連載官能小説『【女社長】俺にだけに見せてくれる素顔』第21回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』第21回

「それじゃ、挿れますよ。美里さん、いいですね?」

「うん。なるべく優しくしてね」

「もちろんです。では、いきます」

一馬はゆっくりとペニスを菊穴に押し当てた。

既に、拡張されているので、十分に入りそうである。

めにゅ、にゅる、にゅつつ……。

ゆっくりと、ペニスがお尻に吸い込まれていく。

後背位での挿入であるため、肉棒は奥の方まで届いた。

「んんぁ、あぁん」

「美里さん。すごい締め付けです」

「あぁ、キツい、おち×ぽがお尻に入ってくるのぉ……」

「はい、結構キツいですね。美里さん、大丈夫ですか?」

「うん。今のところ大丈夫、かな……。でも、最初はゆっくり動いてくれる?」

「ゆっくりですね。わかりました。静かに動かしますからね」

「はぁん、うぅ、お尻が広がっちゃうのぉ……」

「ローターやプラグで十分に広げたから、かなりすんなり入りましたね?」

「はぁ、お尻におち×ぽが入ってくるのって、なんだかすごい独特な感じよ」

「気持ちいいですか?」

「よくわかんない……、でも、イヤじゃないわ」

「その内気持ちよくなりますよ。多分、慣れの問題だと思います」

「ンンン、んんぁ、はぁん」

「美里さんのお尻、ホントに締め付けが強くて、最高ですよ。おま×ことは全然違いますね。これはこれで素晴らしい……」

アナルへの挿入というと、入り口部分が窮屈であり、内部は空洞になっているというケースが多い。

しかし、美里の尻穴は、ピッタリとペニスに吸い付いて、一馬を心地よくさせていくのであった。

「んんぁ、ふぁ、ぁああぁーー。一馬ぁ、お尻が、お尻がぁ」

「美里さん、俺、気持ちよすぎます……、美里さんのお尻の中、ホントに最高なんです……」

「私も……、私も何だか、気持ちよくなってきたわぁ」

「ホントですか? それはよかったです。少しずつペースを上げていってもいいですか?」

「うん、ちょっとずつ慣れてきたみたいだから」

「わかりました。じゃあ少しだけ速く動かします。大丈夫そうなら、もっとスピードを上げていきますね」

「んほぉ、ほぉ、お願い、もっと突いて欲しいのぉ……」

美里の口元から、甘い吐息が漏れていく。

対する一馬は、少しずつ抽送のペースを上げていった。

じゅる、めちゅ、めりゅる……。

ペースが速くなると、美里の中で、快感が一気に弾けていく。

初めてのアナルセックスであるが、とにかく最高の気分になるのである。

「はぁん、一馬ぁ……、気持ちいい……、気持ちいいのぉ……」

「確か引き抜く時がいいんですよね?」

「うん。そうなの。引き抜かれる時、ものすごく気持ちいいのぉ」

「わかりました。じゃあ引き抜くときに、一気に力を入れますから。もっと感じてくださいね」

「ぁん、あぁぁぁーーーー。嬉しい……、一馬のおち×ぽで突かれるの嬉しいのぉーーーーー」

一馬はゆっくりとペニスを突くと、そこから一気に引き抜いていった。

排泄するときに、快感が発生するのは、誰が経験することであろう。

それと同じ状態が、今まさに発生しているのである。

美里は、淫声を轟かせて、快感を表現していく。

「んんぁ、あぁん。一馬ぁ、気持ちいい……、おかしくなっちゃうのぉ……」

「俺も、おかしくなりそうですよ。でも素晴らしい感覚です。うほぉ……、堪りません……」

「んんぁ、んほぉ、ハァハァ……、お尻がどんどん広がっちゃう……。ンンッ……きゃーー」

「美里さん、お尻が窄まって、ペニスをキュウキュウと締め付けるんです。これが最高すぎます。おま×こでは味わえない感覚ですよ……」

「おま×こも気持ちいいけど、お尻を突かれるのも気持ちいいのね、私、初めて知ったわ。んんぁ、ゾクゾクしちゃうのぉ……」

「後ろから挿れると、なんだか本気のセックスをしているって感じがしますね」

「うん、無理矢理されてるみたいな感じがするの」

「でも、感じてますよね? 美里さん、無理矢理されるのが好きなんじゃないですか?」

「はぁん、好きなのぉ……、でも相手が一馬だからよ……、他の男性が相手じゃ、こんな風にならないからね」

「俺だけの存在になってください。美里さん、お願いです」

「一馬ぁ……」

美里に対する、好きという気持ちが、溢れ出てくる。

一馬は恍惚としながら、美里を後背位で犯していくのであった。

「んぐぁ、あぁん。一馬ぁ、一馬のおち×ぽが奥まで刺さって……、んんぐ、はぁん、気持ちいいのぉ」

「美里さん、はぁ、堪りません。俺も、気持ちよすぎます……」

「うん、一緒に気持ちよくなって。はぁん、一馬ぁ……」

「うおぉぉぉ、美里さん。おっぱいも弄ってあげますよ。そうすると、もっと気持ちよくなれるかもしれませんよ」

「えぇぇ、おっぱいを……、そんな、刺激が強すぎるわぁ」

「ここまで来たからには、トコトン気持ちよくなりましょう」

そう言うと、一馬は姿勢を前傾にさせて、美里に覆い被さるような姿勢を取った。

こうすると、獣同士が交尾しているかのような体勢になり、美里や一馬を興奮させていく。

同時に、一馬は乳房を揉み始める。

むにゅ、にゅる、もみゅん……。

たわわに実った乳房が、一馬の手指の中で潰れていく。

アナルを犯されながら、さらにおっぱいを弄られると、不思議な気持ちになるのであった。

「あぁん、一馬ぁ、おっぱい揉まれるのも気持ちいいのぉ……」

「美里さんの胸は、柔らかくて大きいから、揉みごたえがあります」

「んんぁあーーーはぁん。一馬ぁ、もっと、もっと揉んでほしいのぉ、感じまくっちゃうわぁ」

「感じまくってください。今度は乳首を弄ってあげますからね……」

「はぁん、乳首も……、乳首も弄ってぇ……、きゃー」

乳首を弄ると、ぷっくりと花の蕾ように硬くなっている。

クニクニと胸の突起を弄っていき、一馬は快感を生み出していく。

「美里さん、乳首が硬くなってますよ。感じてるんですか?」

「うぅ、はぁ……、ぁん、感じてるのぉ、乳首がビンビンに立っちゃうのぉ」

「乳首を弄ったら、お尻がキュキュっと締まったような気がします」

「だってぇ、感じちゃうんだもん……。うほおぉ、気持ちいいのぉ……。あぁん。一馬ぁ……」

「美里さん、もっとペースを上げますからね……、さらに気持ちよくさせてあげますよ……」」

「んぁ、嬉しい……、もっと気持ちよくなれるのぉ。はぁん、突いて……、激しくされたいのぉ」

アヌスへの挿入に慣れてきたのであろう。

美里は、もっと過激なプレイを求め始めた……。

「んぁ、ハァハァ……。一馬ぁ……」

一馬は勢いよくペニスを突き続けて、更なる快感を生み出していく。

「うぉぉぉおおおおーーーー。美里さん……、激しくしますよ……、どうです? 気持ちいいですか?」

恐ろしいスピードで抽送を始める一馬。

先程とは打って変わり、急激に獣同士の交わりのような形になっていった。

「きゃー、あぁん、一馬ぁ、激しい……、でも、激しいのが好きなのぉ……」

「美里さん、激しいのにも慣れてきましたね。いい感じですよ」

「うぅ、うくっ……、きゃん、あぁぁあん、ダメ、気持ちいい……、激しくされると、ホントに感じちゃうのぉ……」

一馬はずりゅ、めりゅと、大きな淫音をなり響かせて、抽送を続けていく。

「あぁぁぁぁあんー……、一馬ぁーーーー。ダメェェェーーーー」

ガクガクとカラダを震わせていき、美里は快感を体いっぱいに表現していく。

これまで、数多くのセックスを経験してきたが、このアナルセックスは、かなり特別であるように感じられた。

「一馬ぁ、気持ちいい……、こんなに感じるんなんて、信じられないわぁ」

「うおおおおぉぉぉーー。美里さん。俺も気持ちいいです……。本当に最高です……」

一馬は吐精感を覚えながらも、必死になって抽送を続けていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました