連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第18回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第18回

「ふぉ……、指がお尻に入ってくるぁ」

「どうですか? 少しずつ気持ちよくなってきたんじゃないですか?」

「まだよくわからないわぁ。不思議な感じがするの」

「そうですか。でもお尻ってホントすごいですね。締め付けがすさまじいです」

「んんぁ、だって、自然と締まっちゃうんだもん。しようがないでしょ」

「わかってますよ。ここにち×ぽを挿れたら、一体どうなるんですかね?」

「ホントにおち×ぽを挿れるの?」

「もちろんですよ」

「ふぅ、はぁ、何か怖いわ……」

「大丈夫ですよ。いきなりち×ぽを挿れたりはしませんから。ゆっくりとお尻を拡張していきますからね」

クニクニと指を動かしていき、菊穴を少しずつ広げていく。

アヌスは柔軟に広がりを見せて、すんなりと指を咥えこんでいくのであった。

「大分、ほぐれてきたかんじですかね。このくらいの指の太さなら、問題なく入るようになりました」

「んんぁ、あぁん、なんか変な感じ……、お尻をほじくられてるぅ」

「あの、指をもう一本挿れてみてもいいですか?」

「もう一本? そんなに入らないわ……」

「物は試しです。無理そうだったらすぐにやめますから……」

やや強引に、一馬は人差し指と中指をセットにして、アヌスに導いていく。

尻穴は、キュッと窄まっているが、どこまでも柔軟であり、二本の指を咥えこんでいくのであった。

「ふぁ……、あぁん、太い……、それにキツイわ。裂けちゃいそう」

「大丈夫です。今のところ問題ないでしょ。ゆっくりとお尻が広がってきているんですよ。このまま続けますからね」

一馬は二本の指を突き立てると、キュウキュウと窮屈な直腸内を掻き回していくのであった。

(はぁ、あぁん、やだぁ、私ったら、お尻の穴に指を入れられて感じちゃってる……、嘘でしょ?)

と、美里は感じていた。

初めての尻虐であったが、それはどこまでも気持ちよく、彼女を満足させていくのである。

「美里さん、段々声がエッチになってきましたね? 感じてるんですか?」

「はぁん、そうみたい……、何か、ちょっと気持ちいいかもぉ」

「それはよかったです。もっと弄ってあげますからね」

ゆっくりと尻穴に指を出し挿れしていく一馬。

ボディーソープをたっぷりとつけて、アヌスを洗浄するのと同時に、彼女を気持ちよくしていくのであった。

「一馬ぁ、ねぇ、気持ちよすぎて、立っているのがしんどいんだけど」

「そうですか。そうしたら、そろそろベッドの方に移動しますか? 浴室だと、やっぱり少し狭いからですね」

「うん。お尻もキレイにしたし、大丈夫だと思うし……」

二人はカラダを洗い合うと、そのまま浴室を出て寝室に向かう。

生まれたままの姿で寝室のベッドの上に座り込む。

一馬は持参した大人のおもちゃを物色し、どれを使おうか迷っているようであった。

「そんなにたくさんおもちゃを用意して……、全く、一馬ったらエッチなんだから」

「俺、美里さんに気持ちよくなってもらいたくて……。だから、色々用意したんです。気に入ってもらえるといいんですけど」

「私、そういうのって使った経験はないわ」

「俺もないですよ。お互い初めてですね。まずはローターか使ってみますか? おま×こに使うヤツですけど、お尻に使ってみようと思うんです」

「お尻に? それが入るの?」

「そうです。さっき指である程度広げたから、このくらいであれば、問題なく入ると思いますけど」

ローターの丸型の形状をしており、大きさは直径三センチくらいであろう。

やや大きいが、既に指が二本入っているのである。

このくらいの大きさのローターであるならば、恐らく入るであろう。

「四つん這いと、正常位の姿勢なら、どっちらいいですか?」

「う~ん、さっきは後ろから挿れられたから、今度は普通の体勢がいいかな」

「わかりました。そしたら正常位でしましょうか? 足を大きく広げてください」

「うぅ、とっても恥ずかしいわぁ、赤ちゃんのおむつを替えるポーズみたい」

「まんぐり返しに近い体勢にしますからね。そうすると、お尻に挿れやすいですから」

そう言い、一馬は美里の足を広げ、さらに前方に持っていった。

まんぐり返しの姿勢になると、おま×こはもちろんであるが、お尻の穴まで丸見えになるのであった。

「やぁ、恥ずかしい……、こんなポーズって……、ホントに」

「大丈夫ですよ。直ぐに慣れますから。そしたら、力を抜いてください。これからローターを挿れてみますから」

「うん、わかったわ……、何か怖いけれど、頑張ってみるわね」

「はい、お願いします……」

一馬はローターにたっぷりとローションを塗っていくと、それを潤滑油にしながら、尻穴に導いていく。

めんちゅ、んりゅっ……。

ヌルヌルになったローターは、少しずつ直腸内に吸い込まれていくのであった。

「ふぉ……、あぁん、何か入ってきたのぉ……、お尻が、お尻がぁ……」

「少し窮屈ですけど、問題なく入りましたよ。これ、スイッチもあるんです。今振動を与えますからね」

「え? 振動……、そんなことしたらぁ」

美里の言葉を聞き、一馬はローターのスイッチを入れた。

途端、ヴヴヴヴヴ……、という稼働音が聞こえていく。

「きゃー。な、なにこれ……、お尻の中で何かがブルブル震えてるのぉ……」

「これがローターですからね、どうですか? 気持ちいいですか?」

「はぁん、少しくすぐったい感じがするけれど、気持ちいいわ……、こんな感覚初めてなのぉ……」

「美里さんお尻にローターを挿れたまま、フェラとかできますか?」

「え? この状態でフェラするの」

「体勢は変えても大丈夫です。ローターはしっかり中に入っているから抜けないと思いますし、それに俺、美里さんのエッチな姿を見ていたら、ち×ぽが爆博しそうになっているんです」

彼の肉棒は、ボクサーパンツからはみ出す勢いで膨れ上がっていた。

「一馬、おち×ぽがすごいことに」

「はい、これを諫めてください」

「わかったわ、してあげる」

そう言うと、美里は姿勢を起こし、一馬の前にしゃがみ込む。

対する一馬は膝立ちになり、口唇愛撫を今か今かと待ち構えている。

「ローターの振動って強弱をつけられるんです。今は一番弱いレベルなんですけど、もっと強くもできますから」

「これで一番弱いの? 何だかすごい刺激よ。これ以上強くなったら、変になってしまうわ……」

美里は、一馬のボクサーパンツを下ろすとい、いきり立ったペニスを解放していく。

赤黒く膨れ上がった肉竿は、下腹部に当たる勢いで反り返った。

「まぁ、すごい大きなおち×ぽ……、こんなに大きくしちゃって。ホントに一馬ったらエッチなんだから」

「美里さんがそれだけ魅力的なんですよ」

「今から舐めてあげるからね」

「はい、お願いします……、俺ももっと気持ちよくなりたいんです」

美里はチュッと、怒張にキスをする。

ふわっと、牡の香りが漂い、その痛烈な匂いが美里を興奮させていくのであった。

「一馬、まだ何もしていないのに、先端からエッチなお汁が出てるわよ」

「はい、もう我慢汁があふれてしまうんです……」

「んちゅ、じゅる……、じゅぼん」

口を大きく開いた美里は、そのままペニスを咥えこんでいった。

途端、温かい口腔の粘膜に包まれて、一馬も心地よくなっていくのであった。

「はぁ、美里さん、すごく気持ちいです。口の中トロトロになっていて、ヌルヌルですよ」

「ふぉ、ハァツ……、あぁん、おち×ぽ、大きいのぉ、口に含むのが大変なのぉ」

必死になって、美里は口唇愛撫を続けていく。

セックスするたびに、一馬は美里からフェラチオをしてもらっている。

毎回気持ちよく、少しずつ深海しているようにも感じられた。

「美里さん、フェラが巧みになっている気がします」

「フフ……、こう見えても学習能力は高いのよ。一馬の気持ちいいポイントを心得ているんだから。例えば、こんなのはどうかしら?」

美里は、亀頭の裏筋を舌先で弄ると、新たな刺激を加えていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました