連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第9回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第9回

ヴィーナスの丘には、フワフワと繁茂した恥毛が生え揃っている。

その奥を見ていくと、ヌレヌレになった、秘裂が見えてきて、一馬を興奮させるのであった。

「美里さんのおま×こ、濡れてますね」

「やぁ、そんな正直に言わないで……、恥ずかしいわ」

「でも、濡れるのは自然現象でしょう? 全然おかしくないですよ」

「んもうぅ、いいから早く弄って、あんまり見られてると、緊張しちゃうじゃないの……」

「わかりました。じゃあ早速弄りますからね」

そう言い、一馬はスッと人差し指を伸ばしていった

そして、そのまま女の部分に指を押し当てる。

そこはじんわりと熱を帯びており、さらに、たっぷりと淫蜜で満たされていた。

「んん、ぁぁん。一馬ぁ」

「美里さんのおま×こ、ホントに魅惑的です。濡れまくっていて、可愛いですね」

「それって褒めてるの? もしかして辱めてる?」

「そんなつもりじゃないですよ。もちろん、褒めてるに決まってるじゃないですか。俺に、もっと乱れた姿を見せてください」

「ン、なぁ、あぁん、一馬の指先、いやらしいわ」

「美里さんがエッチだから、自然と俺の指もこんな風になってしまうんです」

「んぐ、ハァ、ハァ、一馬ぁ……。ゾクゾクしちゃうわぁ」

「美里さん、触るほどに、エッチなお汁がたくさん出てきます」

「はぁん、ンンッ……んんぁ、あぁあああぁ。気持ちいい……、もっと、触って」

「美里さん、おま×こがヒクヒクと震えていて、ホントに可愛いですね。もっと、イタズラしたくなっちゃいます」

「ふぐぅ。あぁん、一馬ぁ、おま×この中にも指を挿れて、思い切り掻きまわして欲しいの」

「指を中に挿れて欲しんですね?」

「うん。してぇ、クリクリされるの好きだからぁ」

「わかりました。やってあげますよ。こんな感じですか?」

と、一馬は人差し指を淫裂に押し当てていく。

そして、そのままゆっくり膣内に指を挿れていった。

女壺内は、しっとりと濡れており、それが潤滑油となり、指がスムーズに動く。

ヌルヌルとした質感が素晴らしく、一馬も興奮していくのであった。

「美里さん、おま×こどんどん濡れますね」

「はぁ、やぁん、だってそんな風に弄られたら、濡れちゃうに決まってるでしょ」

「ヌレヌレになったおま×こも素敵です。それにおま×この中、温かくて、それでいて、指をキュキュッと搾り取られるみたいです」

「はぐぅ……、はぁ、一馬……、最高よ、あなたにおま×こを弄られると、嬉しい気分になるの」

「俺も嬉しいです。美里さんが気持ちよくなってくれて」

そう言うと、一馬は美里に顔を近づけていく。

お互いの吐息がかかるくらいに接近すると、一馬はそのまま唇を奪った。

んちゅ、ちゅちゅ、ちゅぱん……。

甘く蕩けるようなキスが展開される。

うっとりとした目つきをしながら、美里の頭がフワフワとし始めた。

「キスされながら、おま×こ弄られるのどうですか?」

「んんぁ、んちゅ、どうって、意地悪な質問しないでぇ」

「気持ちよくないんですか?」

「ううん、もちろん気持ちいいわよ。蕩けるような気分になってしまうわ。でもね、何だか恥ずかしいの。少女になったみたいで」

そんな初心な反応が愛らしく、一馬は自分の舌を強引に美里の口腔内にねじ込んでいく。

「んひ、んんぐ、あぁ」

お互いの唾液を激しく啜り合いながら、二人はディープなキスをしていき、恍惚とした表情を浮かべていく。

(一馬にキスされながら、おま×こ触られている……、あぁん、凄く気持ちいいのぉ)

「美里さん、おま×こがキュッと締まりました。指に吸い付く感じだ。キスすると、俺も凄く気持ちいいです」

一馬自身、美里とのキスが初めてである。

そんな初キスの相手の、何度も口づけをかわしていくと、それだけで、心地よくなってしまうのであった。

「んちゅ、んじゅる、じゅるん」

「美里さん、うぉぉ……、んぐ、んぎゅ」

キスを終えると、一馬は今度、陰核に照準を移していった。

「美里さん、クリトリスも弄ってあげますよ」

「いいけど、そこは敏感だから、優しく弄ってね」

「もちろんです。優しくしますから安心してください」

「んんぁ、あぁぁん、クリを弄られると、変になるのぉ、気持ちよくてぇ、はぁ、もっと、もっと弄ってぇ」

甘い声で囁くように告げる美里。

その声を聞きながら、一馬は陰核の包皮を剥き、白い豆のようなものを露出させていった。

雌芯はヒクヒクと震えており、小刻みに蠢いている。

その様子は、小さな生き物のようで、一馬を満足させていくのであった。

「ふぐぅ……、あぁん。クリちゃん、弄られるの気持ちいいのぉ……」

「クリトリスが、ぷっくり膨らんできました。ホントにエッチな光景です」

執拗に陰核を弄っていくと、美里のカラダがガクガクと震え始めた。

「ねぇ、一馬、何か出そう」

「え? 出るって何がですか?」

「わかんない、でも、おしっこ出そうなの」

「そのまま出してしまってもいいですよ」

「そんな、一旦やめて、おトイレに行かせて」

「ダメですよ。ここまで来て止められません。それに俺、美里さんのおしっこする姿がみたいです」

「バカなこと言っていないで、止めなさい。こら!」

しかし、一馬はやめなかった。

むしろ、もっと激しく陰核を弄り始めたのである。

これには、美里も堪らなくなる。

頬を上気させながら、熱い吐息を吐く。

「ンンッ……、ダメ! ダメだったらぁ、出ちゃう、出ちゃうのぉ……」

美里は叫んだ。

途端、陰部からピッピッと淫水が迸る。

「はぁ、美里さんがお漏らしてる。すごくエッチな光景です」

「いやぁぁぁ、見ないでぇぇぇー。恥ずかしすぎるわ」

「美里さん、これは潮吹きだと思いますよ。おしっこじゃありません」

「え? 潮吹き?」

「はい、経験ありませんか?」

「私はないわ」

「女の人の射精みたいなものですよ。気持ちよくなると、出るみたいですね」

「だけど、恥ずかしすぎるわ、こんなに濡らしてしまって」

「俺、嬉しいですよ、美里さんが気持ちよくなってくれて。おまけに潮吹きまでしてくれたんですから」

「一馬ったら、私を辱めて楽しんでいるのね? ホント酷いわ」

「そんなつもりじゃなかったんですけど、でも、気持ちよかったんですよね?」

「それはまぁそうだけど……、でも、この年になって、お漏らしみたいな真似をしてしまって……、ホントに恥ずかしいわ」

「恥ずかしがってる美里さんも素敵ですね。俺にだけ見せてくれる素顔って感じがします」

「こんな姿、誰にも見せられないわ」

「だけど俺には見せてくれましたよ」

「一馬……、あなただから特別よ」

「ありがとうございます。俺、美里さんと、こういう関係になれて嬉しいです。今までずっと憧れの存在でしたから」

「一馬……」

「美里さん、次はおま×こを舐めてあげますよ」

「え? 舐めるの?? ちょっとまって、今潮吹きっていうのをしたばかりだし、汚いわよ」

「美里さんのカラダに汚い場所なんてありませんよ」

「潮吹きってどんな味がするのか、見てみたいんです」

「はぁ、一馬……、そんな変態みたいな真似……」

「変態でも何でもいいですよ。とにかく舐めてあげますからね」

一馬はそう言うと、膣内から指を引き抜いた。

指先が淫蜜に満たされて、キラキラと輝いているように見える。

潮吹きしたばかりだから、陰部は大洪水と呼べるくらいに濡れまくっていた。

「美里さんのおま×こ舐めてあげますから」

「んんぁ、あぁん、あんまり辱めないで……」

一馬は顔を淫裂に近づけていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました