連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第2回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第2回

「ここが社長の部屋ですか……」

美里の寝室は広々としていた。

十畳ほどの空間に、大きなベッドが置かれている。

家具などはあまりなく、全体的に整頓された印象である。

「社長じゃなくて、美里って呼んでくれる?」

「え? いいんですか?」

「うん。会社では社長って呼んでほしいけれど、プライベートではちょっとね……、気後れしちゃうのよ」

「わかりました。美里さん……」

「ウフ、ありがとう。じゃあ私もあなたのことを、早乙女君じゃなくて一馬って呼ぶわよ」

「俺の下の名前、知っていたんですか?」

「当然でしょ。バイトといえ、会社の人間なんだから」

「嬉しいです。美里さん」

「それじゃ、ベッドに寝て、まずは私が気持ちよくしてあげるから」

「はい、ありがとうございます」

一馬は、ベッドの上に座る。

すると、目の前に美里が座り込み、彼を押し倒した。

「美里さん……」

「おちん×ん、大きくなってるじゃないの?」

「そ、それは……」

「どんな風になっているか見せて」

「でも、シャワーとか入っていないし」

「大丈夫よ。私ね、意外と好きなの、洗ってないおちん×んの匂い」

そう言うと、美里はスルスルと一馬のズボンと下着を脱がしていった。

既に、一馬のイチモツは激しくいきり立っている。

心のどこかで、美里を求めているのかもしれない。

「まぁ、こんなに大きいのね。あなたのおち×ぽ。惚れ惚れしちゃうわ」

「そうですかね」

「どうして欲しいのかしら?」

「えっと、その、扱いて欲しいです……」

「フフ……、わかったわ、してあげるね」

美里は手のひらで優しく肉竿を包み込んでいった。

そして、シコシコと上下に動かし始める。

「くぅ、うぅ」

思わず、嗚咽が漏れる一馬。

素晴らしい快感が襲ってくるのである。

「ウフ。可愛い声を出すのね。気持ちいいの?」

「はい、気持ちいいです」

「でも、こういう経験は初めてじゃないでしょ?」

「いや、実は俺、童貞なんです。もう二十三歳なのに」

「あら、そうなの。それは意外だわ。あなたしっかりした顔立ちをしているから、モテると思ったけれど、そうじゃないのね」

「俺なんて全然ダメです。今まで女の人と付き合ったことだってないんです」

「まぁ、今は草食系とか、そういう人も増えているみたいだからねぇ。じゃあ、こういうことされるのは初めてなんだ?」

「はい」

「そう。なら、何か申し訳ないわね。初めての相手がこんなオバサンで」

「そんなことないです。俺、美里さんに憧れていましたから」

「憧れていた? 私に??」

「はい、キレイな人だなって思って。それに仕事もできるし。カッコいいじゃないですか」

「ありがとう、そう言ってくれると、私も嬉しいわ。父が若くして亡くなったから、私が社長になったんだけど、なんていうか上手くできているか心配だったの」

「美里はしっかりしていると思います。みんなそう言っていますよ」

と、一馬は告げる。

美里はニコッと笑みを浮かべると、そのまま肉棒を握りしめ、さらに速く動かし始めた。

「く、うぅ……、あぁ」

「おち×ぽ、ますます大きくなってるわね」

「はい、気持ちよすぎます」

「それに、先っぽからエッチなお汁が出てるわよ」

「我慢汁ですね。何かすみません。汚いですよね」

「ううん、むしろ嬉しいわ。一馬が興奮してくれて」

「はぁ、美里さんはやっぱり経験豊富なんですか?」

「え? 私、う~ん、どうなんだろう。そんなに経験ある方じゃないと思うけれど。特に最近はご無沙汰ね」

「そうなんですか……、それは意外ですよ。俺は全然モテないですけど、美里さんはモテると思っていました」

「フフ。まぁ、若い頃はそれなりに言い寄られたこともあるけれど、今は全然ダメよ。もう年だからね」

「なら、俺が言い寄ってもいいですか?」

「一馬が……、フフ、いいわよ。あなたが私を女として見てくれるのは、ものすごく嬉しいわ」

シコシコシコ……。

一定のリズムで手コキを続けていく美里。

その手つきは、幾分か慣れていて、一馬を恍惚とさせていく。

彼はまだ童貞だから、初めて感じる手コキの悦楽に、心が躍る気分であった。

「ハァ、ハァ、あぁ、ち×ぽが気持ちいい……」

「そうみたいね。おち×ぽ、ビクビクしてるわ」

「こんなのはどうかしら?」

美里はそう言うと、唾液をたらりと垂らし、それを潤滑油にしてペニスを扱き始めた。

にちゅ、くちゅ、ちゅちゅん……。

淫猥な音が鳴り響き、室内に響き渡っていく。

「うぉ、さっきよりも気持ちよくなりました」

「そうでしょ。ヌルヌルしておち×ぽも悦んでるみたいね」

「はい、ゾクゾクしちゃいます」

「ねぇ、おち×ぽ舐めて欲しい?」

「え? 舐めてくれるんですか? だけど洗っていなしい、キレイにした方が」

「そうかしら。キレイだと思うけれど、匂いだってそんなにないし。むしろ興奮するわ。私が舐めてあげるから、あなたはリラックスしてね」

「わかりました」

すると、美里は亀頭の先端を舌でレロレロと刺激し始めた。

ビクッと一馬のカラダが跳ねて、心地よくなっていく。

「エッチなお汁がどんどん出てくるわ。フフ、ホントに可愛いのね。もっとイタズラしたくなっちゃうわ」

「ンッ。あぁ。舌先で舐められるのすごく気持ちいいです」

「亀頭の裏側がいいって聞くわよね? やってあげようか?」

「はい、お願いします」

「んちゅ、れろん」

亀頭の裏筋を、舌先で沿わせていく美里。

裏筋には性感帯があるケースが多く、ここを弄ると気持ちよくなれるのである。

「はぐぅ、さっきよりも気持ちいい……」

「はむぅ、レレロ、んちゅん」

「美里さんのテクニックすごいです」

「そんなテクニックだなんて高尚なものじゃないわ」

「だけど、上手ですよ。俺、こんなに気持ちよくなるのは初めてです」

「ウフ……、そしたら、今後はおち×ぽ加えてあげるから」

「ち×ぽを、あぁ、堪らないです」

美里はカプッと怒張を咥えこんだ。

一馬のイチモツは、サイズがかなり大きいので、口腔で含むのは大変である。

それでも、小さな口を大きく開けていきり立った牡の象徴を、しゃぶっていく。

「じゅる、じゅるん」

「はぐぅ、これがフェラなんですね。……はぁ、堪りません」

「おち×ぽがビクビクしてきて、可愛いわね。反応がよくて宜しい」

「んんぉおお。ハァ、ハァ……。美里さん、ち×ぽが蕩けそうです」

「大げさねぇ。でも嬉しいわ。こんなに気持ちよくなってくれるなんて。やりがいがあるわ」

美里はしゅぼしゅぼと淫音を鳴り響かせながら、ディープなキスを展開していく。

こんな風にして口唇愛撫をされた経験のない一馬は、ただただ驚いていた。

同時に、激しい射精感を覚え始める。

「んぐ、んじゅる、あぁん、おち×ぽ美味しいわぁ」

「す、すごい……、あぁ、ホントに気持ちよくて、おかしくなりそうです」

「おかしくなっていいのよ。どんどん気持ちよくしてあげるから」

一馬はグッと下腹部に力を入れて、吐精感を抑え込む。

しかし、あまり長くはもたないであろう。

それくらいの衝撃が、一馬を襲っているのである。

やがて、一馬のカラダがビクビクと震え始めた。

もちろん、その変化に美里も気づいている。

「一馬、もしかしてイキそうなの?」

「はい、イキたいです」

「そう、なら、イキなさい。私が見届けてあげるから」

「ぐぅ、あぁ、堪らない、ち×ぽが、あぁ、ち×ぽが……」

最早耐えるのはしんどい。

そう思った瞬間、カラダがフワフワと浮いたような感覚が広がり、オルガスムスに包まれる。

「あぁ、美里さん、ダメだ! 出る、イキます」

「出してぇ、んじゅる、口の中に出しなさいぃぃ」

耐えきれなくなった一馬は、とうとう牡の欲望を発射させたのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました