告白手記『成長した幼馴染』第2回

告白手記

告白手記『成長した幼馴染』第2回

瞳ちゃんのおっぱいはとても柔らかく、私の手のなかでぐにゃりとつぶれました。

「ン、ッぁぁああ」

「瞳ちゃん、気持ちいい?」

「よくわかんない……、でも嫌な感じはしないかな」

「それはよかったよ。もっと弄ってあげるからね」

私はそう言い、瞳ちゃんの乳房を揉みしだいていくのでした。

プニプニとしており、まるでマシュマロのような質感があります。

続けて、私は乳首を指で摘まみました。

同時に、そこをコリコリと刺激していったのです。

すると、プクっと乳首が立ち上がり、花の蕾のようになりました。

「瞳ちゃん、乳首が立ってきたね」

「やぁ、そんなの言わなくてもいいのに……、裕君の意地悪ぅ」

「恥ずかしがってる瞳ちゃんも、凄く可愛いと思う。もっちイタズラしたいな」

「んん、あぁん、手つきがエッチすぎるよ、裕君」

乳首を弄っていくと、瞳ちゃんの口元から、甘い吐息が漏れました。

「ハァハァ」と、ねっとりと絡みつくような呼吸音。

室内は、淫靡な空気に包まれていきます。

「ねぇ、もう一回キスしてもいいかな?」

「キス? うん、いいよ。してぇ」

「ありがとう。それじゃ行くよ」

私がそう言うと、瞳ちゃんはスッと目を閉じました。

それを確認した私は、そっと自分の唇を、押し当てます。

ちゅちゅちゅっと、キスの雨を降らせ、唇を吸い上げていきます。

「んちゅ、ちゅん。あぁ、瞳ちゃん、素敵だよ」

「んん、んぁ、ハァ、ハァ、裕君、もっと、もっとキスしてぇ」

「わかった。たくさんキスしてあげる」

私は再びディープなキスを展開していきます。

自分の舌を、瞳ちゃんの口腔内にねじ込んでいき、レロレロと絡ませていきます。

(あぁ、瞳ちゃんの口の中、何だかハチミツを舐めてるみたいだよ。うぅぅ、堪らない……)

と、私は感じていました。

じゅるじゅると大きな淫音を上げあげながら、お互いの唾液を啜り合っていきます。

瞳ちゃんも必死になって、私の舌を吸い上げ、うっとりとして表情を浮かべました。

「んぐ……、んんぁ、あぁん、裕君、じゅる、……じゅるる。ずっとこうしたかったの」

「ゴメンね、気持ちに気づけなくて」

「ううん、今夢が叶ったから許してあげる。裕君は私が好きだよね?」

「うん。好きだよ。だからこうしてキスしてるんだよ」

私の興奮は止まりません。

ただ、懸命にキスを続けていきます。

そんな中、次なる欲望が降ってわいてきました。

「瞳ちゃん、おっぱい舐めてもいい?」

「え? 舐めたいの?」

「うん」

「わかった、いいよ、舐めてぇ」

「ありがとう。それじゃ……」

私はそう言うと、キスを止めて、瞳ちゃんの乳房に顔を近づけていきました。

すると、ふんわりとしたいい香りが漂ってきます。

瞳ちゃんのカラダからは、石けんとミルクが混じったような優しい香りがしました。

こんな匂いを嗅いでいると、私も興奮していきます。

「瞳ちゃん、いい匂いがするね」

「ううぅ、ダメだよ、そんな匂い嗅いじゃ。シャワー浴びてないし」

「いい匂いだよ。むしろシャワーを浴びたら、匂いが消えちゃうからダメだよ」

「裕君、変態みたい……」

「それだけ瞳ちゃんが魅力的なんだよ。ほら、おっぱい舐めるよ」

「きゃん」

私は、瞳ちゃんのおっぱいを舌先でレロレロと弄っていきます。

すると、瞳ちゃんのカラダがビクビクと跳ねました。

どうやら、興奮しているようです。

その仕草を見ていると、私も嬉しくなっていきます。

「んんぁ、あぁん、裕君の舌がおっぱいに当たって……」

「うん、瞳ちゃんのおっぱい美味しい……」

「裕君、赤ちゃんみたいだよ」

「そうかな……、でもおっぱい舐めると、凄く気分がよくなるんだ」

「うぅぅ、あぁん」

「んちゅ、じゅる、レロレロ」

舌先を乳首に当てて、ちゅるんと吸い上げると、仄かに甘みを感じて嬉しくなります。

対する瞳ちゃんも感じているようで、目元はうるうると濡れていました。

「うぉぉ……、瞳ちゃん。おっぱい最高だよ、ホントに」

「裕君。私も気持ちいい……、ゾクゾクしちゃうの」

「ねぇ、こっちはどうなっているのかな?」

そう言い、私は瞳ちゃんのショーツのクロッチ部分に触れました。

「んぁ、裕君、そこは……」

「ちょっと濡れてるね。おっぱい弄られて興奮したの」

「うぅぅ、恥ずかしいよぉ。こんなに風に弄られたら、自然と濡れちゃうに決まってるでしょ」

「瞳ちゃんが興奮してくれて嬉しいよ。おま×こも触ってもいい?」

「いいよ。だけど優しくしてね。そこは敏感だから」

「わかってるよ。それじゃ弄ってあげるからね」

私はするするとショーツを脱がしていきます。

ヴィーナスの丘があらわになり、フワフワとして恥毛が控え目に生え揃っています。

処理をしているのか、Vラインはキレイに整っていました。

ぷっくりと膨らんだ大陰唇を押し開き、小陰唇のビラビラを露出させます。

肉ヒダは、うっすらと濡れており、キラキラと輝いていました。

試しに、膣口を指でなぞります。

「んん、ァツ、あぁん」

「瞳ちゃん、凄く濡れてる。それに火傷するくらいに熱いよ」

「はぁん、だってぇ、裕君がエッチに弄るカラダよぉ」

「瞳ちゃんもエッチだよ。だって、おっぱいを弄っただけなのに、こんなにおま×こを濡らしているんだもん」

「そんな風に言っちゃダメだよぉ。わざとじゃないのにぉ」

「フフフ……、瞳ちゃんはホントに可愛いなぁ。もっと弄ってあげるからね」

私は淫裂を指でなぞっていきます。

すると、たっぷりと蜜がふき出し、ぬるりと指先を濡らします。

しっとりと指先がきらめき、さらにスムーズに動くようになりました。

「瞳ちゃん、おま×この中にも指を挿れてあげるからね」

「んんぁ、あぁ、あぁん、指が……、裕君の指が私の中に入ってくるのぉ」

「瞳ちゃんもおま×この中、凄く熱くて、ヌルヌルになってる。指がこんなに動くよ」

にちゅ、くちゅ、ちゅきゅん……。

指を動かしていくほどに、淫靡な音が聞こえていきます。

「瞳ちゃん、クリトリスはどうかな? 弄ってもいい?」

「ンンッ……ぁん、そこは、ダメだよ、敏感だから」

「大丈夫、優しく弄るから安心してよ」

私は膣口の上方部分にある、包皮に包まれた突起を指で弄りました。

包皮を器用に指で向くと、ピュッと白い豆のようなものが飛び出してきます。

「あぁ、瞳ちゃん、クリが飛び出したよ」

「んん、あぁん、そんな、ダメだよ、弄っちゃダメェェェ」

瞳ちゃんは抵抗しますが、実際はそこまで力が入っていません。

きっと、本音は触って欲しいと思っているのでしょう。

そう察した私は、クリトリスを丁寧に指で弄っていきました。

「クリを弄ると、おま×こキュキュッと締まるね。瞳ちゃん気持ちいい?」

「あぐぅ、うん、気持ちいい……、そこを触られるの気持ちいいのぉ」

私は人差し指を膣内に挿れ、親指の腹を使って、陰核を刺激していきました。

弄るほどに、瞳ちゃんのカラダがビクビクと跳ねていきます。

その仕草が愛らしく。私も満足感に包まれていきました。

「うぅ、裕君、気持ちいい……、あぁん、それ以上弄ったら……、ぅぐぅうう」

「瞳ちゃん、イキそうなの?」

「わかんない、だけど、気持ちいい……、おま×ことクリが変になっちゃう」

「このまま弄ってあげるから、イッてもいいよ」

「裕君、ダメ! イク! イッちゃう……」

瞳ちゃんはガクガクとカラダを震わせて、快感を表現していくのでした――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました