連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第8回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第8回

「ふぉ……、これがパイズリ……、何て気持ちいいんだ」

と、淡い快感を覚えながら、一馬はそんな風に呟いた。

それを見た美里は、たわわに実ったバストをフルに使って、イチモツを動かし続けるのである。

「一馬、おちん×ん、どんどん大きくなってるわよ」

「はい。それだけ気持ちいいんです。最高の気分ですよ」

「本当にあなたったらエッチなのね、こんなにおち×ぽ大きくしちゃって」

「はぐぅ……、うぅ。美里さん……、あぁ」

短い嗚咽が漏れていく。

それだけ、素晴らしい悦楽が襲っているのである。

「おち×ぽからエッチなお汁が出てきたわね。ホントに卑猥だわ」

「我慢汁です。あぁ、美里さんの胸にち×ぽが挟まれて……、うぐぅ……」

「パイズリしながら、おち×ぽ舐めてあげようか?」

「え? 舐めてくれるんですか? うぉぉ、嬉しいです」

「フフ、そんなに慌てないで、ちゃんとやってあげるから」

美里は一旦シャワーでペニスについた泡を流すと、キレイになった亀頭に向かって舌を押し当てていく。

「んちゅ、ちゅちゅん……。チュッ」

舌先が亀頭に当たり、気持ちいい感覚が広がっていく。

「うぉぉ、美里さん、すごい……、んん。あぁ」

「どう、一馬、気持ちいいでしょ?」

「はい、気持ちよすぎておかしくなりそうです」

せっせとパイズリを続ける美里を見ていると、どこか愛おしい気分が湧き上がってくるのだ。

亀頭の先端を舌で舐っていくと、カウパー腺液が舌先に付着し、僅かに苦みのある味わいが広がっていくのであった。

「んん、んちゅ、チュッ、ちゅぱん」

淫猥な音を鳴り響かせながら、パイズリを続けていく美里。

彼女もどんどん淫らな気分になっていくのであった。

「あぁ。美里さん、ホントすごい! うおぉぉぉぉおおお、もう堪りません」

「そうでしょ。もっと気持ちよくなってもいいのよ」

「うぐぅ、はい、ハァハァ、最高の気分ですよ」

「次はこんなのはどうかしら?」

そう言った美里は、カプッと肉竿を咥えこみ、しゅぼしゅぼと音を上げながら、フェラチオを開始した。

「んじゅ、じゅるん、じゅじゅる、じゅるるる」

「美里さんのフェラ、巧みすぎます」

「そう? そう言ってくれるとありがたいわね」

美里は、パイズリしながら、フェラを続けていたが、やがて、パイズリから、睾丸弄りに移行していく。

「美里さん、何を……?」

「タマタマを弄ってあげるの。おち×ぽとセットにすると、気持ちよくなるみたいだから」「ハァ、タマ弄りも最高です。美里さんのテクニック、素晴らしいですよ」

フェラチオと並行して、睾丸を揉みしだかれると、かなり痛烈な快感が襲ってくるのがわかった。

セックスはセックスで気持ちいいが、フェラチオや睾丸弄りも、また違った趣があるのだ。

「あぁ、美里さん、俺、このままだとイッてしまいます」

「一馬、イキそうなの?」

「もう少し持ちますけど、あんまり長くはもたないかもしれません」

「フフ、イキたくなったら、素直にイッていいからね。私が見届けてあげる」

「んんぉ、あぁ。美里さん、はぁ、堪りませんよ」

ゾクゾクとする悦楽が降り注ぎ、一馬を恍惚とさせていく。

こんなにも気持ちよくなってしまい、何だか罪深い気持ちになってくるのであった。

「一馬、私も変な気分になってきたわ」

「え? 変な気分ですか?」

「そう、エッチな気分になってるの」

「フェラしたり、パイズリしたりして、興奮してしまったんですね。でも、それって自然な変化だと思いますよ」

「おま×こも疼いて仕方ないの。トロトロに濡れているわ」

「美里さんのおま×こも見たいです。ヌレヌレになったあそこを弄りたい」

「フフ……、もう少し待ってね、まずはあなたを気持ちよくさせるから。その後は私を弄って」

「はい、わかりました」

美里は、イチモツを激しく吸引し、圧搾していく。

ペニス全体が搾り取られるような感覚になり、気持ちよさが広がっていくのであった。

「どう、これってバキュームフェラっていうのよ」

「うぉぉ、初めてです。吸い付かれると、ち×ぽが気持ちいいです」

「ウフ……、ホントに一馬ったら気持ちよさそうね。やりがいがあるわ」

「はぐぅ……、うぅ、美里さん、あぁ、美里さん」

一馬は激しく身悶え、快感を体いっぱいに表現していく。

ペニス全体が熱く反応し、もはや限界が近くなっていた。

「おち×ぽがビクビクしてきたわね。限界かしら? 一馬??」

その問いを受けて、一馬は答える。

「うぐ、ぁあぁあ。ダメだ、美里さん、そろそろ限界かもしれません。もう、我慢できない」

「わかったわ。そうしたら、イッていいからね。精子を出しなさい」

「美里さんの口の中に出したいんですけど、いいですか?」

「口の中ね……、もちろんいいわよ。たくさん精子を出して欲しいのぉ」

下半身にグッと力を入れていた一馬であったが、いよいよ限界は近い。

ビクビクとカラダが震えていくと、ペニスの奥の方からじんわりとした快感が広がってくる。

「美里さん! うぉぉ、ダメだ! もう出ます!! 精子出しますよ」

「もごぉ、ふぐぅ、来てぇ、一馬ぁ、精子をたくさん出しなさい」

次の瞬間、一馬は牡の欲望を一気に放出させた。

ビュルビュル……ビュピョプ……。ビュルビュルドピュ。

牡汁が美里の口腔内に広がっていく。

対する美里は、口を一杯に広げながら、吐き出されたスペルマを受け止めていくのであった。

「んごぉ、ほご、んんん」

「美里さん、精子が止まりません……。どんどん出てくる」

余程興奮していたのか、一馬の精液の量はかなり多かった。

対する美里は、ゴクリと咽頭を震わせて、精飲していくのであった。

「美里さん、精子を飲んでくれたんですか?」

「そうよ、そっちの方が嬉しいでしょ?」

「はい。嬉しいです、ありがとうございます」

一馬がそう言うと、美里は再びペニスを咥えこみ、キュウキュウと吸引を激しくしていくのであった。

そして、尿道に残った微かな精子を搾り取ると、ここでようやく濃密なフェラが終わりを告げた。

「美里さん、ありがとうございます。ホントに気持ちよかったです」

「私も色々できて楽しかったわ。だけど、これで終わりじゃないのよ」

「もちろんです。今度は、俺が美里さんを気持ちよくする番です」

「そうしたら、続きはベッドの上でしましょうか? お風呂の中だと、動きづらいし」

「そうですね。ベッドに行きましょう」

二人は浴室を出て、脱衣所でカラダを拭き合う。

そして、全裸のまま寝室に移動して、ベッドの上にごろりと横になった。

清潔な白いシーツは、パリッとしていて心地がいい。

「一馬、もう我慢できないの。おま×こが疼いちゃうわ」

「そうみたいですね。美里さんも興奮してるんですね」

「うん。興奮してる……。あぁ、ずっとこの時間を待っていたのかもしれない」

嬉しいことを言ってくれる。

一馬は心の底から嬉しくなった。

「美里さん、おま×こ見せてもらってもいいですか?」

「フフ、そんなに見たいの?」

「はい、見たいです。美里さんのおま×こ、ホントに卑猥なんです」

「わかったわ。今見せてあげるからね」

そう言い。美里は足を左右に広げると、くぱぁと淫裂が顔を出していくのであった。

女の部分はしとどに濡れており、キラキラと光り輝いているように見える。

対する一馬は、ゴクリと生唾を飲み込むと、しっとり濡れた秘唇に視線を注ぐのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました