連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第11回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第11回

「美里さん、挿れてもいいですか? 早くち×ぽを挿れたいんです」

「わかってるわ。うん、挿れてちょうだい」

体位は正常位。

美里の足を抱えると、一馬はいきり立った怒張を、淫裂に押し当てていく。

そして、そのままゆっくりと貫いていくのであった。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むように、イチモツが胎内に吸い込まれていく。

「うほぉ、気持ちいい……、美里さん、最高の気分ですよ」

「私も、やっぱり一馬のおち×ぽっていいわぁ、おま×こがとっても気持ちよくなるのぉ」

「はい。この調子で突き続けますからね」

一定のリズムで、ペニスを突き続ける一馬。

膣内は独特のヒダがあって、それが剛直を包み込んでいくのであった。

「美里さんの中、ホントに素晴らしいです。オナニーとは全然違う……」

「それはそうよ、オナニーと比べちゃダメよ。セックスの方が気持ちいいに決まっているでしょ」

「はぅ、ち×ぽが蕩けそうだ。こんなの味わっちゃうと、もう元に戻れない気がする」

「エッチしたくなったら、私がいつでも相手になってあげるからね」

「え。いいんですか?」

「もちろんよ。私も一馬のおち×ぽで突かれるが好きだから。それにもっと気持ちよくなりたいの。ねぇ、一馬は私とエッチするのが好き?」

「大好きです。美里さん、魅力的だから」

「それはよかったわ。そしたら、このまま関係を続けましょう」

美里とずっと一緒にいられる。

それは、一馬を大きく悦ばせた。

憧れの存在である美里に気にいられた。

その事実が堪らなく嬉しかったのである。

「確か、美里さんは奥が好きなんですよね?」

「よく覚えていたわね。そうよ、おま×この奥をズボズボされるの好きなのぉ、ホントに気持ちよくなっちゃうからぁ」

「ハァハァ……、俺も気持ちいい……、ち×ぽがどんどん熱くなっていきます」

「うん、それに大きくなってるわね。私のおま×この中で、ムクムクってなってるわよ」

「はい、それだけ興奮してるんです」

一馬は、奥深くまで挿入し、膣内の感触を味わった後、ゆっくりとイチモツを引き抜いていく。

ヌルヌルになった淫裂は、スムーズにペニスを動かしていくのであった。

「はぁん、一馬、おち×ぽ深いのぉ」

「少し変化を加えてみます」

一馬は、同じリズムで突き続けるのではなく、浅く突いたり、深く突いたりを繰り返し、動きが単調にならないように工夫していく。

これが功を奏し、美里も心地よくなっていくのであった。

遥か年下の一馬のペニスで突かれている。

何というか、不思議な気分になるのだ。

少し前なら、こんな関係になると思っていなかっただろう。

しかし、一馬の気持ちを知り、美里も少しずつ彼に惹かれ始めていた。

いや、惹かれすぎて取り込まれていると言っても過言ではないだろう。

「一馬ぁ、それいい、気持ちいいのぉ……。浅く突いて、ググっと最後に深く突かれるの最高ぉ!」

「そうですか? 色々工夫してみたんですけど、気持ちいいみたいでよかったです」

「はぁん、うぐぅ。きゃぁん。おま×こが悦んでる……、あぁん」

「おま×こがキュキュッと締まります。ち×ぽが絡みつかれるみたいだ」

淫裂がキュッと締まり、ペニスを甘締めしていく。

その時の悦楽は、耐えがたいほどであり、一馬をより一層恍惚とさせていくのであった。

「うぉぉ……、美里さん、最高です……、美里さんのおま×こ堪りません」

「私も……、すごくいい感じよ」

続けて、一馬は美里の足を大きく持ち上げた。

そして、垂直の持ち上げると、その状態で抽送を続けていったのである。

よく、アダルトビデオなどで見る体位であり、一度試してみたいと思っていたのだ。

「きゃあ、一馬何をするの……」

「この体位、どうですか?」

「どうって、そんな……」

「足を高く上げると、おま×この形が変わるみたいで、締め付けに変化が出ましたよ」

「わかんない。でも、自然とおま×こが締まっちゃうのかもしれないわ。それに足を上げるのってなんだか恥ずかしい……。結合部分がくっきり見えちゃうわ」

「それがいいんじゃないですか。それに、足を上げると、ち×ぽが奥まで入るような気がします」

「確かにそうかもしれない。さっきよりも、挿入が深くなったような気がするわ」

「そうでしょ? これでもっと気持ちよくなれるはずですよ」

そう言うと、一馬は更なる行動に出た。

なんと、持ち上げた足をなでなでを触りながら、舌先で足の甲を舐めていったのである。

「こ、コラ。何をしているの一馬……」

「美里さんの足、舐めたいんです」

「そんな、舐めるなんて。止めなさい」

「ここで止めたら、同時にち×ぽでおま×こを突くのもやめてしまいますよ。それでもいいんですか?」

「そ、それは……。ダメ! おま×こは突き続けてほしいわ」

「俺、美里さんの足って凄く魅力的だなって思っていたんです。だから、もっと触らせてください」

「きゃぁ……、あぁん」

調子づいた一馬は舌先をレロっと伸ばし、足の甲をペロペロと舐め始めた。

くすぐったい感覚が、足を通して全身に広がっていく。

ただ、決して嫌ではなかった。

むしろ逆にもっとしてほしい……。

そんな風に美里は感じていたのであった。

「一馬……、何だか変な気分になっちゃうわ」

「変な気分ですか?」

「そう、足を舐められて、何か興奮してるの……、ゾクゾクしちゃう……」

「もっと興奮してください。俺、美里さんが興奮してくれると、嬉しいです」

「一馬は? 一馬はどうなの??」

「俺ですか? 俺も興奮してますよ。それに、美里さんの足ってとっても美味しんです……」

「そんな美味しいだなんて。ホント変態じゃないの」

「変態でもいいです。自分の欲望に忠実にいきますよ」

「はぁん、あぁん、おま×この方も忘れないでね。足ばっかりじゃイヤよ」

「もちろんです。おま×こもしっかり突きますから」

足舐めをやめた一馬は、垂直に持ち上げていた足を左右に開いた。

そして、結合部分を丸見えにさせた。

「あぁ、恥ずかしい。おま×こ丸見えになっちゃう」

「足を開いた光景って魅力的ですね。どんどん興奮しちゃいます」

「はぁ、んんぁ、あぁん」

「美里さん、キスもしてあげます……」

一馬は姿勢を前傾にさせると、美里に覆い被さっていく。

変則的な正常位であるが、対面式の体位である。

そのため、挿入しながらキスをも可能なのだ。

これが、正常位のいいところであろう。

「んちゅ、ちゅぱん」

唇を押しつけ、一馬は吸い付くように接吻を続けていく。

甘く切ないキスが展開され、美里の頭はフワフワとしていった。

「んちゅ、んんぁ、一馬ぁ、キスされるの好きなのぉ……」

「俺も好きです……、本気のセックスをしているような感じになります」

「はぁはぁ、一馬のキス、濃厚なのぉ……」

「んじゅる、じゅるん」

やがて、一馬は口腔に舌をねじ込んでいった。

ディープなキスが生み出され、美里もゾクゾクしてしまうのであった。

「美里さん……、んじゅる、じゅるん。ちゅぱ」

「はぁん、一馬ぁ……、んじゅ、ちゅるん」

「美里さんの唾液ってとっても甘いんです」

「そんな唾液だなんて……、恥ずかしいわ……、んじゅん、ちゅぱん」

美里のねっとりとした唾液を啜っていくと、それだけで心地よくなってしまう。

挿入を続けながらキスをすると、快感のレベルも何段階も上がっていくのであった。

「んぁ、あぁん、一馬ぁ……、一馬ぁ……」

「美里さん、んじゅる、ちゅぱん、じゅるん」

必死になって二人はお互いの唾液を啜り合っていく。

こってりと濃厚なキスは、二人のセックスをより一層情熱的にさせていくのであった。

「んぁ……、一馬ぁ……、キスされながら、おま×こ突かれるの気持ちいいぉぉ」

「俺も、気持ちいいです……、おま×こヌルヌルで、ち×ぽがスムーズに動きます。美里さんのおま×こホントに最高です」

獣のような形でセックスを味わっていく。

キスの雨を降らせた一馬は、やがて姿勢を起こして次なるステップに進む。

「美里さん、クリも弄ってあげますよ……」

「え? クリを……、そこは敏感だから、優しくしてぇ」

「ち×ぽ入れられながら、クリを弄られるとどうなるんですかね?」

「わかんない……、気持ちよくておかしくなっちゃうかもぉ……」

美里の淫声を聞きながら、一馬は陰核に照準を移していくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました