連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第14回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第14回

「ふぅ、はぁん、クリ、気持ちいい……」

「クリトリス飛び出してきましたね。小さくて可愛いです」

美里の淫らな痴態を、興味深そうに見つめる一馬。

こんなにもキレイな女性が、乱れている姿を見て、興奮しないわけがない。

彼のイチモツも、ズボンの中でいきり立っているのであった。

「美里さん、ここを見てください」

と、一馬は自分の股間を指さして言った。

そこはこんもりと膨らみ、既に激しく勃起しているのがわかる。

「そんなにおち×ぽ大きくしちゃって……」

「俺もオナニーしてもいいですか? 美里さんの姿を見ていたら、興奮しちゃって……」

「わかったわ。じゃあ一緒しましょう」

「はい!」

そう言うと、一馬は穿いているズボンを下ろし、ペニスを解放する。

ブルンと反り返るイチモツは、下腹部にぶち当たる勢いであった。

「一馬のおち×ぽ、すごく大きくなってるわね」

「はい。それだけ美里さんが魅力的なんですよ」

「二人で会社でオナニーするなんて、本当に卑猥だわ」

「いいじゃないですか? たまにはこういうプレイも興奮するんじゃないですか?」

「うん、そうかもしれない……。私のおま×こもこんなに濡れてしまって……」

淫部は、愛蜜で満たされて、大洪水になっている。

にちゃにちゃと淫猥な水音が鳴り響き、それが室内にしみ渡っていく。

一馬は、剛直を握りしめると、せっせと上下に扱き始める。

「はぁ、美里さん、気持ちいいです……、美里さんのエッチな姿を見ながらするオナニーは格別です」

「ぁん、私も、一馬の大きくなっておち×ぽ見て興奮してるのぉ」

美里は執拗にクリトリスを弄っていく。

ぷっくりと膨らんだ雌芯は、弄るほどに快感を増していき、うっすらと充血していく。

白かった女豆は、仄かにピンク色になり、キレイな色合いをしている。

「美里さん、どうです? オナニー気持ちいいですか?」

「はぁん、そう。癖になっちゃいそう……。もう指が止まらないのぉ」

「俺も止まりません。とにかく気持ちいいですよ」

「んんぁ、あぁん、オナニー気持ちいい……、ぁは、ぁはぁ」

美里の口から淫声が漏れ始める。

その声は艶を帯びており、一馬を興奮の渦に巻き込んでいくのであった。

「あぁん、んんぁ、一馬……、私、イッちゃうかもぉ」

「美里さん、イキそうなんですか?」

「うん。イキたい! それだけ気持ちよくなってるのぉ……」

「なら、イッてもいいですよ。オナニーしてイッてしまう美里さんの姿がみたいです」

「はぁ、はぁ、ダメ……、気持ちよすぎて……、んぁ、イク……、イッちゃうのぉ」

途端、美里のカラダがガクガクと震え始める。

圧倒的なオルガスムスが襲ってきて、性器を通じて全身が心地よくなっていく。

「きゃー、ダメ! 一馬、イッちゃう。もうダメなのぉー」

「イッてもいいですよ。激しくイッてください」

美里は、著しくカラダをガクンとさせると、ビクビクと小刻みに痙攣し始めた。

あまりの快感で腰が抜けそうになってしまう。

「美里さん、イッたんですか?」

「うん、そうみたい。すごく気持ちよくて、頭がフワフワとしてしまうわ」

「それはよかったです……。美里さんが気持ちよくなってくれて、俺も嬉しいですよ」

「ごめんなさいね、私ばかり気持ちよくなってしまって」

「いえ、それは大丈夫です……。あの美里さん、俺のち×ぽを弄ってもらえませんか? オナニーもいいんですけど、やっぱり美里さんに手ほどきされるのが一番いいんです」

「フフ……、そう、そこまで言うのならやってあげるわ。どうして欲しいの?」

「えっと、ち×ぽを扱いて欲しいです」

「扱けばいいのね。やってあげるからこっちへいらっしゃい」

「はい」

一馬は美里の前まで歩みを進める。

すると、美里はその前に跪いた。

一馬が仁王立ちになり、その下に美里がいるという構図である。

「すごく大きくなってるわね……、一馬のおち×ぽ……」

「はい、美里さんのオナニー、破壊力がすさまじいいんです」

「そんなに私のオナニーを見て興奮してしまったのね。一馬ったらホントにエッチよ」

「美里さん、早く扱いてください。俺、我慢できないです」

「わかったから落ち着きなさい。今からしてあげるから……」

美里は熱くなった剛直を握りしめる

牡の象徴は小刻みに震えており、火傷するくらいに熱くなっている。

「こんなに大きくしちゃって、いけないおち×ぽね。いま弄ってあげるから」

そう言った美里は、ペニスをシコシコと上下に動かし始めた。

女性の柔らかい指先で握られると、それだけで心地よくなってしまう。

一馬の手先は、どちらかというとゴツゴツしているから、新鮮な刺激だったのである。

「美里さん手、柔らかいです」

「そう? ありがとう」

「繊細な手でシコシコされると、ホント最高ですよ」

「そうみたいね。ちょっと触っただけなのに、ビクンって反応したわ」

「美里さん。あぁ、堪らない……」

美里は必死に怒張を扱いていき、一馬を満足させていく。

やはり、人に扱かれるのは、マスターベーションとは違った感覚が広がる。

ゾクゾクとした悦楽を覚えながら、一馬は優越感に浸るのであった。

「一馬、おち×ぽの先からエッチなお汁がたくさん出てきたわよ」

「はい、我慢汁です。それだけ気持ちいいんですよ」

「こんなにたくさん……、まったく、ホントにエッチなんだから」

一定のリズムで肉棒を扱いていくと、美里も変な気分になっていく。

先ほどオナニーをして、興奮が高まっていたと思ったが、こうして一馬のペニスを扱いてくと、また違った感覚が広がっていくのであった。

「一馬、私、また興奮してる……。おま×こが濡れてるわ」

「俺の息子を弄って、おま×こがまた濡れちゃったんですね。そうだ美里さん。俺のち×ぽを弄りながら、自分のあそこを弄ってみてくれませんか?」

「え? そんな、卑猥すぎない? まるで変態だわ」

「変態でもいいじゃないですか? 美里さんだって、もっと気持ちよくなりたいでしょ?」

「まぁ、そうだけど……」

「とにかくやってみてください」

「あぁん、仕方ないわね、やってあげる。イッたばかりの敏感なおま×こをもう一度刺激するのってなんだか新鮮だわ」

美里は右手で一馬の男根を扱き、空いた左手で、性器を弄り始めた。

「美里さん、おま×こどうなってます? ヌレヌレですか?」

「はぁん、うぅ……、濡れてる……、さっきイッたばかりなのに、またこんなに濡れてしまっているのぉ。それにイッたばかりだから、少し触れるだけでビクビクしちゃうのぉ……」

「ふぉ、ぉぉ、美里さん。ホント気持ちいいです」

「ねぇ、一馬、おち×ぽ舐めてもいいかしら? 何だか舐めたくなっちゃったの」

「もちろんいいですよ。フェラして下さい。ただ、自分のあそこを弄るのをやめちゃダメでしょ」

「はぁん、自分でオナニーしながら、フェラしちゃう? あぁ、んあぁ、興奮しちゃうの?」

美里はしゃがみ込みながら足を広げていく。

そして、その姿勢のまま、ペニスを口に含み、さらに自分の秘裂を弄り始めた。

「んちゅ……、んぁ、んぐ、とってもエッチな匂いがするわぁ」

「今日は洗っていないですからね、匂いが強烈かもしれません」

「この匂い堪らないのぉ……。興奮しちゃうわぁ」

牡の象徴に顔を近づけると、ツンと馨しい香りが漂ってくる。

栗の花のような、独特な香りが広がっていくのであった。

「んじゅ、じゅるん……、じょぼぼ。じゅるぼ」

激しい淫音を上げながら、フェラチオを続けていく美里。

彼女の興奮も高まっていき、淫らな気分に包まれていくのであった。

「美里さん、あぁ、すごく気持ちいいです……、ゾクゾクしちゃいます……」

「一馬のおち×ぽ、どんどん大きくなって……、口に含むのが大変よ」

「ハァ、ハァ、美里さんがオナニーしながら、フェラしてる……、はぐぅ、なんて興奮する光景なんだろう……」

「ふぁ、んじゅる、じゅるん……」

一馬は徐々に射精感を覚えながら悦楽に身を捩らせるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました