連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第17回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第17回

一馬と美里との関係は、続いていくようになった。

社内でこっそり会うのはもちろんだが、仕事が終わってからも、よく一緒にいるようになったのである。

もちろん、セックスもしている。

ただ――。

(少しマンネリしてるんだよなぁ……)

と、一馬は感じていた。

美里とのセックスは気持ちいい。

それはわかっている。

だが、毎回似たようなプレイの連続なのである。

もっと新しい刺激が欲しい。

と、一馬はそんな風に感じていた。

 

ある日、いつも通り仕事を終えて、美里の自宅でエッチを終えると、ふと彼女が告げた。

「一馬、どうかした?」

「どうって別に……」

「何か、ちょっと変よ。仕方なくやってる感じがするわ」

そうだろうか?

だが、あまりにセックスという行為に慣れてしまい、それがプレイ内容に出てしまったのかもしれない。

「すみません。何か最近、刺激に乏しくて……」

「刺激に?」

「はい。俺、美里さんとセックスするのは嬉しいし、気持ちいいんですけど、何か慣れてしまって。それで、新しい刺激が欲しいっていうか」

「新しい刺激ねぇ……、そんなこと言われても」

「あ、気にしないでください。俺の問題かもしれませんから」

「それってしばらく離れたいって意味かしら?」

「イヤ、そうではないんですけど……」

離れるのはイヤだ。

しかし、もっと別の刺激が欲しい……。

そんな風な贅沢な悩みが、一馬を支配していくのであった――。

 

新しい刺激……。

そんなものがあるのだろうか?

一馬はそれを求めて、色々試行錯誤していた。

例えば、インターネットでセックスの体位を調べて、それを実践してみたりした。

四十八手というプレイの体位がある。

それを、一つずつ取り入れたりしたのであるが、何か違うのだ。

だからこそ、一馬は困っていた。

このままでは、美里との関係に終止符が打たれてしまうのではないか? そんな奇妙な恐怖があった。

 

膣内性交。

もしかすると、これにこだわりすぎているのかもしれない。

と、漠然と一馬は考え始めた。

フェラや手コキは十分に経験してきたが、まだしていないプレイがある。

そう。

それは、アナルセックスであった。

(そういえば、お尻を使ったセックスってしていないよなぁ……、どんな感じなんだろう?)

アナルセックスは意外とハマるという声をよく聞く。

それが正しいのかは、実践してみないとわからないだろう。

だが、試してみる価値はありそうだ。

そんな風にして、一馬は考えをめぐらせた――。

 

「美里さん、実はお話があります」

と、仕事を終え、美里の自宅で一馬は告げる。

あらたまった口調であるため、美里も驚いていた。

もしかしたら、別れ話を切り出すのでは?

と、漠然とした恐怖が美里を支配していく。

「話って何?」

「あの、試したいプレイがあるんです」

「試したいプレイ?」

どうやら、別れ話ではないようである。

とりあえず一安心しながら、美里は話を聞く。

「はい。美里さんってお尻を使ったセックスの経験がありますか?」

「お、お尻って、そんな……」

途端、顔を赤らめる美里。

もちろん、そんな変態的なプレイの経験はない。

「ありますか?」

「ないわよ。だって、その穴はエッチなことに使わないでしょう」

「でも、アナルセックスっていう言葉があるんですよ」

「それは知ってるけれど……。それに、そんなのって痛いんじゃないの?」

「慣れの問題だと思います。俺、美里さんとアナルを使ったプレイがしたいんです」

「一馬……。けど……、ちょっと怖いわ」

「その気持ち、わかります。でも、そのために色々用意したんです」

「用意って何を?」

「これです……」

と、告げると一馬はカバンの中から、なにやら取り出した。

それはローターにアナルプラグなどの、いわゆる大人のおもちゃというものであった。

「これって……」

美里自身、大人のおもちゃの存在は知っている。

しかし、そんなものは使った経験がなかった。

「大人のおもちゃですよ。美里、興味ありますか?」

「興味ってそんな……」

「アナルを拡張するために使うんです。最初からち×ぽは入らないから、道具を使って少しずつ穴を広げていくんです」

「そ、そうなの……、でも拡張って痛いんじゃ……」

「小さい道具から使いますから、問題ないと思います。それにローションもたっぷり用意してありますし。滑るから痛みはないはずです」

「一馬ったら、そんなに変態的なプレイがしたいの?」

「アナルセックスって、癖になるらしいですよ」

「だけど、怖いわ……。それに汚いわよ。だって、その、その穴って、排せつ物を出すじゃない」

「それも大丈夫です。アナルを洗浄するための、浣腸液を用意しました。これを使ってアナルを洗えば清潔にプレイが楽しめますよ」

「そんなものまで用意したの……、まったくすごいわね……」

「とりあえず、一緒のお風呂に入って、洗いっこしましょう。それでキレイにすれば問題ないはずです……」

ここまで言うと、一馬は強引であった。

とりあえず、二人は浴室に向かう。

生まれたままの姿になり、一馬は美里に浣腸液を渡す。

「ねぇ、ちょっと恥ずかしいから、トイレに行くわ。そこで、私一人で洗ってもいいかしら……、アナルを洗い終わったら言うから、そうしたら一緒に洗いっこしましょう」

美里はそう告げると、浴室を出てトイレに向かった。

どうやら、そこで浣腸を使うようである。

「わかりました。じゃあ、お任せします」

 

十分後――。

「一馬いいわよ……」

と、声が聞こえ、トイレから美里が出てくる

「美里さん大丈夫でしたか?」

「うん。しっかり洗えたと思うわ。後はお風呂で洗えば問題ないはずよ」

「じゃあ、お風呂に向かいましょう」

二人は一緒にお風呂に入り、お互いのカラダを洗い合う。

そんな中、一馬は美里に向かって提案した。

「あの、アナルセックスの準備として、お尻に指を挿れてみたいんですけど、いいですか?」

「え? 指を……、ダメよそんなの……」

「いいじゃないですか? 最初は指くらいの太さがいいですよ。ここで慣れておけば、ベッドに行ったときにスムーズにプレイができます」

「仕方ないわね……。でも、ホントに大丈夫かしら……?」

「大丈夫です。痛くしませんから」

美里は前かがみにあり、足を肩幅の倍ほど広げた。

つまり、お尻を突き出す姿勢を取ったのである。

それを見た一馬は、人差し指を、アヌスに向かって押し当てた。

キュッと窄まった菊筋は、ヒクヒクと小刻みに震えている。

「美里さん、少し挿れてみますよ」

「うん、わかったわ」

「力を抜いてくださいね」

じゅる、めりゅつ……。

ボディソープを使って指先をヌルヌルして、アヌス内に指を挿れていく。

直腸内はかなり窮屈であり、締め付けがすさまじかった。

「すごい締め付けですね。指が噛み千切られるみたいだ」

「うぅ……、なんだか変な感じがするわ……。圧迫感というか、催すっていうか……」

「痛みはないですか?」

「痛みはないわ。でも、最初はゆっくり動かしてくれる」

「わかりました。優しく動かしていきますからね」

一馬はそう言うと、ゆっくりと指でアヌスを掻き回していくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました