連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第5回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第5回

女の部分からは、フッと馨しい香りが漂ってくる。

牝の香りとでも言えばいいのであろうか。

リコッタチーズのような、少しツンとする匂いがするのであった。

「クンクン……、あぁ、美里さんのおま×こ、ホントにいい匂いがします」

「やぁん、ダメよ、そんなところの匂いを嗅いじゃ」

「ふぅ、ハァ、堪りません。おま×こってこんな匂いがするんですね」

アダルトビデオやエッチな本では、匂いまでは伝わらない。

だからこそ、初めて体感する性器の匂いに、ただただ感動するのであった。

「ちょっと、舐めてみますね」

「うん、舐めてみてぇ」

「んちゅ、じゅるる、じゅるん」

一馬は舌先を伸ばし、淫裂に押し当てていった。

「あぁ、一馬、舌先が当たって、気持ちいいのぉ」

「んじゅ、じゅるん、じゅじゅる。あぁ、美里さんのおま×こ、ホントに美味しいです」

「そんな、美味しいだなんて……。一馬ったら変態みたいじゃないの」

「変態でもいいですよ。はぁ、すごい……、エッチなお汁がどんどん出てきて。はぅ、興奮しちゃいます」

「はぁん、ンンッ……一馬、クリも、クリも舐めて欲しいのぉ」

「クリトリスですね。わかりました。今やってあげますからね」

そう言い、一馬は陰核に舌を沿わせていく。

そして、雌芯の突起をペロペロと舐め回していくのであった。

途端、美里のカラダがビクビクッと跳ねていく。

「きゃあ、ンンッ……あぁん、気持ちいい……。クリに舌が当たって、温かい……、おま×こがどんどん濡れちゃうのぉ」

「んちゅ、じゅるん、じゅぱん、じゅちゅ、ちゅちゅん」

激しく淫音を上げて、クリトリスを舐り回していく。

「あぁん、一馬、私、もうダメ……、イッちゃいそう」

「イキそうなんですか? わかりました、イッてもいいですよ」

「ふぅ、はぁん、ダメだったらぁ……、あぁん、おま×こ気持ちいい……、クリを弄られて感じてしまってるのぉ」

美里はガクガクとカラダを震わせていき、とうとう昇天を迎えてしまう。

カラダがビクンと蠢き、ピュッっと、淫蜜がふき出した。

どうやら、軽く潮吹きしたようであった。

「んんぁ、あぁ、ダメぇぇぇ、イクゥゥー」

美里はそのままぐったりとしてしまう。

それを見た一馬は、そっと美里を抱き締めて、唇を重ねていく。

「んちゅ、ちゅちゅ」

「あぁ、一馬、私イッてしまったわ」

「ン、そうみたいですね。よかったです。美里さんが気持ちよくなってくれて」

「私も気持ちよかったわ、ありがとう一馬」

「あの、その、もっと俺、気持ちよくなりたいです」

「そうね、このまま終われそうにないわ。私もカラダが火照って仕方ないもの」

「セックスしてもいいんですか?」

「えぇ、いいわよ、お互いにもっと気持ちよくなりましょう」

「はい! わかりました」

「フフ、やる気になったわね。そうしたら、早速しましょう」

美里は仰向けになって寝そべった。

そして、自身の足を抱えて、秘部を開帳していく。

「一馬、挿れる場所はわかるわよね?」

「はい、場所はわかっています。濡れたおま×こにち×ぽをズボズボすればいいんですよね?」

「そうよ。おま×こをおち×ぽで掻きまわすの、そうすると、すごく気持ちよくなれるのよ」

「俺、気持ちよくなりたいです」

「えぇ、なら、早く挿れて、私ももっと気持ちよくなりたいから」

「わかりました。やってみます」

ヌラヌラと光る膣口に、ペニスを押し当てる。

にちゅんと、淫蜜がペニスに付着して、ヌメヌメ感が襲っていく。

「あの、生ですけどいいんですか?」

「生でするのがセックスの基本よ。それに、今日は安全な日だから大丈夫。だから安心してね」

「はい、ありがとうございます」

一馬は膣内にイチモツを挿入していった。

ずぶずぶずぶ……。

体位は正常位。

ベーシックであり、基本的な体位である。

初心者である一馬には、うってつけの体位であった。

「うぉ、これがおま×この中……、すごく温かいんですね。それにヌルヌルしてます」

「はぁん、一馬が入ってきたのぉ……。どう? 気持ちいいでしょ? 私のおま×こ」

「はい、気持ちよすぎます。オナニーとは全然違いますね」

「フフ、そうかもしれないわね。おま×この中は体温があるから温かいし、それにヌルヌルして滑りがいいからね。でも、一馬、あんまり飛ばさないほうがいいわよ。直ぐにイッてしまったら楽しみも半減しちゃうからね」

「そうですね、丹念にじっくりとやっていきます。最初はゆったりペースの方がよさそうですね」

初めて感じる胎内の感触は、しっとりとしており、とにかく心地よいのであった。

「んぁ……、あぁん、おち×ぽ気持ちいい……、奥まで届くのぉ……」

「はぁ、美里さんのおま×この中、ヒダがあってち×ぽに絡みつきますね。これが名器ってやつなんですね」

「そうよ、じっくり堪能しなさい」

緩やかなペースで、抽送を続ける一馬。

確かにペースを上げてしまうと、たちまち、イッてしまいそうになる。

しかし、ペースを落として、突き続けると、何とか耐えられるレベルに落ち着いた。

ただ、あまりにゆっくり動いていると、動作がマンネリ化してしまうであろう。

「あぁん、一馬、浅く突く時と、深く突き時を交互に繰り返してみて」

「はい、わかりました。やってみますね……」

一馬はその言葉を胸に、浅く突いたり、深く突いたりを繰り返した。

こうすると、挿入にも変化が生まれて、心地いい感触が襲ってくる。

「あぁん、ハァハァ、気持ちいい……、奥を突かれる時最高よ……」

「奥がいいんですか? わかりました、なるべく奥を突きますから」

「はぁん、ンンッ……んあぁ、あぁん」

美里の淫声も艶っぽくなり、激しく乱れていくのであった。

「少しずつ、ペースを上げてもいいですか? あんまりゆっくりだと刺激が少なくて」

「わかったわ、いいわよ、自由に動きなさい」

「うぉぉ、ありがとうございます……」

一馬は抽送のリズムを押し上げていく。

にちゅん、くちゅん、と、女壺内を掻きまわす音が聞こえ、室内に染み渡っていく。

「うぁ……、あぁく、激しくなってきたのぉ、一馬ぁ、一馬ぁー」

「美里さん、あぁ、すごく気持ちいです。激しく動いたら、おま×こがキュキュっと締まりました」

「あぁん、ダメェ……、気持ちいいのぉ、激しくされるのも好きなのぉ」

やや素早いペースで抽送を続けていくと、鋭い射精感が襲ってくる。

しかし、まだまだイクわけにはいかない。

必死に下腹部に力を入れて、吐精感を抑え込んでいくのであった。

「ぁああぁん、んん、ンンッ……激しい……、一馬は、おち×ぽ激しいのぉ……」

「はふぅ、俺も気持ちいい、ち×ぽが蕩けそうになってしまいます……」

「ふぐぅ、あぁん、一馬、最高よ、初めてなのに、とっても上手なの」

「もしかすると、俺たちカラダの相性がいいのかもしれませんね。だから、お互いにこんなに気持ちよくなるのかもしれません。まぁ、俺は、美里さんが初めてですから、カラダの相性とか、よくわからないんですねど……、でも、相性とかってあると思うし」

「そうね、その通りよ。私もセックスでここまで気持ちよくなったのは初めてかもしれないわ。今までそれなりに性体験はあるけれど、こんなにゾクゾクしなかったわ」

「んぉおお。美里さん、はぁ、堪らないです、ホントに……」

「一馬、おっぱいも弄って、そこを揉み揉みしながら、おま×こ突ける?」

「大丈夫です。やってみます。こんな感じですか?」

その言葉を聞き、スッと手を伸ばして美里の乳房に触れていく。

たわわに実った美里のおっぱいは、どこまでも柔らかく、一馬を満足させていくのであった。

「おっぱい揉みながら、おま×こ突かれるとどんな感じですか? 気持ちいいんですか? 美里さん??」

「うぐぅ……、あぁん、気持ちいい。おっぱい揉まれながら、おま×こ突かれるの最高なのぉ……」

ビクビクとカラダを震わせて、美里は快感に身を捩らせていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました