連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第6回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第6回

「ハァ、ハア……、美里さん、セックスってこんなに気持ちいいんですね。ホント、感動的です」

「そうよ、これがセックスなの。男女の交わりなのよ。段々ペースが上がってきたわね。一馬、まだ大丈夫そう?」

「はい。一度イッていますから、まだ余力はあります」

「そう、それならよかったわ。この調子で突き続けてちょうだい」

「わかりました。俺、美里さんをどこまでも気持ちよくしてみせますから」

「フフ。嬉しいことを言ってくれるのね。ありがとう。一馬は初めてのセックスなのに、とっても上手よ。腰の動きが巧みね」

「ありがとうございます」

ペースを上げつつ、抽送を続けていく一馬。

膣ヒダをペニスが擦り上げていくと、それだけで、痛烈な快感が降り注いでくるのであった。

「美里さんのおま×こ、独特のヒダがあって、すごく気持ちいいんです。最高の気分ですよ」

「私も……、私も一馬に突かれると気持ちいい……、だから、もっとしていいのよ」

「はい、流石は名器って感じです」

「そうね。私のとっておきの、あそこを存分に味わいなさい」

一馬は必死になって抽送を続ける。

イチモツは熱くなっており、膣内で暴れ狂っていくのであった。

「一馬のおち×ぽ、なんだかどんどん大きくなっている気がするわ」

「それだけ美里さんのおま×この中が、気持ちいいんです。こんなに気持ちよくなったのは、もしかすると初めてなのかもしれないです」

「あぁん、うぅ、一馬……、クリも弄ってみて」

「クリトリスですか?」

「そう。おち×ぽ突きながら、クリトリスを弄って欲しいのぉ。そうすると、もっと気持ちよくなれるからぁ」

一馬は腰の動きを続けながら、手指を使って陰核を触り始めた。

ヒクヒクと震える雌芯に突くと、美里のカラダが、ビクンと跳ねていった。

「きゃぁー。あぁん、それ、いいの! すごく気持ちいい!!」

「クリを弄ると、おま×こがキュキュっと締まりましたね。ち×ぽが噛み千切られるみたいだ」

「はぐぅ……、うぐぅ、うぅ、あぁん」

「美里さん。ハァ……、ハァ……、おま×この中、ヌルヌルで、とにかく気持ちよくて仕方ありません」

「一馬、そろそろ体位を変えてみましょうか?」

「え? 体位ですか??」

「そう。ずっと正常位でもいいけど、変化を加えないとね。したい体位とかある?」

「えっと、そしたら後ろから挿れてみたいです」

「わかったわ、じゃあバックでしましょう。私も後ろから挿入されるの結構好きだから」

美里の言葉を聞き、一馬は一旦ペニスを引き抜いた。

ねっとりとした淫蜜に包まれた怒張は、キラキラと輝いて見える。

対する美里は、姿勢を起こして、四つん這いの姿勢を取っていく。

そして、お尻をツンと突き出して、フリフリと臀部を振って、一馬を誘惑していくのであった。

「あぁ、美里さん、後ろから見ると、すごく魅力的です。おま×こがヒクついて、それでヌラヌラと濡れていて、ホントに卑猥ですよ」

「ねぇ、早く挿れてぇ、もう我慢できないのぉ、後ろからズコバコ突いて欲しいのぉ」

「わかりました。今すぐ挿れますからね」

一馬は美里の臀部に手を置くと、淫裂に向かってペニスを突きたてていった。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むように、剛直が吸い込まれていく。

「うほぉ。後ろからだと、挿入の角度が変わるんですね」

「うん、それに、さっきよりも奥に届くでしょ?」

「はい、そんな感じがします」

「バックは意外と抜けやすいから、気をつけてするのよ。いいわね?」

「確かに気を緩めると抜けそうになってしまいますね。うぅ、気を引き締めます」

パンパンパンと、腰をリズミカルに降り、抽送を続けていく。

ずりゅ、めりゅ、めりゅちゅ……。

後背位での挿入は、正常位に比べると、幾分か深くなる。

ペニスが一層奥まで届き、美里を心地よくしていくのであった。

「あぁ、ンッ……なぁ、あぁん。おち×ぽが奥まで届くわぁ」

「美里さん、あぁ、俺も、気持ちいい……、何だか、無理矢理してるみたいな感じがします」

「そうね。バックってどこか動物の交尾みたいな感じがするから、無理矢理感が出るのかもしれないわ」

「美里さんみたいな、キレイなお姉さんを征服している感じがして、俺、興奮しちゃいます」

「そんな征服だなんて。でも、私も、犯される感じがするわ」

「俺は、美里さんを犯しているんです。んんぉ、ほぉ、堪りません」

一馬は後背位に慣れてきたのか、少しずつ動きが速まっていった。

ずんずんずん、勢いよく怒張を突き立てると、圧倒的な快感が襲ってくるのである。

「う、ぅぅうう、あぁん、あぁ、一馬ぁ……」

「はぐぅ、美里さん、おま×この締めつけがすごいです」

「はぁん、わざとじゃないの、あまりに気持ちよく過ぎて、自然とあそこが締まってしまうのぉ」

「美里さん、こんなポーズはどうですか?」

と、一馬は告げると、美里の片足を持ち上げ、斜め下から突き上げるように挿入を始めた。

「きゃぁ、何て格好させるの、恥ずかしいわ」

「恥ずかしいポーズの方が興奮するんじゃないですか?」

「そうかもしれないけど、これじゃまるで、ワンちゃんがおしっこしてるみたいじゃないの」

「だからいいんじゃないですか? 俺、少し変態的な体勢の方が興奮するんです」

「あぁん、あぐぅ、一馬ったら……、ホントにエッチなんだからぁ」

突き上げるように抽送を続けていくと、やがて、射精感が襲ってくる。

これまでずっと耐えていたが、あまり長いこと持ちそうにない。

同時に、美里も乳房をブルブルと震わせ、アクメを覚え始めていた。

「一馬……、私、イッちゃうかも……」

「え? イキそうなんですか? あの、俺もイキそうです」

「そう、そうしたら、一緒にイキましょう。二人で気持ちよくなるのよ」

「あの、中に出してもいいんですか?」

「もちろんいいわよ。セックスは中出しじゃないと、楽しめないじゃない。それに、する前にも言ったけれど、今日は安全な日だから大丈夫だと思うし……」

「うわぁ、ありがとうございます。そしたら、中にたくさん精子を出しますね」

「うん。たくさん出してぇ、ビュルビュルって精液をおま×こに注いでほしいのぉ」

「わかりました。うぉぉぉ……、ダメだ、俺、そろそろ限界です」

ずっと耐え忍んでいた一馬であったが、とうとう限界がやってくる。

ペニス全体が熱く反応していき、染み渡るように、オルガスムスが広がっていく。

対する美里も、ガクンとカラダを震わせて、快感を表現していく。

「きゃー。ダメ! 私もイク! イッちゃう!」

美里が劈くように叫んだ。

同時に、次の瞬間、一馬の中で牡の欲望が弾ける。

「美里さん! 出ます!! イキます!!」

「はぁん、来てぇ、たくさん精子を出して欲しいのぉ」

二人の声がシンクロし、とうとう激しく昇天を迎える。

ビュルビュル……ビュピョプ、ビュピョプ、ピュピュ、ドピョピュ……。

勢いよく白濁色の子種が放出される。

たちまち、胎内に精子が流れ込んでいくのであった。

「キャー、出てる! 精子が出てるのぉ……、はぁん、中出しされてる……、うぅ、中出しされるの気持ちいい、中出し最高なのぉ」

熱く滾るスペルマを膣内で感じていると、美里は女としての悦びを覚えていくのであった。

「美里さん、精子がどんどん出ていきます。もう、止まりません」

「出し尽くしなさい。私がすべてを受け止めてあげるから」

「うぅ、おま×こがキュッと締まって、精子が搾り取られます」

牡汁を一気に吐き出した一馬は、やがてぐったりとうなだれた。

そのまま崩れ落ちるように、美里に重なり合う。

「美里さん、すごく気持ちよかったです。最高のセックスでしたよ」

「私も、一馬とセックスできてよかったわ。こんなに気持ちよくなれたのは、久しぶり……、ううん、初めてかもしれないわ」

「そう言ってもらえると、俺も嬉しいです」

そう言い、一馬は、美里にキスの雨を降らした。

そして、官能的な交わりの余韻に浸りながら、美里をヒシッと抱きしめるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました