連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第16回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第16回

素晴らしい快感が降ってくる。

美里とのセックスは、どこまでも気持ちよくて、一馬を恍惚とさせていくのであった。

「美里さん。俺、ホント気持ちいいです……」

「私も……、一馬のおち×ぽ大きいから、おま×こが悦んでいる感じがするわぁ」

その言葉を胸に、一馬はココで少し体位を変えた。

立ちバックであることには変わりないのであるが、美里の片足を持ち上げて、やや斜め下からペニスを突き上げていく。

「きゃ、何をするの、一馬?」

「この姿勢の方が興奮すると思って……」

「恥ずかしいわ。大事なところが丸見えになってしまうじゃない」

「それがいいんじゃないですか? 興奮してるんでしょ。それに、おま×こが締まったような気がします」

「んなぁ、あぁん、恥ずかしい体勢の方が興奮しちゃう……。はぁ……、ンンッ……」

「おま×こ、ホントヌレヌレになってますね。グチュグチュになっていて、ホント気持ちいいです」

愛蜜でたっぷりと満たされた胎内は、ペニスをスムーズに動かしていき、耐えがたい快感を生み出していくのであった。

「んんぁ、あぁん、ダメ、感じすぎちゃう……」

「感じでください。そっちの方が俺も嬉しいですから」

「一馬ぁ……、あぁん、おち×ぽで突かれまくってるのぉ……」

「そうですよ。美里さんは俺のち×ぽの虜になっているんです。もっと気持ちよくなっていいんですよ」

「ぁはん、んんぐ、んあぁ、あぁん。ズンズン奥に響くわぁ」

「はい、こっちの体勢にしてから、一層奥まで届くような気がします」

「あぐぅ……んぐ、んなぁ、あぁん。ホント最高……、もう耐えられないのぉ」

ビクビクとカラダを震わせていく美里。

フルフルと震えている肉体は、それだけで心地よさそうに見える。

「んぁ、ああっぁ、あぁん。一馬ぁ、私、またイッちゃうかもしれないわぁ」

「イキそうなんですか?」

「あ、ダメ、ホントに、おま×こ気持ちよすぎて、おかしくなっちゃいそう」

「おかしくなってください。もっと突きまくってあげますからね」

「うん、あぁん、一馬も、一馬も気持ちよくなってねぇ、私ばかりじゃ何か悪いからぁ」

「大丈夫です。俺も十分気持ちいいですから、安心してください」

「ふぉ、あぁん、一馬ぁ、動きが速くなって、とにかく気持ちいいのぉ、あぁん、ゾクゾクしちゃうわぁ」

美里の口元から、甘い吐息が漏れていく。

その声は、妙に艶っぽく、一馬を興奮させていくのであった。

「美里さん、そろそろ別の体位もしてみませんか?」

「え? 別の体位?」

「はい。ここは会社の中ですけど、俺が寝そべるんで美里さんが上になって動いてもらえますか?」

「つまり、騎乗位ってこと?」

「そうです。色々試してみましょう」

「そうね。わかったわ。今度は私が主体に動いてあげる」

一馬は一旦ペニスを引き抜いた。

たっぷりと愛蜜に満たされた肉竿は、キラキラと光り輝いているよう見えた。

一馬は社長室の床に寝そべる。

同時に、その上に美里が跨っていく。

硬い床の感触が背中に広がっていくが、十分騎乗位はできそうである。

「一馬、背中痛くない?」

「大丈夫です。少し姿勢を起こしますから」

「それじゃ挿れるからね……」

美里は淫裂にペニスを押し当て、そのままゆっくりと腰を落としていった。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むようにペニスが吸い込まれていく。

「あぁん、深い……、おち×ぽが奥まで届くわぁ」

「はい、騎乗位だから、奥までち×ぽが届くんです」

「そうなのぉ、バックでやるよりも挿入が深いわ。……奥まで届いて気持ちいいぉ……」

「奥が好きな美里さんにはピッタリの体位ですよね。自由に動いていいですよ」

「一馬も下から突き上げて。そうすると、もっと気持ちよくなれるから」

「ンンッ。わかりました。下から突き上げますからね」

美里の腰を動きに合わせて、一馬は肉竿をピストンしていく。

耐えがたい快感が降り注いできて、美里は満足感に包まれていくのであった。

「一馬ぁ、気持ちいいのぉ……、もっと、もっと突いてぇ、お願いだからぁ」

「はい、たくさん突きますよ」

「あひぃ。もうダメ……、おま×こ気持ちよすぎて死んじゃうのぉ……」

途端、結合部分から子宮頸管粘液がピッピッとふき出していった。

「美里さん、エッチなお汁がたくさん出てきます」

「はぁん、見ないでぇ、エッチなおしっこが出ちゃうのぉ……、もうダメェェェ……」

美里はあまりの快感でおかしくなりそうであった。

仕事をするはずの会社で、こうしてエッチなプレイをしている。

それは、美里をどこまでも興奮させていくのであった。

「美里さん。好きです、ホントに……」

一馬は叫んだ。

そして、姿勢を起こすと、美里をギュッと抱きしめるのであった。

「一馬ぁ……、私をそんなに……」

「美里さんが好きなんです……。だからずっとこうしていたいです」

「私も、私も一馬と一緒にいたいのぉ」

密着騎乗位の体勢になり、二人は愛を確かめ合っていく。

興奮しきった一馬は、そのまま顔を近づけていき、唇を奪ったのであった。

「んちゅ……、んちゅちゅ、ちゅぱん」

「はぁん、一馬のキス、頭がフワフワしちゃうわぁ」

「俺もです。美里さんとキスしていると、とにかく気持ちよくなってしまうんです。

んちゅ、んちゅちゅ……。

淫らなキス音が室内に響き渡っていく。

一馬はやがて、自分の舌を美里の口腔内にねじ込んでいくのであった。

「んぎゅ、じゅるん、じゅぱ」

(あぁん、一馬の舌が入ってきたわぁ……、ディープなキスされながら、おま×こ突かれると興奮しちゃう……、あぁん、ダメェェェー)

美里は断続的なアクメを覚えていたが、次第にそれが強くなっていく。

同時に、とうとう耐えがたい快感が降ってきて、ガクンとカラダを震わせた。

「あぁん、一馬……、もうダメ、ホントイッちゃう……」

「イッてもいいですよ。俺もイキたくなってきました」

「なら、一馬ぁ、一緒にイキたいのぉ……、一緒に気持ちよくなりましょう」

「はい」

一馬はキスを止めると、手を床に置き、姿勢を安定させてから腰を突き上げていく。

「美里さんも腰を動かしてください」

「ぁん、気持ちよすぎて、変になっちゃいそう……」

「美里さん、うおぉぉぉ、気持ちいい……、ち×ぽが破裂しそうだ」

「私もおま×こがヒクついて、心地いい……、ずっとこの感触を味わっていたいのぉ」

美里はさらに姿勢を前傾にさせて、一馬を押し倒していく。

そして、そのまま状態で、淫壺でイチモツを迎え入れるのであった。

「うぉぉぉ……、ダメだ、美里さん、精子出ます……」

「うん、出してぇ、私もイキたいからぁ」

「中に出してもいいんですよね?」

「もちろんよ、中にたくさん出してぇ、そっちの方が気持ちよくなれるからぁ……」

「はぐく、出ます! イク!」

「私もダメェェェェぇーーーーーー! イクゥーーーーーー」

二人の声がシンクロした瞬間、牡の欲望が炸裂する。

ビュルビュル……ビュピョプ……、ビュルップ、プピョプ……、ビュル……。

「はぁぁぁ、すごい……、精子が止まりません、どんどん出てくる」

「きゃぁ、気持ちいい……、おま×この中に精子が出てるぅ……、ビュルビュルって出ていて気持ちいいのぉ」

「中出しセックス、ホント最高です。うぉおぉぉー美里さん!」

たっぷりと精を吐き出した一馬はぐったりとうなだれてしまう。

その上に折り重なるように美里が倒れ込み、二人はヒシっと抱きしめ合っていくのであった。

「美里さん、最高のセックスでした」

「うん、私も、ありがとう、一馬、ホントに気持ちよかったわ」

こうして、会社でのセックスは終わりを告げる。

二人はにっこりと微笑み合いながら、お互いの体温を感じていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました