連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第3回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第3回

ビュルビュル……ビュピョプ。ビュビュ……。

勢いよく、子種が放出される。

口腔いっぱいに、美里は精を受け止めていくのであった。

「うおぉぉおお。ハァ、すごい! 気持ちよすぎて、精子がどんどん出てくる」

「ふご、ふぐぅ、もごぉ」

予想よりも、遥かに多い精液が注ぎ込まれる。

「んぐ、んぐぐぐ、ぐぅ、ゴックン」

美里の咽頭がブルリと震えた。

彼女は、一馬のスペルマを飲み下していったのであった。

「美里さん、俺の精子、飲んでくれたんですか?」

「えぇ。あまりに量が多くて飲むしかなかったのよ」

「吐き出してもよかったのに……」

「でも、男の人って飲んでくれた方が嬉しいんでしょ? だから今日は飲んであげたの」

「嬉しいです。ホントに……。ありがとうございます!」

美里の瞳はトロンとしており、頬もうっすらと上気している。

その艶のある表情を見ていると、一馬もさらに興奮していくのであった。

「ねぇ、一馬……。私も気持ちよくしてくれるわよね?」

「はい。でも、俺初めてで、上手くできるか不安です」

「大丈夫よ。まずはキスから教えてあげるわ」

「キスですか」

既に美里とキスはしているが、何度してもし足りないくらいである。

美里は顔を一馬に近づけていく。

お互いの顔が近づき、呼吸の音が聞こえる。

「行くわよ。一馬……」

「はい」

美里は、自分の唇を一馬の唇に押し当てていく。

ちゅちゅ、にちゅん……。

「あぁ、美里さんのキス、最高です……」

「私も、何だか頭がフワフワとしてしまうわ」

と、年頃の少女のような気分になる。

美里自身、最近はセックスはおろか、キスすらしていない。

「あぁん、一馬、舌を絡めて、ディープなキスをして欲しいの」

「はい。わかりました……」

一馬は言われるままに、舌を絡めていた。

ねっとりと濃厚なキスが展開され、夢み心地の気分になっていく。

「んぐ……ちゅん、じゅるる……」

お互いの唾液を啜り合い、一馬自身も気分がよくなっていく。

もちろん、美里も嬉しい気分を味わっていた。

何というか、愛されているという感じがするのである。

「一馬、あぁ、最高よ。私をこんなに興奮させるなんて、ホントエッチだけど」

「美里さんが魅力的すぎるんです。もっと、美里さんを味わいたいです」

「そうしたら、次はおっぱいを弄ってみる?」

「おっぱいですか? 触りたいです」

「フフ。触ってもいいのよ」

美里はそう言うと、上着やブラウスを脱いだ。

そして、下着姿になり、バランスのとれた肉感のあるボディを一馬に見せつける。

「美里さん、すごくキレイなカラダですね」

「あんまり見ないで、恥ずかしいから」

「でも、見ないとおっぱいに触れませんよ。お願いです。もっとよく見せてください」

「わかった、慌てないで。そしたらブラを外してくれる?」

「ブラを……。やってみます」

一馬はブラの後ろに手を伸ばし、外そうと試みる。

しかし、初めてであるため、なかなか上手くいかない。

すると、それを見た美里がクスッと笑いながら、

「一馬、そんなに慌てないで。後ろにホックがあるから、それを外せばいいのよ」

「すみません、俺、慣れてなくて……、カッコ悪いですよね」

「そんなことないわ。誰でも最初は初めてでしょ。だから大丈夫よ」

と、優しくとりなすように告げる美里。

その言葉を聞き、改めてブラを外そうとする一馬。

ようやくブラを外せ、プルンと乳房を露出させる。

「美里さんのおっぱい大きいですね。っていっても、女性のおっぱいを生で見るのは初めてなんですけど」

「まぁ、大きい方かな。でも大きいと、肩がこるし、それに年を取ると垂れてくるのよね」

「そうですか? 全然垂れていないですよ。むしろキレイです」

一馬の言葉はお世辞ではなかった。

美里の乳房は、しっかりと重力に逆らい、ツンと上を向いているのである。

しかも、大きいだけではなく、形まで素晴らしいから、一馬は困ってしまった。

アダルトビデオなどで、女性の乳房は見たことがある。

しかし、ここまで完璧なバストがあるとは思わなかったのだ。

「美里さんのおっぱい、キレイすぎます」

「フフ……、ありがとう。そしたら軽く触れてみて」

「はい、こうですか?」

恐るおそる、一馬は手を伸ばしていく。

そして、ピトっと乳房に触れてみた。

「あぁ、すごい、柔らかいです」

「んぁ、一馬の手つき、とってもいやらしいわ」

初めて体感するバストの質感を、手指全体で味わっていく。

たわわに実った乳房を、慣れない手つきで弄り始める。

「あの、美里さんってバストのサイズはどのくらいなんですか?」

「んふぅ、そんなこと知りたいの?」

「はい、教えて欲しいです」

「私はFカップよ。これでいいかしら?」

「Fカップってかなり大きいですね。こんなに素晴らしいおっぱいに触れて、俺、嬉しいですよ」

美里の吐息が熱くなり、色気を帯びていく。

一馬は、円を描くように乳房を弄り回していくのであった。

「一馬、乳首も弄ってみて。指でコリコリって刺激するの。ただ、あんまり強くしちゃダメよ。あくまでも優しい感じでするの。できるわよね?」

「はい、やりたいです。優しく弄ればいいんですね?」

一馬は、胸の突起を指で挟みこみ、クニクニと刺激し始めた。

「んんぁ、あぁ。あぁん」

「美里さん、乳首が立ってきましたよ」

「そうよ。それだけ興奮してるのぉ」

「コリコリ弄ると、気持ちいいんですか?」

「うん、実はね、胸を弄られても、正直よくわからないのよ。でもね、乳首は感じるの。私は乳首を弄られるのは好きかな」

「そうなんですか。勉強になります」

「はぁん、んんぐぅ、きゃぁ」

「美里さん、はぁ、堪りません。おっぱい最高ですよ」

「舐めたりしてもいいのよ」

「え? 舐めてもいいんですか?」

「えぇ。男の人っておっぱい舐めるの好きでしょ?」

「俺、まだ舐めたことないですけど、やってみたいです」

「フフ、正直ね。正直な子は好きよ。さぁ、早速舐めてみなさい」

「はい!」

一馬は、顔を乳房に近づけていく。

すると、ふんわりとしたいい香りが漂ってくるのであった。

美里の体臭と、僅かに香水の香りが入り混じり、一馬を満足させる匂いであった。

「美里さん。いい匂いがします」

「やぁん、匂いなんて嗅がないで……、恥ずかしいわ」

「だけど、すごくいい匂いなんです」

クンカクンカと匂いを嗅いでいくと、一馬も興奮してきた。

そして、舌先を乳房に当てていき、レロレロ舐め回し始める。

「んちゅ、ちゅちゅ、ちゅぱん」

「ゾクゾクしちゃう。それに、一馬ったら赤ちゃんみたい。こんなに必死になっておっぱい吸って。ホントに可愛いわね」

「んぐ……、チュチュッ。にちゅん」

「一馬……、乳首も……、そこも弄って欲しいの、お願い! してみてちょうだい」

「わかりました。乳首ですね」

美里の言葉を聞き、一馬はカプッと胸の突起を咥えこんだ。

そこは既に花の蕾のように硬くなっており、甘噛みすると、ゴムを噛んでいるような感覚が広がっていくのであった。

「美里さん、乳首が硬くなってます」

「はぁん、だって、一馬がいやらしく舐めるからぁ」

「んちゅ、乳首舐められるのどんな感じですか?」

「はぁん、気持ちいい……、そこを舐められると感じちゃうのぉ」

美里の淫声は、より一層艶を帯びていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました