古き良きAV女優 第96回『竹下ゆかり』

古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第96回『竹下ゆかり』

画像引用元:https://image.middle-edge.jp/

 

今回は、1980年代の後半に活躍したAV女優をご紹介!

その名は――。

 

「竹下ゆかり」

 

です。

 

竹下ゆかりは、初めて商品パッケージに名前を刻んだAV女優になります。

アダルトビデオ黎明期の女優ですが、かなり人気のあったAV女優でした。

 

本記事では、そんな伝説的なAV女優「竹下ゆかり」にスポットを当てていきます。

詳しい背景を紹介しつつ、オススメの作品をまとめていくので確認しましょう。

 

一体、竹下ゆかりとはどんなAV女優だったのでしょうか?

それでは、早速見ていきましょう。

 

□キカタンで活躍!「竹下ゆかり」ってどんなAV女優?

 

竹下ゆかり(たけしたゆかり)は、1965年2月1日生まれの元AV女優です。

詳しいデータは次のとおり――。

 

  • 出身地:沖縄県石垣島
  • 血液型:A型
  • 身長:154㎝
  • スリーサイズ:B80-W57-H84

 

竹下ゆかりは18歳の時に沖縄県を出て上京されます。

そして、歌舞伎町にある風俗店で働き始めるようになるのです。

 

同時、この風俗店勤務が、1つの転機になりました。

当時はまだまだアダルトビデオはかなり珍しい存在。

そんな中、性風俗を扱った企画モノのAV作品を出したいという話が出たのです。

 

それが、「ビデオスキャンダル」という作品。

このシリーズはかなり人気を博し、当時のAV業界を牽引していきました。

この時代は、企画モノのAV作品はかなり数が少なく、貴重な存在だったのです。

 

同時に、その作品に出演したのが、竹下ゆかりになります。

また、この作品がかなり好調であり、竹下ゆかりの演技に目をつけたAV監督が、改めて、彼女をスカウト。

 

AV女優「竹下ゆかり」が生まれました。

竹下ゆかりは、単独のAV作品で本格的なデビューをするのです。

 

本格的なデビューは1984年。

 

『私を女優にしてください。「何でもやります。」』

 

という作品に出演するのです。

 

この作品は、大ヒットを飛ばし、一躍、竹下ゆかりは人気のAV女優に駆け上がります。

 

元々、竹下ゆかりはアイドルのようなルックスでありながらスタイルもよかったので、人気になる土壌はあったのです。

 

また、竹下ゆかりはAV業界に「単体作品」という新しいジャンルを吹き込みます。

さらに、活躍の場はどんどん広がっていきます。

 

当時のAV女優はかなり裏方の存在であり、テレビなどには出演しませんでした。

そんな中、竹下ゆかりはテレビ出演を果たして人気を集めるのです。

 

1988年には、ストリッパーを始めて、全国各地を巡業していきます。

但し、1990年代には入ると、少しずつAV作品が少なくなり、そのまま業界からフェードアウトしていくのです。

 

竹下ゆかりは結局1992年まで活動します。

その中で数多くの賞を受賞していくのです。

例えば――。

 

  • 月刊のAV専門誌『オレンジ通信』で行なわれた読者人気投票 1位
  • V作品を専門に扱う『Vide pal』の読者選考 1位
  • 1985年度 『VIDEO PRESS』の第5回ビデオクイーン 大賞

 

など、輝かしい実績を残しました。

ただ、竹下ゆかりには逸話が残っています。

 

それは――

 

「撮影では本番行為は行われていない」

 

ということです。

 

竹下ゆかりの時代のAV作品は、疑似本番が定番でした。

これは、竹下ゆかりが1986年に発売の「オレンジ通信」で告白しています。

 

しっかりしたプロ意識があったからこそ、このようにガードが固かったのかもしれません。

 

そんな竹下ゆかりですが、オススメの作品はあるのでしょうか?

次項以降詳しく解説していきます。

 

□竹下ゆかり 電気ショックで本番!

 

竹下ゆかりはかなり古いAV女優なので、過去の作品はほとんど見られません。

ただ、FANZAなどの動画サイトでは、過去に出演した成人映画がいくつか視聴できます。

その中から、オススメの作品を厳選してまとめていきます。

 

まずはご紹介するのは――。

 

「竹下ゆかり 電気ショックで本番」

 

という作品です。

コチラは新東宝という映画会社が制作しました。

 

カラダ中の性感帯のツボに電流を流すという少し変わった趣向の作品です。

あまりの快感で、昇天しています竹下ゆかりは、そのまま本番してしまうのでした。

 

【良い点】

 

  • 露出度は高め
  • 特殊なストーリーで興奮できる

 

【悪い点】

 

  • 古い作品なので画質は粗い……

 

この作品を購入した方の生の声を見ていきましょう。

 

露出度は高いが、それにしてもメリハリに乏しい作品。

不感症に対して電気&針治療をして旦那と円満というストーリー的には見るべきところがない。

治療と称してのヤラレが中盤にあれば面白みが増すのだが。

 

コチラの作品はココで購入できます↓
竹下ゆかり 電気ショックで本番

□竹下ゆかり以外にもたくさんの女優が堪能できる

 

続けて紹介するのは――。

 

「先生、私の体に火をつけないで」

 

という作品です。

 

コチラは、竹下ゆかりの単体作品ではないのですが、彼女の色気を感じられる成人映画になっています。

 

にっかつロマンポルノという、有名な成人映画のメーカーが制作しているので安定感があるのです。

 

ドラマ仕立てになっており、若き日の竹下ゆかりが堪能できます。

 

【良い点】

 

  • 竹下ゆかりの可愛い姿が堪能できる
  • ストーリーがしっかりしているので見応えがある

 

【悪い点】

 

  • 竹下ゆかりの単体作品ではありません

 

この作品を購入した方の生の声を見ていきましょう。

 

東千恵ちゃんファンの方には申し訳ございませんが、竹下ゆかりちゃんがかわいいです。

東千恵ちゃんも、もちろんかわいいですが、竹下ゆかりちゃんのかわいさは群を抜いています。

ストーリーもそれなりに見ごたえがあり、全編、飽きがありません。

 

コチラの作品はココで購入できます↓
先生、私の体に火をつけないで

□1980年代の人気女優「竹下ゆかり」を堪能しましょう

 

いかがだったでしょうか?

今回は、1980年代に活躍したAV女優「竹下ゆかり」を紹介しました。

 

単体女優の宗祖として活躍された竹下ゆかりは、伝説的な作品をたくさん残してくれました。

今でも見られる作品が多々あるので気になる方は見てみましょう。

 

本記事では、竹下ゆかりの詳しい背景を紹介しつつ、オススメの作品をまとめました。

まさに古き良きAV女優の1人とも言える竹下ゆかりを堪能してくださいね。

 

それでは次回の古き良きAV女優でお会いしましょう。ではでは……。


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました