連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第4回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第4回

「美里さん、どうしたらもっと気持ちよくなれますか? 俺、たくさん気持ちよくさせたいです」

「一馬は、おっぱい以外のところも見たいんじゃないの?」

「おっぱい以外のところ?」

「わかってるでしょ。女の人のあそこ。見たいんじゃない?」

「はい。みたいです」

「女の人のあそこがなんていうのか知ってるわよね?」

「えっと、その、おま×こですよね?」

「そうよ。おま×こ見せてほしい?」

「すごく見たいです」

「フフフ、慌てないで。見せてあげるから」

美里はそう言うと、膝立ちになって一馬を誘惑していく。

「あの、パンツは俺に下ろさせてください」

「パンツ脱がしたいのね。フフ、いいわよ」

「ありがとうございます」

一馬はショーツの端に手をかけて、スルスルと下ろしていく。

純白のショーツを脱がすと、女の蜜園が見えてくるのであった。

「これが、おま×こ、すごくキレイです」

「一馬は見たことのあるの? おま×こ?」

「えっと、ないです」

「エッチなビデオとかでも、無修正のものはあるんじゃないの?」

「そういうものあるみたいですけど、俺はよく知らないです。だから、初めて見ます」

ヴィーナスの丘には、フワフワとした恥毛が生え揃っている。

Vラインはキレイに整っており、女の魅力を感じさせるのであった。

「じゃあ、おま×こをよく見せてあげる。こっちに太いお肉が大陰唇っていうの。知ってるでしょ?」

「まぁ聞いたことはあります」

「大陰唇を開いてみて」

「いいんですか?」

「えぇ、いいわよ」

そういうと、美里はM字開脚になり、座り込んだ。

対する一馬は、プニプニとした大陰唇を指で押し、そこを左右に広げ始める。

すると、小陰唇が顔を出し、奥の方に膣口が見える。

そこは、サーモンピンクのキレイな色合いで、一馬を興奮させるのであった。

「おま×こ……、少し濡れてますね」

「やぁん、そんな風に言わないで」

「確か、女の人って興奮するとおま×こを濡らすんですよね?」

「えぇ。そうよ」

「ちょっと触ってもいいですか?」

「いいけど、優しく触ってね」

「はい、もちろんです」

一馬は恐るおそる手を伸ばし、膣口に触れてみた。

女の部分は、しっとりと濡れており、それでいて体温の熱が感じられる。

「熱く……、なってます」

「うん。それだけ私も興奮してるのよ」

「それに、ヌルヌルとしてます」

「ヌルヌルした液体が出るから、おち×ぽが滑りやすくなるのよ」

「はい」

「指を挿れてみて」

「こうですか?」

「ん、あぁん……きゃぁー」

「あ、すみません」

「ううん、いいの、少し驚いただけだから。その調子で触って」

淫裂を触るほどに、蜜がふき出してきて指先を濡らしていく。

クニクニと膣口付近を指で弄っていくと、陰部から白い糸が伸び始めた。

やがて、一馬は指先を膣内に挿れみる。

しっとりとしていて、それで温かい。

ヌメヌメとした女壺の感触は、一馬を恍惚とさせていくのであった。

「おま×この中、温かいんですね」

「そうね、体温があるし、性器って温かいみたいね」

「はい。それにエッチなお汁がたくさん出てきて、あぁ、ホントに卑猥です」

「あぁ、あぁん。もっと、もっと触って欲しいのぉ」

「わかりました。たくさん弄ってあげますからね」

一定のリズムで指先を動かしていく一馬。

膣内はねっとりとしており、指先に絡みついていく。

膣内は、独特のヒダがあるようで、ピッタリと指に吸い付いてくるのであった。

「おま×この中、何だかザラザラしてますね」

「はぁん、うん、そうなの、私のおま×こってね、独特のヒダがあって、それがおち×ぽに絡みつくの。えっと、名器っていうみたいなんだけど」

「そうなんですか。この穴にち×ぽを……」

「ウフ……、慌てないで。まだ我慢してね。今は私を気持ちよくしてほしいわぁ」

「はい。もちろんです。指、もう一本挿れみてもいいですか?」

「二本も? 入るかしら?」

「ち×ぽが入るなら、二本くらいなら入ると思います」

「まったく、一馬はエッチななんだから……。まぁ、いいわ、好きに弄って」

「うわぁ、ありがとうございます」

一馬は人差し指と中指をセットにして、膣内に導いていった。

滑ついた淫裂は二本の指を咥えこんでいく。

「ハァ、ハァ、一馬、気持ちいい、もっと指をシコシコしてみて」

「おま×この中を掻きまわしてあげますよ」

くちゅ、にちゅん。

指を動かすほどに、淫猥な音が聞こえ始める。

途端、美里のカラダがいやらしく動いた。

どうやら、彼女も感じているようである。

美里の動きから、一馬もそれを感じられたのである。

「うぉぉ、美里さんのおま×こ、ホント最高です」

「私も気持ちいいのぉ……。一馬の指で弄られると、ゾクゾクしちゃうわぁ」

「あの、女の人ってクリトリスが感じるんですよね? そこも弄ってみたいです」

「んぁ、あぁん、そんなところを弄りたいの?」

「はい、クリトリスってどこですか?」

その言葉に答えるために、美里は自分の指を陰核に導いていく。

小陰唇の上方部分に、包皮にくるまれた一角がある。

「ここよ、ここがクリトリスなの」

「皮がかぶってますね」

「うん。指でむいてみて……」

「わかりました。皮をむけばいいんですね?」

「そう。そうすると、白い豆のようなものが飛び出してくるから。それがクリトリスよ」

指の腹を使って、一馬は陰核の包皮を押してみた。

すると、ピュッと白い米粒大の豆のようなものが飛び出してくる。

「あぁ、出てきました。これがクリトリス。結構小さいんですね」

「そこは敏感な部分だから、あんまり乱暴に弄っちゃダメよ」

「はい。優しく弄ります」

軽く陰核に触れてみて、少しだけ擦ってみる。

対する美里は、ゾクゾクとする悦楽を覚え始めた。

「ンンッ……。あぁん、クリ、気持ちいいのぉ」

「クリトリス、ヒクヒク震えてますね。何だか生き物みたいです」

「んんぁ、ああぁ。はぁん、優しく指で擦ってみて、そうするともっと気持ちよくなれるから」

「はい。指で擦りますね」

なるべく優しいタッチで一馬は指先を動かしていく。

雌芯を弄るほどに、愛蜜がふき出してきて、陰部は大洪水になってしまった。

「エッチなお汁がたくさん出てきて、うわぁ、ホントにすごいです」

「はぁん、気持ちいい……、一馬の指、ホントに気持ちいいわぁ」

「もっと気持ちよくなってください」

陰核を指で擦り上げ、淡い快感を生み出していく。

美里自身、久しぶりのクリトリス弄りに、満足感を覚えていた。

「ン、ァツ……、あぁん、一馬の指先、いやらしいわぁ」

「クリを弄りながら、おま×この中も刺激してあげます」

そう言い、一馬は親指で陰核を刺激し、人差し指と中指で女壺内の感触を味わっていく。

ヒクヒクと震える雌芯を弄っていくと、一馬の興奮もどんどん高まっていくのであった。

「美里さん、おま×こを舐めたい……、舐めてもいいですか?」

「え? おま×こ舐めるの? でも……、そこは」

「美里さんは俺のち×ぽを舐めてくれました。だから、今度は俺に舐めさせてください」

「わかったわ。女の人のあそこを舐めること、何ていうかわかる?」

「えっと、確かクンニでしたっけ?」

「そう、クンニリングスね。でも、洗ってないから、臭うかもしれないわ」

「そんなことないですよ、美里さんのおま×こは魅力的です。だから舐めさせてください」

そう言い、一馬は顔を陰部に近づけていくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました