告白手記『バーで出会った人妻』第2回

告白手記

告白手記『バーで出会った人妻』第2回

「おっぱい、柔らかいですね。フワフワしてます」

「はぁん、そんな風に触らないで……、恥ずかしいですから」

円を描くように、乳房を揉んでいくと、乳首はプクっと立ち上がり、花の蕾のように硬くなりました。

「乳首、立ってきましたね。興奮してるんですか?」

「そんなこと、言えません……、あぁ、あぁん」

「乳首も刺激してあげますから。コリコリ弄ると、気持ちいいはずですよ」

私はそう言い、指先で乳首を摘まみあげると、クニクニと擦っていきました。

すると、奈々さんのカラダがビクビクっと震えていきます。

きっと、感じているのかもしれません。

私はとても嬉しく思いました。

「あぁん、んなぁ、乳首、クリクリしちゃイヤぁ……」

「次は舐めてあげますよ。おっぱい舐めさせてください」

「はぁん、んぐぁ、舐められてる……、私、乳首舐められてますぅ」

「んちゅ、ちゅちゅ、ちゅぱ、レロレロ」

私は必死になって乳首を舐め続けます。

奈々さんの乳房は、仄かに甘みがあるような感じがして、私自身も気分がよくなっていくのです。

「んんぁ、あぁぁぁぁあああ、気持ちいい……、正樹さん、気持ちいいです」

「これからもっと気持ちよくなりますよ。んじゅる、レレレ……、レロン」

乳首舐めを続けていくと、次第に私の興奮も高まっていきます。

ゾクゾクとしながら、奈々さんに向かっていいました。

「奈々さん、次はおま×こ触ってもいいですか?」

「え、でも……、そんな」

「ホントは触って欲しいんじゃないですか? そのためにここに来たんでしょう」

「はい、触って欲しいです。気持ちよくなりたいんです」

「なら、弄ってあげます。たっぷり気持ちよくしてあげますからね」

私はそう言って、照準を下の口に合わせました。

ヴィーナスの丘には、フワフワとした恥毛が生え揃っています。

処理をしているのか、Vラインはキレイに整っていました。

全体的に陰毛は薄めです。

私はプクっとした大陰唇を開くと、小陰唇のビラビラを露出させました。

その奥には、うっすらと濡れる、膣口があり、そこはキレイなサーモンピンク色をしています。

「おま×こ、濡れてますね」

「いやぁん、ダメ……、恥ずかしいわ」

「おっぱい触られて興奮しちゃったんですね。凄くエッチな光景ですよ」

「はぁん、正樹さん、そんなに見ないで。女のあそこなんて、いいものじゃないでしょう?」

「そんなことないですよ。奈々さんのおま×こは魅力的です。僕もどんどん興奮していきます」

「んんぁ、あぁん、正樹さんの指が、私のあそこに……」

「あそこじゃないですよ。おま×こです。ほら、おま×こって言ってください」

「そんな恥ずかしいこと言えません」

「お願いです。奈々さんの口からエッチな言葉が聞きたいんです」

奈々さんは言葉に詰まったようでした。

顔を真っ赤にさせ、そして、とうとう言葉を放ちます。

「お、おま×こ……、キャッ、言ってしましました」

「おま×こ弄って欲しいんですよね?」

「はい、おま×こ弄ってください。私、夫がいるのに、感じてる。あぁん。いけないことしてるのにぃ」

「これは僕と奈々さんだけの秘密ですよ。今日だけは、結婚していることを忘れてください」

「はぁん、んんぁ、忘れます……、夫だって浮気してるんです。だから、私も……そのお返しです」

私はヌラヌラと濡れる膣口を指で弄ると、やがて、膣内に指を挿れていきました。

膣内はたっぷりと蜜で満たされており、ヌルヌルと指をスムーズに動かします。

「はぁん、正樹さんの指が……、おま×この中に……、んんぁ、あぁん」

「どうですか? 指を挿れられた感じは」

「あぁん、ダメなのぉ、気持ちよくておかしくなりそう。はぁん、興奮しちゃいます」

「おかしくなってください。僕も気が狂いそうだ」

奈々さんの中は、しっとりと濡れており、弄るほどに淫蜜がふき出してきます。

それでいて膣内にヒダがあるようで、そこがピッタリと指先に吸い付き、得も言われぬ快感を生み出すのです。

(ここにち×ぽを挿れたらどんな感じになるんだろう……)

と、私は感じていました。

とにかく、奈々さんと親密になりたい……。

考えるのはそればかりなのです。

私は、少しずつ激しく指を動かしていきました。

きゅちゅ、にちゅ、くちゅん。

淫猥な音が鳴り響いていきます。

「はぁん、うぐぅ、正樹さん、気持ちいいです……、おま×こが震えちゃいます」

「はい、そうみたいですね。おま×こがヒクヒクしてきます」

私はそう言い、手マンの動きを速めていきます。

すると、奈々さんが唐突に告げました。

「あぁん、正樹さん、ちょっと一旦止めてくれますか?」

「え? どうしてですか?」

「えっと、その恥ずかしいんですけど、催してしまって、あの、おトイレ行かせてください」

「ダメです。ここで止めるなんてできませんよ」

と、私は告げました。

対する奈々さんは困惑したように……、

「そんな、酷いです、ぁぁん、正樹さん、ホントに止めてください。出ちゃう、おしっこ出ちゃうからぁ」

「お漏らししてください。エッチな姿を僕に見せて!」

私は手マンの動きを速めていくと、奈々さんのおま×こから、ピッピッと淫水が迸ります。

「いやぁ、ダメェェ……、見ないでェェェェええ」

「奈々さん、これはおしっこじゃないですよ、潮吹きっていうんです」

「え? 潮吹き??」

「そうです。まぁ、女の人が興奮すると出す、液体って言えばいいんですかね。その時、尿意があるみたいですよ」

「でも、そんなこんなにお漏らししたみたいな……、はぁん、恥ずかしすぎます……」

「奈々さん、今度はおま×こ舐めてあげますよ」

「ダメです。エッチなおしっこしたばかりだから、汚いですよぉ」

「奈々さんのカラダに汚い場所なんてありません。エッチなおま×こを舐めさせてください」

私はそう言うと、淫裂に顔を近づけていきました。

すると、ツンとした馨しい香りがするのがわかります。

リコッタチーズとでも言えばいいのでしょうか? チーズのような香りが鼻を突き、私を興奮させます。

熟れたおま×この匂いを嗅いでいくと、私も満足感に包まれるのでした。

「じゅる……、じゅるん、じゅぱん……」

舌先をフルに使って、膣口を舐め回していきます。

潮吹きをしたばかりですから、奈々さんは敏感になっているようでした。

私が舌を動かしていくと、奈々さんのカラダもふるえていくのです。

(少し塩っ気があるかな)

奈々さんのおま×こは、仄かに塩気のようなものがあり、それでいてヌメヌメと滑っています。

「んじゅる、じゅるん、じゅぱん……」

「あぁん、ダメェ、ダメだったらぁ……、はぁん、正樹さん……」

「奈々さんのおま×こ、凄く美味しいです。僕も興奮してしまいます」

「ンンッ、んぁ、正樹さん、気持ちいい……、あの、何か変です。おま×こがゾクゾクしちゃって」

「イキそうなんですね? わかりました。このままイッてください。僕が見届けますから」

「あぁぁぁあん、ダメ! イク! イッちゃうぅ、おま×こ気持ちいいぃ」

途端、奈々さんのカラダがガクンと跳ねました。

同時に、膣内がキュキュッと、痙攣を始めていったのです。

「あぁん、イク! 正樹さん、イッてしまいます」

私は必死に淫裂を舐め回して、最後の仕上げにかかります。

「あぁぁぁああああ、イク! イクゥゥぅ―……」

とうとう奈々さんは昇天を迎えたようでした。

カラダがビクンと蠢き、トプっと淫蜜がふき出してきます。

私はそれを舌の上で堪能しました。

「奈々さん、イッたんですね?」

「はい、イッてしましました。凄く気持ちよかったです」

「それはよかったですよ。そうしたら次は僕を気持ちよくしてくれますか? もうこんなになっているんです」

私はそう言い、いきり立ったイチモツを解放していくのでした――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました