連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第12回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第12回

「クリトリス、何だか膨らんできましたね。それに、ヒクヒクしてます」

「うぅん、だってぇ、感じちゃうんだもん……、クリも、おち×ぽと一緒で、感じると大きくなるのよ」

「そうみたいですね」

美里の魅惑的な姿を見ていると、一馬は男の悦びを感じていく。

「ねぇ、一馬、そろそろ体位を変えてみない?」

「? え、体位を変えるんですか?」

「そう、今度は私が主体で動いてみたいんだけど」

「美里さんが主体になるんですか?」

「そう。例えば騎乗位とか?」

「騎乗位、ううぅ、してみたいです」

「でしょう。なら、してあげるわよ。さぁ、今度は一馬が横になって」

「わかりました」

一馬は一旦ペニスを引き抜いた。

すると、トロリと陰部から淫蜜が流れ出す。

「美里さんのおま×こ、トロトロになってますね」

「うん、それだけ感じてるのよ」

「美里さんは騎乗位とか経験あるんですか?」

「若い時に少しね。だから、上手くできるか自信ないけど。でも、いつも一馬にばかりやってもらっていると、申し訳ないし、私も自由に動いてみたいわ」

「俺の正常位のセックス、気持ちよくなかったですか?」

「ううん、そうじゃないの。ただ、たまには私から誘ってみたなって思って。ほら、やるわよ」

一馬は仰向けに寝そべった。

それを見た美里は、ペニスを手指で支えると、ゆっくりと腰を落としていく。

にゅる、ずるびゅ、ぶぶぶ……。

静かに剛直が、膣内に吸い込まれていく。

「はぁ、入ってきたぁ」

「はい、美里さんのおま×この中、ホントに気持ちいいです……」

「少しずつ動くからね」

そう言い、美里はゆったりとしたペースで腰を動かし始めた。

「美里さん、騎乗位って奥まで届くんですね?」

「うん、挿入が深くなる体位だからね……、どう? 一馬、どんな感じ?」

「う~ん、結構独特の感じですかね……、感動するくらい気持ちいいです」

「フフ……、一馬ったら正直ね。素直な子は好きよ。もっと気持ちよくしてあげるからね」

美里はペニスを包み込み、腰を動かしてくのであった。

「一馬、私の腰の動きに合わせて、おち×ぽを突き上げて」

「はい。やってみます」

「そう、その調子……、あぁん、それ、すごくいいのぉ……」

美里の腰を動きに合わせて、一馬は肉竿を突き上げていく。

「ふ、ふぉ、あぁ、気持ちいい……、美里さん最高ですよ」

正常位には、正常位の素晴らしさがあったが、騎乗位は騎乗位で気持ちいい……。

初めて感じる体位に、一馬は感動的な気分になっていくのであった。

美里は姿勢をやや前傾にさせて、一馬に覆い被さるような姿勢を取った。

すると、密着騎乗位のような形になる。

お互いのカラダがくっついて、より濃密なセックスができるようになった。

「んんぁ、あぁん、一馬ぁ、いいのぉ、おま×こ気持ちいい……」

「俺もです。ち×ぽがおかしくなりそうだ。美里さん……、はぁ、おま×こがグチュグチュで、とにかく最高なんです」

「ん、んぁ、はぁん、おち×ぽが奥まで刺さって、はぁ、騎乗位って癖になるかもぉ」

「はい、この体位は密着できるからいいですね。俺も気に入りました」

「ねぇ、一馬おっぱい揉んでほしいのぉ」

「おっぱいですか。わかりました。揉んであげますよ」

一馬の言葉を聞いた美里は、姿勢を持ち上げた。

すると、プルプルと乳房が震え、かなり魅惑的な姿が広がっていく。

「美里さんのおっぱい、ホント柔らかいですね」

下から手を伸ばし、一馬は美沙のバストを揉みしだいていく。

「んんぁ、はぁん、一馬におっぱい揉まれている……、うぅぅん」

「美里さん、気持ちいいですか? 乳首がビンビンになってますよ」

「あぁ、あぁん、気持ちいいわ……、だから乳首が自然と立っちゃうのぉ……はぁん、くぅん」

美里の淫声も徐々に艶を帯びていく。

同時に、こんな声を聞いてしまうと、一馬も満足感に包まれるのであった。

「美里さん、乳首も弄ってあげますよ」

「きゃぁ、乳首? そんな、そこは敏感になってるからぁ」

「敏感になっている乳首、コリコリしちゃいます」

胸の蕾を指で摘まみ、そこをクニクニと刺激していく。

すると、美里のカラダがビビッと反応していくのであった。

「美里さん、乳首を弄ったら、おま×この締めつけが強くなった気がします。

「うん、感じちゃうと、おま×こに力が入っちゃうのぉ、だから、あそこがキュンって締まっちゃうのよぉ」

「そうだったんですか? 胸とおま×こってつながってるみたいですね。う~ん、人体の神秘だなぁ……」

「一馬、今度はこんな体位はどうかしら?」

続けて、美里は姿勢を後方に倒していく。

膝を立てて、ペニスが抜けないように注意を払う。

姿勢を後方に倒したことで、挿入の角度が変わっていく。

同時に、挿入の深さはやや浅くなったが、ペニス全体が膣ヒダに包まれて、かなり気持ちよくなるのであった。

「あぁ、美里さん、この姿勢も気持ちいです」

「うん、私も……、これは初めてするわ。なかなかいいわね」

「はい。俺もち×ぽを動かしますから」

一馬はズンズンとペニスを突き上げ、美里を心地よくさせていく。

じゅる、めりゅ、めちゅっ!

淫猥な音がこだまし、二人の間に染み渡っていく。

「ハァハァ、一馬ぁ、ホントに気持ちいいのぉ、一馬のおち×ぽ癖になりそう」

「俺も美里さんのおま×この虜ですよ。俺たち、きっとカラダの相性がいいのかもしれませんね」

「はぁん、そうかもしれない、私ね、今まで結構セックスしてきたけど、一番気持ちいい感じがするもの」

「そう言ってもらえると嬉しいです。俺、感動しちゃいます」

「はぐぅ……、一馬ぁ、おま×こがビクビクしちゃって、おかしくなりそう。はぁん、あぁぁ」

「美里さん、俺、そろそろイキそうです。精子を出したい!」

「はぁん、私も、私もイッちゃいそう……。一馬一緒にイキましょ!」

「はい、一緒にイキたいです」

その言葉を胸に、一馬は必死に抽送を続けた。

最後の力を振り絞ってピストン運動を続けていくと、圧倒的な快感が降り注いでくるのであった。

「んぁ、ぁあぁ、ダメ……、一馬、私、もうダメェ」

「俺も、イキそうです。あの中に出してもいいんですよね?」

「もちろんよ。私ね、中出しされるの好きなの。お腹の中が熱くなるっていうか、ホントに感じちゃうのよ」

「わかりました。ではたくさん出しますからね」

一馬のペニスも限界を迎えた。

鋭い射精感が襲ってくると、そのままオルガスムスに包まれていく。

「んんぉ、ダメだ! 美里さん!! 出ます、精子出します」

「うん、きてぇー、一馬ぁ……」

二人の声が重なった瞬間。激しい精の暴発があった。

ビュルビュル……ビュピョプ。

白濁色の子種が、美里の胎内に流れ込む。「あぁん、出てる、精子が出てるのぉ、ビュルビュルされて気持ちいいぉぉ、癖になっちゃうぅ」

「はぁ、戦士がどんどん出ていきます」

たっぷりと牡汁を放った一馬は、身も心も満足していった。

同時に、美里はゆっくり腰を上げる。

すると、ゴポリと、精子が流れ出し、まず間の腹部に零れ出すのであった。

「あぁんもったいない」

美里は、カプッとペニスを咥えこむと、お掃除フェラを開始する。

激しく吸引し、肉竿に残ったスペルマが、最後の一滴まで搾り取られる。

「美里さん凄く気持ちよかったです」

「私もよ……、一馬ありがとう」

「はい!」

二人は抱き合い、甘く切ない口づけを重ねるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました