おま×こを掻きまわしてくれるんだもん」

ずりゅ、めりゅっと勢いよくペニスを突き立てていく。

淡い快感が、明彦を包み込み、耐えるのがしんどくなっていく。

同時に、梓もアクメを覚え始め、ガクガクとカラダを震わせ始めた。

「あぁん、んんぁ、ホント気持ちいい……、おま×この奥におち×ぽが届くのぉ」

「とにかく奥深くまで挿れればいいんですか? 先生は奥がいいんですよね?」

「そうなの、奥深くを抉られるように突かれると、それだけで気持ちよくなってしまうのぉ、だからお願い、もっとたくさん突いて欲しいのぉ」

「うぉぉ、わかりました。俺も気持ちよくなりたい。だから、限界までやります」

グッと下腹部に力を入れて、明彦は射精感を抑え込む。

浴室で一度イッているから、幾分か余力が残った。

「あぁん、涼森君、深い……、深いのぉ」

「はい、先生のおま×こ、俺のち×ぽに絡みついて離さないんです。だから、凄く気持ちよくて」

姿勢を前傾にさせていた明彦は、一旦、姿勢を元に戻した。

だが、動きがマンネリ化しないように、今度は、梓の足を垂直に持ち上げた。

そして空中で足をクロスさせると、その状態で激しく突き始めた。

「んんぁ、こっちもいいのぉ、恥ずかしい体勢だけど、凄く気持ちいいわ」

「はい、足を持ち上げたら、おま×この形が変わったような感じがします」

「きゃぁ、あぁん、涼森君のおち×ぽがドンドン入ってくるのぉ。もっと、もっと突いてぇ」

「うぉぉぉ、俺も気持ちいい……、先生のおま×こ、トロトロになって、それでいて、ち×ぽを甘締めするんです。ち×ぽが吸い付かれて、とにかく気持ちよくなってしまいます」

「ハァハァ、ンンッ……んぐ……。涼森君、何度か浅く突いて、一転して深く突いてみて、変化を出していくのよ」

「変化ですね。こんな感じですか?」

確かに、ズコバコと激しく突き続けて、動きが単調になっていた。

そこで、明彦は梓の提案のとおり、三度浅く突いた後、四度目でずりゅっと深くペニスを挿入していった。

こうすると、抽送に変化が生まれて、先程よりも、心地いい感触が襲ってくるのであった。

「んんぁ、あぁん、涼森君、それ、凄くいいわぁ。堪らないのぉ」

「はい、俺もですよ。ミチミチとおま×この中を広げていくような感じがします」

「そうよ、おま×こを広げているの。涼森君のおち×ぽで、私のおま×こがどんどん広がっていくわぁ」

「先生、あぁ、先生……、こんなに気持ちよくなってしまったら、先生なしではいられなくなってしまいます」

「フフフ……。そうね、私も涼森君と気持ちよくなれて嬉しいわ。でもね、この関係は今日でおしまいなの。だからじっくり楽しみなさい」

「そんな、先生とずっといたいのに」

「あなたはいずれ卒業するわ。そしてその時もまだ私のことが好きだったら、関係を考えてもいいけど、高校生の間は、もうダメよ、ズルズルいってしまっては、きっと何もかも上手くいかなくなるから」

梓の言葉を胸に、明彦は抽送のリズムを押し上げていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました