連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第15回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第15回

「はぐぅ……、美里さん、俺も、イキたくなってきました」

「ふぉ。そう、それならイッてもいいわよ。好きな時にイキなさい」

「はい! ありがとうございます」

吐精感が強くなり、耐えるのがしんどくなっていく。

このまま果てたい!

そんな風に思いを馳せながら、一馬はグッと下半身に力を入れていくのであった。

「ぁあ、美里さん、もうダメだ! イク! イキたいです!!」

「出してぇ、私のお口の中に出して欲しいのぉ」

「うぉぉ、出る! 精子出ます……」

次の瞬間、激しい精の高まりが感じられた。

鋭いオルガスムスに包まれて、とうとう一馬は精を放つ。

ビュルビュルドピュ……。

勢いよく子種が放出されていく。

「うおぉぉ、気持ちいい……、精子がどんどん出てくる。もう止まりません」

「ふごぉ、もごぉ、んじゅる、じゅるん。……ゴックン!」

吐き出された欲望はかなりの量があった。

全てを口で含んだ美里は、そのまま一気に精子を飲み込んでいった。

「美里さん、精子を……、飲んでくれたんですね?」

「そうよ、いつもそうしてるじゃない」

「ありがとうございます。俺、凄く嬉しいです」

「いいのよ。私が進んでしたことだから。それに一馬にはたくさん気持ちよくしてもらったから」

そう言う美里の目はトロンとしており、大人の女の色気があった。

「美里さん、俺、このままセックスしたいです」

「そうね、私もしたいわ……、でもここは会社だし……」

「いいじゃないですか。今、ここには俺と美里さんしかいませんから。それに、会社ですると、もっと興奮できるかもしれませんよ」

「一馬……、んんぁ、そこまで言うのなら、ここでしましょう」

「はい!」

二人は、ヒシっと抱き合い、愛を確かめていく。

一馬は高揚感で包まれていた。

憧れの美里とここまでの関係になれて、一馬はギュッと美里を抱き締める。

「んんぁ……、一馬……、おま×こトロトロになっているの。早く挿れて欲しいわ」

「俺も、ち×ぽをおま×こに挿れたいです」

「うん、ねぇ、どうする立ったままする?」

「そうですね? 会社だし、立ったままの方がいいかもしれませんね」

「わかったわ。じゃあ最初は立ったまましましょうか?」

美里は足を広げ、ツンとお尻を突き出した。

対する一馬は、美里の臀部に手を置くと、ヌラヌラと光る淫裂に向かって、剛直を押し当てていく。

「美里さん、それじゃ挿れますね」

「うん、わかったわ。早く挿れてちょうだい!」

ずぶずぶずぶ……。

めり込むようにペニスが胎内に吸い込まれていく。

「あぁん、おち×ぽがおま×この中に入ってきたのぉ」

「んぉ、美里さんの中、ねっとりと熱くなっていますね」

「うん。気持ちいいのぉ。一馬のおち×ぽ、すごく大きくて、おま×こにピッタリなのぉ」

「美里さんのおま×こ、独特のヒダがあって、ち×ぽが気持ちいいんです」

「んあ、あぁん、んぐ、ふぉ……。気持ちいのぉ……」

「立ちバックって、なんだか征服している感じがしますね」

「うん、私も犯されている感じがするわ」

「ふぉ……、ほう、ヌルヌルでホントに最高ですよ」

「ヌレヌレのおま×こを突かれるの気持ちいいのぉ。無理矢理されている感じがするわ」

一馬は美里を征服しているという感覚を覚えながら、リズミカルに腰を動かしていく。

じゅる、めちゅ、めりゅる。

いきり立った肉竿が、淫裂の深くまで食い込みこみ、新しい刺激を与えていくのであった。

「んんぁ……、あぁん、気持ちいい……、一馬ぁ、一馬ぁ」

「美里さん、もっと速く突いてもいいですか?」

「うん、速く突いて、滅茶苦茶に犯して欲しいのぉ」

「わかりました。少しずつペースを上げていきますからね」

美里のお尻に手を置いて、一馬は必死になって腰を動かし始めた。

美里の胎内はどこまでも熱く、突くほどに新しい快感が発生していくのだ。

「美里さん、はぁ、すごいです。こんなに気持ちよくなって……、俺、ホント幸せですよ」

「私も……、私も一馬とできて嬉しい……、だから、もっと突いてぇ、おま×こを激しくズコバコしてほしいのぉ」

「はい、こんな感じですか?」

一馬は抽送のリズムを押し上げて、一気に奥まで貫いていく。

「んんぁ、あぁん、奥まで……、奥まで届くのぉ……。はぁん、あぁ、深いの好きぃ」

「美里さんは奥が好きですからね。たくさん突いてあげますよ」

「んほぉ、ほぉ、あぁん、一馬のおち×ぽが、おま×この中で暴れてるのぉ」

「はい。美里さんのおま×この中、とにかく温かくてヌメヌメしていて気持ちいいんです。はぁ、ホントに堪りません」

「ふごぉ、一馬のおち×ぽ、大きくて気持ちいい……、おま×こが悦んでるのぉ」

「俺も、ち×ぽが悦んでいますよ。俺たち、すごく相性がいいと思いますよ。だから、こんなにも気持ちよくなれるんです」

「はぐぅ……、んんぁ、あぁん。一馬ぁ、激しいぃのぉ」

美里のカラダがビクビクと震えていく。

先ほど一度イッているので、秘唇は敏感になっており、少し突かれるだけでも、圧倒的な快感が襲ってくるのであった。

対する一馬はまだまだ余力がある。

だからこそ、こんな風にして、高速で抽送ができるのであろう……。

「美里さん、うほぉ、ホントに気持ちいいです。ち×ぽが蕩けそうだ」

「はぁん、私もおま×こがおかしくなってしまいそう。とにかく気持ちよくて……、あはぁん、堪んないのぉ……」

一馬は、さらにペースを上げて、ズンズンとペニスを突きまくっていくのであった。

「ふぉ……、美里さん、突きながら、おっぱいを弄ってもいいですか?」

「え? おっぱいを? いいわよ。そうしたら服を脱がないとダメね」

一馬は美里の上着を脱がし、ブラウス姿にさせると、すべてを脱がさず、ブラウスの隙間から手を伸ばし、ブラを外すと、プルンと震えた乳房に触れた。

「はぁ、気持ちいい……。おっぱい触れるの気持ちいのぉ……」

「すべてを脱がさないと、何だか本当に犯している感じがしますね」

「んおぉ……、あぁん、そうね、私もそんな気分がするわ」

胸を揉みしだいていき、さらに突きまくっていく。

美里は、女壺を掻き乱されながら、その状態で胸を揉みしだかれ、心地いい気分が広がっていくのであった。

「はぁん、一馬ぁ、乳首も、乳首も弄ってほしいのぉ」

「乳首ですね。わかりました、クリクリしてあげますからね」

一馬は両手で乳首を摘まむと、その状態で抽送を続けた。

変則的な立ちバックの体位が広がり、獣のようなセックスが展開されていく。

「んんぁ、おぉぉん。乳首、気持ちいいぉ……」

「乳首もツンと立ってきましたね。ゴムみたいな感じがします」

「あぁん、こねくり回されるの好きなのぉ。はぁん、んんぁ、ンンッ……」

胸の蕾を弄り回しながら、一馬はイチモツを淫裂に導いていく。

「はぐぅ。一馬ぁ……、ああぁん。気持ちいいのぉ」

「乳首を弄ったらおま×こがキュッと締まった感じがします」

「うん。そこを弄られると、自然とおま×こが締まっちゃうのぉ……」

「ち×ぽがおま×こに包まれて、あぁ、すごい、素晴らしい感覚です」

「一馬ぁ、あぁん、ホントに……、んんぁ、おま×こが……」

一馬はあまり動きが単調にならないように、動きに変化を加え始めた。

浅く突くときと深く突く時に交互に入れ替えていったのである。

「あぁん、動きが巧みな気がするわ」

「ふぉぉ……、美里さんのおま×こ、ヌルヌルが激しくなってきました」

「はふぅん、そうなの……。あまりに気持ちよすぎて、おま×こがヌレヌレになってしまうのぉ」

一馬は必死になって肉棒を突きまくり、そして新たな快感を生み出していくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました