連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第9回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』第9回

「ふほぉ、あぁ、先生、凄く気持ちいいですよ。本当に最高の気分です」

「うん。私も、涼森君のおち×ぽが奥まで入って、とっても気持ちいいのぉ」

「このリズム、かなり心地いいですね。おま×この壁をち×ぽが擦っていって、素晴らしい快感ですよ」

「はぁん、んん……、んぐぅ、とにかく突いて、突きまくってぇ。私もたくさん気持ちよくなりたいのぉ」

「はい、俺も、たくさん突きます。ち×ぽが蕩けそうになるくらい気持ちいいです」

一定のリズムで抽送を続けていく明彦。

ズンズンと、怒張を突き立てていくと、それだけで心地よくなっていく。

「んぐぁ、あぁん、深い……挿入が深くなって、おま×こが変になっちゃいそう……」

「先生のおま×この中、独特のザラザラ感があって、それがいい感じです。女の人のおま×こって、みんなこんな感じなんですか?」

「きゃぁ、わかんないけど、私のおま×こは独特のヒダがあるのかもしれないわ。んんぁん、んん、ッ!」

梓の声も艶っぽくなっていき、それが明彦を満足感で包み込んでいく。

明彦にとって、梓は憧れの的であった。

そんな憧れの女性とエッチができて、嬉しくないわけがない。

天にも昇るというのは、まさにこのことであると感じていた。

「先生……、うぉおおおお。先生……!」

「はぁん、どうしたの、涼森君」

「先生、名前で呼びたい……、梓さんって呼んでもいいですか?」

「えぇ、いいわよ、その代わり、私もあなたを明彦君って呼ぶわよ」

「わかりました。梓さん、んぐぁ……、凄い! 気持ちいいですよ」

名前というのは、呼び方によって距離感を生む。

お互いが名前で呼び合い、二人の仲はより一層進展していくのであった。

「ん、んん、ンンッ……、あぁん、明彦君、気持ちいいのぉ」

「梓さんどうしたらいいですか? どうしたらもっと気持ちよくなれますか?」

「ねぇ、明彦君、キスして……、キスして欲しいのぉ」

「キスですね。わかりました。俺もキスしたいです」

明彦はそう言うと、再び姿勢を前傾にさせていった。

自分の顔を、梓の顔に近づける。

そして、そのまま勢いをつけて、唇を奪っていくのであった。

「んちゅ、ちゅちゅん、ちゅぱん」

触れるだけの些細なキスが展開される。

ビクビクッとカラダ中に電流が走ったような気分になる。

途端、梓が腕を明彦の背中に回し、ヒシっと抱きついてきた。

「明彦君、んんぁ、キスもいい感じ。でももっと大人なキスを教えてあげるわ」

梓は強引に舌を絡め始める。

明彦の口腔内に舌をねじ込んでいくと、くちゅくちゅと淫音を出しながら、ディープなキスを生み出していく。

「んぐ、ちゅちゅ、んぐぐ、ちゅっぱ、ちょぱん。じゅるる……、じゅぽん」

ディープキスをして、明彦も心地よくなっていく。

とにかく大人なキスをしているような感じになるのであった。

「んぁ、あぁん、気持ちいいです……。梓さん、んじゅる、じゅるん」

こってりとした濃厚なキスを展開した梓は、ふと次のように言った。

「んんぁ、あぁん、そろそろ、体位を変えましょうか?」

「え? 体位を?」

「そう、ずっと正常位だと飽きるでしょ。明彦君はしてみたい体位とかある?」

不意に問われて、明彦は困ってしまう。

彼はまだセックスをほとんど知らない。

だけど、色んなセックスをしてみたいという希望がある。

「えっと、後ろからしてみたいです」

と、明彦は告げる。

すると、梓はニコッと笑みを浮かべながら……、

「後ろからね。いいわよ。じゃあしましょうか?」

明彦は一旦ペニスを引き抜いた。

すると、怒張は淫蜜によって、ヌラヌラと光り輝いているように見えた。

「梓さん、四つん這いになってください」

「わかったわ。ちょっと恥ずかしいけれど、してあげるわね」

四つん這いになっていく梓。

お尻をツンと高く上げ、性器を広げていく。

「先生のおま×こ、ヌレヌレですね。早く挿れたいです」

「うん、早く挿れちょうだい。もう我慢できないのぉ」

「わかりました。直ぐに挿れてあげますからね」

梓の臀部に手を置くと、イチモツを淫裂に突き立てていく。

ずりゅ、めりゅ……、めちゅちゅ……。

剛直が膣内に吸い込まれていく。

「あぁ、これが、バックなんですね。初めての感じです」

「はぐぅ、そうよ、バックだと、さっきよりも挿入が深くなるでしょ?」

「確かにそうかもしれません。でも、ちょっと気を抜くと、ち×ぽが抜けそうになってしまいます」

「抜けないように気をつけてね。最初はゆっくりと動かしていくといいと思うわ」

「はい。やってみます」

臀部に手を置いて、ずんずんとゆったりとしたペースでペニスを動かしていく。

膣内のねっとりした感触を味わっていくと、どんどん気持ちよくなっていくのであった。

「んなぁ、あぁん、明彦君。もうダメ……、おま×こが、おま×こが悦んでるの……。そのくらい素晴らしい感覚なのぉ」

「うぐぅ。梓さん、少しずつ速く動かしていきますからね」

「はぁん、ンンッ……ンッ。あぁん、動いてぇ、もっと動てほしいのぉ……」

「うほぉ……、梓さんのおま×こ、ホントにトロトロになっていて、ち×ぽに絡みついてくるんです。ホントエッチなあそこですね」

「そんなエッチだなんて……、明彦君もエッチな人の方が好きでしょ?」

「もちろんです。俺はエッチな女の人の方が好きですよ。梓さんがエッチだと物凄く嬉しいです」

「んんぁ、んぐ……、あぁん、明彦君のおち×ぽがグチュグチュって入ってきてるの……、ン、ァツはぁん」

「梓さん、おっぱいも弄っていいですか?」

「え? おっぱい弄りたいの?」

「はい、そうです。先生のおっぱいとっても柔らかいから」

「いいわよ。おっぱい揉んでぇ。それでズコバコして欲しのぉ」

たわわに実った梓の乳房を、いやらしい手つきで揉みしだく明彦。

モミモミと揉んでいくと、梓の口元から甘い吐息が漏れていく。

「んん、なはぁ、んはぁ、あぁん、おっぱい弄られながら、おま×こ突かれるのってとっても卑猥よ」

「はい、エッチだけど、その分気持ちよくありませんか? 梓さん、胸を弄りながら、おま×こ突いたら、あそこがキュンキュンってしまいましたよ」

「そうなの、ゾクゾクしちゃうの。おっぱい弄られておま×こ突かれると、とにかく気持ちよくなってしまうのぉ」

「梓さんのおっぱい、おっきいし、プニプニしていて最高です。今度は舐めてあげますね」

「んんぁ、舐める……、はぁん、んぁは……、舐めて、おっぱい舐めて気持ちよくして欲しいのぉ」

明彦は梓の姿勢を反転させ、再び正常位にすると、カプッと乳首に吸い付いた。

そしてちゅーちゅーと音を上げながら、胸の突起を弄り倒していく。

「きゃあ、乳首……、んんぁ、そんなに風に舐められたらぁ」

「梓さん、凄くいい匂いがします。ふわりとした柔らかい香りです」

「ンンッ、ダメよ。匂いを嗅いじゃ……、だって恥ずかしいじゃないの」

「梓さんが恥ずかしがっている姿、とっても可愛いです。もっと色んな姿を見せてください」

赤子のようにおっぱいを吸い上げていく明彦。

対する梓は、胸を弄られて、すこぶるいい気分になっていた。

「んぁ、あぁん、明彦君、おっぱい舐められて、おま×こ突かれるの気持ちいいのぉ……」

「梓さんのおま×こ、キュンキュンって締まって最高です。ち×ぽが甘締めされて、気持ちよくなってしまいます。うぉぉおおお。梓さん、うぐぅ、気持ちいい……」

「はぁん。明彦君、気持ちいい。おま×こをもっと突いて、激しい勢いでして欲しいのぉ……」

「梓さんは激しいのが好きなんですね。俺も激しくしたいです。このまま突っ込みまくります」

腰を高速で動かし始める明彦。

勢いよく抽送を続けると、ペニスが抜けそうになるが、それを何とか抑えながら、明彦は突きまくっていく。

「んんぁ、あぁん、深い、おち×ぽが奥まで届くのぉ……。ンンッ、んなぁん」

明彦は立ち上る射精感を抑えながら、必死になってピストン運動を続けていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました