連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』最終回

連載官能小説

連載官能小説『【美熟女教師】教え子にせがまれて』最終回

「ふほぉ、梓さん、俺も、本当に気持ちいいです。梓さんはどうですか?」

「んぐ、んんぁ、ぁん、私もよ、私も気持ちいいから安心して」

「あの、また、後ろから突いてもいいですか? おっぱい舐める時、正常位に戻したちゃったんで、もう一回したいんです」

「えぇ、いいわよ。後ろからたくさん突いて欲しいのぉ」

再び、梓は四つん這いになって、明彦を迎え入れる。

「こんな体勢はどうですか?」

と、明彦は言い、梓の片足を持ち上げていく。

そして、斜め下から突き上がるように、挿入を繰り出していく。

「あぁん、こんなの、こんなポーズはしたないわ。ンンッ」

「でも、恥ずかしい格好にさせたら、おま×こがキュッと締まりました」

「んんぁ、だってェ、気持ちいいんだもん……、あぁん。でも、このポーズ、ワンちゃんみたいね。恥ずかしいわ」

「足を持ち上げたら、おま×こがくいっと広がって気持ちいいです。それに、こっちの体制の方が突きやすくなりますね」

「んんぁ、あぁん、そうかもしれない、奥まで届くような感じがするわ」

「うおぉぉおおお。梓さん。もっと感じてください。俺も頑張りますから」

「はぁん、んんぁ、ぐぅ。気持ちいいのぉ。おま×こが変になる……。あぁん」

「俺も変になりそうです。後ろから突くのって、こんな感じなんですね。感動的ですよ、ホントに……」

「あぁ。んんぁ、ンンッ、ンッ……、くぅ、んんぐぁ、あぁああぁああ」

梓は淫声を上げてカラダを捩らせていく。

後ろから激しく突かれるとそれだけで、気持ちよくなっていくのであった。

「明彦君、激しいのぉ。んんぐぁ、あぁん。でも、最高の気分……、ゾクゾクしちゃうのぉ」

「ハァ、ハァ。梓さん、うぅ、ち×ぽが蕩けそうで、うぉぉ、ホントに堪りません」

「ねぇ、明彦君、今度は私に動かせてくれない?」

「え? 梓さんが動くんですか?」

「そう。私が上になるから、明彦君は下になって。騎乗位っていうんだけど」

「騎乗位? してみたいです」

「そうでしょ。ならしてみましょう」

その言葉を聞き、明彦はペニスを引き抜き、あお向けに寝そべった。

それを見た梓が、ゆったりとした所作で、明彦に跨り、腰を落としていく。

「明彦君、挿れるわよ。騎乗位でしてあげるからね」

「はい。お願いします。俺もしたいです」

にゅるん、ずぶずぶずぶ……。

騎乗位で、ペニスが吸い込まれていく。

初めて体感する体位である。

梓の女壺に包まれていくと、ペニスが淫内で悦んでいく。

「んぐ、うおぉ、梓さん、凄い……、これ凄いですよ」

「はぁん、騎乗位って凄く奥まで届くでしょ? さっきよりも挿入が深いわ」

挿入の深さで言うと――。

正常位→後背位→騎乗位

このような形になる。

特に騎乗位は、その性質上、挿入が深くなるのだ。

たっぷりと蜜に満たされた、蜜壺内、しっとりと湿っており、ヌルヌルとしている。

梓は、ゆっくりと腰を振り、イチモツの感触を味わっていくのであった。

「んんぁ、あぁん、気持ちいい……、明彦君のおち×ぽ、ホントに最高なのぉ」

「俺もです、あぁ、堪りません。凄すぎますよ」

「明彦君、私が腰を動かすから、あなたもそれに合わせて突き上げて、おち×ぽを動かして欲しいのぉ」

「一緒に合わせればいいんですね? はい、やってみます。こんな感じですか?」

「はぁん、ンンッ、んんぁ、そう、そんな感じ、ああ、赤ちゃんの部屋の入り口をノックされている感じがするわ」

明彦は、梓が腰を振るのと同時に、自分の腰を動かして、ペニスを突き上げていく。

すると、どんどんと気持ちよくなっていくのであった。

「んぉぉ、梓さん、騎乗位って最高です。蕩けちゃいそうだ」

「はぁん、そうよ、これが騎乗位なの、あぁん、明彦くぅん……」

堪らなくなった梓は、姿勢を前傾にさせていった。

そして、明彦に抱きつく。

つまり、密着騎乗位という形になる。

「梓さん、凄く密着してる感じがします」

「抱き合ってセックスできるもの、この体位の特徴ね。ねぇ、もっとおち×ぽでおま×こを掻き回してぇ」

「はい。なんかこの体位だと難しくて。慣れてなくてすみません」

「ううん、大丈夫よ。ゆっくりでいいから、奥まで突いてね。そっちの方が気持ちよくなれるから」

「はい、わかりました……、やってみます」

明彦は、梓の腰に手を置くと、腰をゆっくりと穿ち始める。

対する梓も、腰を落として、フリフリと振り始めるのであった。

「あぁん、んん、明彦君、それ、凄くいいわ、おま×この奥がビクビクしちゃうのぉ」

「はい、なんだかおま×こが震えてる感じがします。梓さん、イキそうですか?」

「はぁん、ンンッ、そうかも……、イッちゃうかもしれないわぁ。明彦君はどう?」

「俺もです。俺も気持ちよくてイッてしまいそうです」

「そう、なら、一緒にイキましょう。二人で気持ちよくなるのよ」

「はい、一緒にイキたいですぅ」

「ンンッ、あぁん。おま×こ気持ちいいのぉ。過敏に反応しちゃうわぁ」

突きまくるほどに、快感の波が降り注いできて、明彦を心地よくしていくのであった。

対する梓も、アクメを覚え始める。

しっとりと長い悦楽が、徐々にカラダを覆っていくのであった。

「んぁ、ぁああぁああん。明彦君、もうダメ……、私、イッちゃう、イッてもいい?」

「はい、あの、梓さん、中に、中に出してもいいんですか?」

「はぁん、中に出したいのね? もちろんいいわよ。今日は特別だから、中にたくさん精子を出しなさい」

「うわぁ、ありがとうございます。俺、ホント嬉しいですよ」

明彦も次第にオルガスムスを覚えていく。

ペニス全体に快感の塊が降り注ぎ、最早耐えるのがしんどくなるのであった。

「うぉぉおお。ダメだ……、梓さん、もうイク。イッてしまいそうです。おま×この中に精子出します」

「うん、出してぇ、おま×この中に一杯出してぇ。お願い……、ゾクゾクしちゃうのぉ」

次の瞬間、明彦は勢いよく牡の欲望は発射させた。

ビュルビュル……ビュピョプ、ブピョプ、ドクドクドク。

濃厚なスペルマが、梓の膣内に注ぎ込まれていく。

「んぁ、あぁ、出てる……、おま×この中に精子が出てるのぉ。うあぁ、気持ちいい、中出しされるの、凄く気持ちいいのぉ」

「はい、俺も気持ちいいです。どんどん精子が出ていって、堪らない気分になります」

射精の感覚は素晴らしく、明彦を性の虜にしていく。

たっぷりと精子を吐き出すと、明彦はギュッと梓を抱きしめていった。

「おま×この中に、凄くたくさん出たわね。私、明彦君に種付けされちゃったわ」

「はい、ん、梓さんの中に、いっぱい精子を出せて、最高に気分になりました。ありがとうございます」

明彦は、ゆっくりと淫裂からペニスを引き抜いていく。

すると、ゴポリと精液が流れていくのであった。

「あぁん、もったいないわ。明彦君の精子が流れちゃう」

梓はそう言うと、明彦のペニスを咥えこみ、仕上げのフェラチオをしていく。

いわゆる、お掃除フェラというやつである。

「あぁ、梓さん、ち×ぽが吸い付かれて、気持ちいいです」

「最後の一滴まで、精液を搾り取ってあげるからね」

ちゅちゅっとイチモツを吸い上げ、梓は明彦の隣に寝転んでいく。

「梓さん、気持ちよかったです。最高のセックスができました」

「これで受験まで頑張れるわね?」

「はい、頑張れると思います」

二人はニコッと微笑み合い、濃厚なセックスの余韻に浸るのであった――。

 

翌年――。

明彦は無事に大学に合格し、新生活の第一歩を踏み出していく。

だが、彼にはやることがある。

それは――。

「梓さん、俺と付き合ってください」

明彦は、大学生になり、梓に正式に交際を申し込んだのである。

対する梓は、にっこりと微笑みながら、

「ホントに告白してくれるなんて……、ありがとう。こちらこそよろしくお願いします」

二人は正式に交際を始めて、幸せな日々を送るようになった。

明彦は梓の愛情を感じ取りながら、生活を続ける――。

〈了〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました