連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第19回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第19回

「くぉ、ほぉ、くおぉ。美里さん、それすごく気持ちいいですよ」

「そうでしょ。一馬のおち×ぽもどんどん大きくなっている気がするわ。んちゅ、レロレロ」

亀頭の裏側を舐められると、痛烈な快感が発生する。

こんな風にしてフェラチオしてもらえると、一馬は本当に嬉しくなる。

「んじゅ、レロン、はむちゅ……」

「うわぁ、美里さん、ホントに気持ちよすぎて、おかしくなっちゃいそうです」

「フフフ……、おかしくなってしまいなさい。でもね、私もお尻を弄られて気持ちよくなってるのよ。ローターの刺激がダイレクトに伝わってきて、とっても気持ちいいの」

「そうですか、それじゃもっと振動のレベルを上げますね」

そう言い、一馬はローターのリモコンを弄り始める。

そして、振動のレベルを上げていくのであった。

ヴヴヴヴ……、

振動音が強くなっていく。

直腸内で、丸々としたローターが暴れ狂い、美里を追い詰めていくのであった。

「んんぁ、あぁん、振動が強い……、ン、耐えられない……」

「まだ、そんなに強くしていないですよ。ほら、フェラもしてくださいね」

「はぁん、わかってるわ。一馬ったら、ホントにエッチなんだからぁ」

一馬は仰向けに横になり、やや姿勢を起こしていく。

対する美里は姿勢を四つん這いにしながら、口唇愛撫を続けていくのであった。

「ン、んちゅ、んんぁ、あぁん。振動が強すぎておち×ぽ弄れなくなっちゃう……」

「うぅぅん、美里さん、ちゃんとフェラをしないと、振動を止めますよ。それでもいいんですか?」

「振動止めちゃダメェ、そうしたら気持ちよくなれないじゃないのぉ」

「そうでしょ? ならしっかりフェラしてください。そうすれば、もっと刺激を加えてあげますから」

「はぁん、ンンッ……、一馬の弄るわるぅ……」

「そうだ、美里さん、シックスナインの体勢にしましょう。お尻とセットにして、おま×こも弄ってあげますから」

「えぇぇ、おま×こも?」

「そうです。弄ってほしくありませんか?」

「うん。弄ってほしいのぉ。お願い、やってちょうだい」

「わかりました。そしたら、こっちにお尻を向けてください。ちゃんとしてあげますからね」

言われるままに、美里は姿勢を切り替えていく。

お尻を高くつき上げて、一馬の方に向けると、フリフリと腰を振っていき、彼を誘惑し始めた。

そんな淫らな光景を見ていた一馬も、まずます興奮していく。

アヌスにはすっぽりと、ローターが食い込み、内部でヴヴヴヴと震えている。

同時に、淫裂からはトロトロと蜜がふき出しているのであった。

「美里さん、おま×こからエッチなお汁がたくさん出てますよ」

「んんぁ、だって、お尻が気持ちよくて……」

「アナルで感じてしまって、おま×こ濡らしているんですね? あぁ、美里さん、ホント卑猥ですよ」

「仕方ないでしょ……、んなぁ、おま×こも濡れちゃうんだからぁ」

「こっちも弄ってほしそうですね……。たくさん弄ってあげますからね」

一馬はそう言うと、指先を陰部に押し当てていく。

スリスリと、おま×こに触れていくと、ヌルヌルとした愛蜜がたっぷりと指先に付着していくのであった。

「んんぁ、ぁん、おま×こも気持ちいいのぉ……」

「美里さん、おま×ことお尻なら、どっちが気持ちいいですか?」

「ふぁ、あぁん、わかんない……、どっちも気持ちいいのぉ」

「美里さんは欲張りですね。どっちも気持ちいいだなんて……」

「んんぁ……、ふぁ……、あぁん、だって、ホントなんだもん」

「大分お尻もほぐれてきた感じですね。ローターのスイッチも全開にしてみますか?」

「ええぇぇぇ。ぜ、全開にするのぉ。ちょっと待って、心の準備が……」

「大丈夫です。いきますよ」

と、一馬は告げると、ローターのスイッチを全開まで引き上げた。

ヴヴヴッヴヴヴヴッヴヴヴン。

ローターの振動音がかなり大きくなった。

まるで草刈り機を稼働させているかのような音である。

「きゃー、だ、ダメ、刺激が強すぎるわ……」

「美里さん、フェラの手が止まっていますよ。ほら、弄ってください」

「で、でもぉ、あまりに振動が強くて、ン、あぁん、フェラできないのぉ……」

「ダメですよ。自分ばかり気持ちよくなるんて。しないとスイッチ切っちゃいますし、おま×こ弄るのも止めちゃいますよ。いいんですか?」

「いやぁ、ダメなのぉ、フェラするから、止めないでぇ」

美里は残された力をフルに使って、懸命にフェラを続けていく。

ただ、お尻への快感はすさまじく、美里は耐えるのがやっとであった。

「おま×こからもエッチなお汁がたくさんできていて、ホントにエッチな人ですね、美里さんは?」

「一馬が私をエッチにしたんでしょ? 責任とってよね」

「もちろんです。俺、美里さんとトコトン気持ちよくなりたいですから。よぉし、今度はクリを弄ってあげまず」

「ふぁ、あぁん、そんな、刺激が強すぎるわ、お尻にローターを突っ込まれて、それでクリまで刺激されたら、ホントにおかしくなっちゃうわぁ」

「おかしくなってください。俺も変になりそうなんです。だから、二人で狂っちゃいましょう」

「そ、そんな、狂うなんて、卑猥だわ……、卑猥すぎるぅ」

一馬は淫核を指で弄り始めた。

包皮で包まれてクリトリスは、指で押すとピュッと外に飛び出してくる。

「クリトリス、飛び出してきましたよ。小さくて可愛いですね」

「んぁ、ぁぁああ……、クリを弄られると、うぅ、イッちゃいそうになるのぉ」

「まだイクのはダメですよ。こっちには、アナルプラグが残っているんですから」

「アナルプラグ? それって何に使うの?」

「これはお尻の穴を広げるのに使うんです。今はローターを挿れてますけど、ローターだと長さが短いから、拡張には不向きなんです。だから、アナルプラグを挿れて、奥の方まで拡張していくんですよ」

一馬の用意したアナルプラグは、直径三センチ程度ある。

なかなかの太さなので、美里にはそれが凶器のようにも見えた。

「一馬……、何だか怖いわ……、ホントに大丈夫なの?」

「大丈夫ですよ。美里さんのお尻、大分広がってきてますよ。こんなにローターを咥えこんでいるんです」

「んんぁ、あぁん、おま×こもお尻も両方気持ちいい……、はぁ、ゾクゾクしちゃうのぉ……」

「美里さん、フェラの手がまた止まってきてますよ。ちゃんと弄ってください」

「わかってる……、わかってるけど……、んんぁ、お尻への振動が強くてぇ」

「三か所を同時に責めてあげますよ」

「え? 三か所?」

「はい、お尻、おま×こ、クリ……。この三つです。しっかり耐えてくださいね」

そう言い、一馬は女の部分を始め、三か所を同時に責め始めた。

途端、美里のカラダが弓なりに反りかえる。

「んんぁ、きゃー。ダメ……、刺激が強すぎるぅ……」

とにかく鋭い刺激が襲ってきて、美里はおかしくなりそうであった。

同時に、ここまで痛烈な悦楽を覚えたのは、もしかすると初めてかもしれない……。

と、そんな風に考え始めたのである。

「美里さん、そろそろ、アナルプラグを挿れてみますか。ローターも飽きてきたでしょ?」

「そんな飽きるだなんて……」

「美里さんのお尻は、もっと違った刺激を欲しがっているような気がします。それに、このまま続けていると、フェラが疎かになってしまうから、少しやり方を変えましょう」

「ゴメンなさい。私、自分ばかり気持ちよくなってしまって」

「いえ。次はお尻を広げていくんで、美里さんはフェラに集中してくださいね。お尻が十分に広がったら、今度はち×ぽを挿れてあげますから……」

「おち×ぽを、お尻に……、はぁ、どうなるのかしら?」

「きっと気持ちいいですよ。二人で一緒に気持ちよくなりましょう」

「んんぁ、あぁん、一馬ぁ……」

美里の淫声を聞きながら、一馬はアナルプラグを用意していくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました