告白手記『成長した幼馴染』最終回

告白手記

告白手記『成長した幼馴染』最終回

とうとう、瞳ちゃんはイッてしまったようです。

おま×こがキュンキュンとヒクつき、トロンとした目つきで私を見つめています。

「瞳ちゃん、イッたの?」

「うん、そうみたい」

「気持ちよかった?」

「物凄くよかったよ。ありがとう、裕君」

「それはよかったよ。あのさ。瞳ちゃん、俺のち×ぽもこんなになっているんだ」

と、私は自分の股間部分を指さしました。

まだボクサーパンツをはいていますが。局部はしっかりと盛り上がっているのです。

「おちん×ん、大きくなってるね。裕君。どうしてほしいの?」

「弄って欲しいかな? 俺も気持ちよくなりたいし」

「わかった。じゃあやってあげるね。そしたら、裕君は横になって。私がおちん×んを弄ってあげるから」

「ありがとう。それじゃ早速……」

と、私は言い、あお向けに寝そべりました。

それを見た瞳ちゃんは、私のボクサーパンツをスルスルと脱がしていきます。

すると、いきり立った肉竿がブルンと震えていきました。

「裕君のおちん×ん、凄く大きくなってるね」

「それだけ瞳ちゃんが魅力的なんだ。だから、興奮しちゃって」

「血管が浮き出て、なんか苦しそうだね。痛くないの?」

「痛くはないよ」

「とりあえず、扱いてあげるね」

「うん」

瞳ちゃんは、優しいタッチで、私のペニスを手で包み込みます。

そして、ゆっくりと上下に動かしていくのでした。

手のひらの質感は柔らかく、それでいてスベスベしているので、とても気持ちがいいのです。

私は天にも昇るような気持ちになりながら、手コキを受けていくのでした。

「あぁ、瞳ちゃん、凄く気持ちいいよ。ねぇ、 瞳ちゃんはやっぱり経験豊富なの?」

「ええぇぇ、そんなこと聞いちゃダメだよ。経験なんてそんなにないから。裕君は?」

「俺もそんなにない。彼女がいた時期はあるから、その時は経験したけど」

「そっか、私が裕君の初めてになりたかったな」

「ゴメンな、ずっと気持ちに気づかなかったから」

「ううん、今こうして一緒になれたんだから、別に構わないよ。遠回りしたとしても、それも無駄にはならないから」

「そうだよね。そう言ってくれると俺も嬉しいよ」

瞳ちゃんは、ペニスを扱くスピードを上げると、やがて、舌をペロッと伸ばし、亀頭の先端に当てていきました。

舌の温かな質感が、イチモツを覆っていき、気持ちよくなっていくのです。

「瞳ちゃん、フェラしてくれるの?」

「うん、そっち方が気持ちいんでしょ?」

「そうだね、俺もフェラは好きだよ」

「なら、してあげる。裕君に悦んでもらいたいから」

「瞳ちゃん……」

その言葉に、私はどこまでも嬉しくなりました。

私が感動に胸を震わせていると、瞳ちゃんはせっせと口唇愛撫を続けていきます。

「ふぅ、はぁ、瞳ちゃん、気持ちいい。ち×ぽが蕩けそうだ」

「フフフ……、裕君のおちん×ん、ビクビクしてるね。とっても気持ちよさそうだね」

「うん。こんなに気持ちいいフェラをされるのは、もしかすると初めてかもしれない」

「んちゅ、じゅる。じゅるん。あぁ、裕君の匂いがするよぉ、とっても興奮しちゃうのぉ」

「俺も興奮してるよ。瞳ちゃんのフェラ、凄く魅力的なんだ」

やがて、瞳ちゃんは口腔いっぱいに広げて、私のペニスを包み込みました。

そして、その状態で激しく怒張を吸引していくのでした。

「ハァハァ、瞳ちゃん、最高の気分だ……、んんほぉ」

「裕君のおちん×ん、どんどん大きくなってる気がする。それにドクドクって脈打ってるの」

「うん、そうだね。とにかく気持ちいいんだ」

「イキそうになったら言ってね」

「俺、イクのは瞳ちゃんのおま×この中がいいな。ねぇ、セックスしてもいいでしょ?」

「私もセックスしたい。ずっと、裕君と結ばれたいって思っていたから」

「なら、このままエッチしよう。俺、もう我慢できないんだ」

「フェラはもういいの?」

「ありがとう、十分だよ。それよりも、早くおま×この中にち×ぽを挿れて、ズボズボしたいよ」

「わかった。それじゃ私のあそこにおちん×んを挿れてぇ。私ももっと気持ちよくなりたいから」

瞳ちゃんの言葉を聞き、私はカラダを起こします。

そして、瞳ちゃんの肩を抱きしめ、ゆっくりと押し倒していきます。

対する、瞳ちゃんはされるがままになっていて、ふぅと小さく息を吐きました。

体位は正常位。

私は瞳ちゃんの足を左右に広げると、秘部を開帳していきました。

先ほどイッたばかりの瞳ちゃんの秘裂は、小刻みに震えており、それでいてヌラヌラと淫蜜で満たされています。

「瞳ちゃん、それじゃ、挿れるよ? 生で挿れてもいいよね?」

「うん、今日は安全な日だから大丈夫だよ。早く来てぇ……、お願い」

女壺にペニスを押し当て、私はそのままゆっくりと貫いていきました。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むようにペニスが吸い込まれていきます。

膣内はとても温かく、それでいてヌメヌメと滑っています。

ですから、ペニスがスムーズに動き、私を心地よくしていくのでした。

生で挿入しているので、膣ヒダの感触をダイレクトに味わうことができて、私は心を奪われていきます。

久しぶりのセックスです。

でも、瞳ちゃんとエッチができて、私は本当に嬉しくなりました。

「あぁん、裕君のおちん×んが入ってくるぅ」

「瞳ちゃんのおま×この中、凄くトロトロで、とにかく最高だよ」

「ねぇ、もっと動いてぇ。ズコバコして欲しいのぉ」

「わかった。少しずつ動かしていくからね」

あまりにオーバーペースで動くと、忽ちイッてしまいそうになる。

それでも、私は我慢ができませんでした。

腰の動きを速めていき、じっくりと膣内を味わっていきます。

「んんぁ、あぁん、裕君、深い……、おちん×ん深いのぉ」

「奥まで届くよ。瞳ちゃんは奥を突かれるのが好き?」

「うん、好きだよ。奥を突かれると、何だかとっても気持ちよくなるの。赤ちゃんの部屋をノックされてるような感じがして、我慢できなくなるのぉ」

「うおぉぉおおお、瞳ちゃん……、あぁ、ホントに気持ちいい……」

あまり動きが単調になってしまうと、快感も半減してしまうでしょう。

ですから、私は少し抽送に変化を加えていきました。

例えば、一定のリズムで突くのではなく。三度浅く突き、四度目で深く挿入するなど、変化を加えていったのです。

すると、それが功を奏したようで、瞳ちゃんも心底気持ちよさそうに喘いでくれました。

「瞳ちゃん、気持ちいいよ……。ち×ぽが悦んでる」

「うん、私も気持ちいい。おま×こがキュンキュンしちゃうのぉ」

「ねぇ瞳ちゃん、イキたくなったら、中に出してもいいかな?」

「え? 中に出したいの?」

「うん。ちゃんと責任とるから」

「わかった。いいよ。中に出して……」

「ありがとう。それじゃたくさんおま×この中に精子を出すから」

耐えがたい射精感が襲ってきます。

ペニスが限界を迎え、やがてオルガスムスに包まれていきました。

「あぁ、ダメだ、瞳ちゃん、イク! イキそうだよ」

「あぁん、来てぇ、おま×この中に精液をビュルビュルって出して欲しいのぉ」

次の瞬間、私の欲望が弾けます。

ビュルビュルドピュ……、ドピョピョ、プピョプ……。

たくさんのスペルマが、瞳ちゃんの胎内に流れ込んできます。

「あぁん、出てる……、裕君の精子が私の中に……」

「あぁ凄いよ、精子がどんどん出てもう止まらないよ」

私は最後の一滴まで精子を絞り出しました。

そして、瞳ちゃんを強く抱きしめます。

瞳ちゃんは私の腕の中で「むぎゅう」とうなり、小さくなりました。

私と瞳ちゃんはこの日を境に付き合うようになります。

幸せな日々が続き、私は瞳ちゃんと過ごす日々に喜びを感じるのでした――。

〈了〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました