連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』最終回

連載官能小説

連載官能小説『【女社長】俺にだけ見せてくれる素顔』最終回

(ホント締め付けが段違いだ。やっぱりアナルセックスって気持ちいいんだな……)

と、一馬は感じていた。

抽送を続けていくにつれて、快感は素晴らしくなり、動きも速まっていくのであった……。

「美里さん、体位を変えてもいいですか?」

「え? 体位を変えるの?」

「はい。バックのままでもいいんですけど、美里さんも疲れると思って」

「わかったわ。じゃあ体位を変えましょう。どんな体位がいいの? お尻を使うから、騎乗位とかは難しいと思うけど……」

「そうですね。そうしたら正常位で挿れてみましょうか?」

「正常位ね。一番やりやすい体位だし、それがいいかもしれないわね」

「じゃあ正常位でしましょう。一旦、ち×ぽを抜きますね」

「うん」

一馬は一旦ペニスを引き抜いた。

菊穴はくっぽりと開き、内部の様子がよく見える。

一馬は再びローションをペニスに塗ったくると、美里を仰向けに寝かせる。

そして、足を広げてもらい、アナルがよく見えるような体勢を取った。

「美里さん、お尻の穴が丸見えです」

「こら! 恥ずかしいからそんなこと言わなくていいの」

「すみません。でもアナルって不思議ですね。こんな大きなち×ぽが入るんですから……」

「そうね。最初は入るか不安だったけれど、無事に挿入できてよかったわ」

「はい、それじゃ、今度は正常位で挿れますよ」

「うん、来てぇ……」

尻穴にローション塗れの肉棒を当てて、そのままゆっくりと貫いていく。

ずぶずぶずぶ……。

「はぁん。うぅぅん。おち×ぽが入ってきたぁ」

「美里さん、正常位も気持ちいいです……」

挿入は若干浅くなるが、それでも十分に気持ちいい。

「美里さん、少しずつ動かしていきますからね」

「うん。慣れてきたから、激しくしてもいいわよ」

「わかりました。そうしたら、ちょい激し目でやってみますね」

「んんぁ、ぁぁはぁ、ンンン……、んー」

美里は淫声を轟かせ、快感をカラダ一杯に表現していく。

対する一馬は、腰を上手くグラインドさせて、少し強めに抽送を開始するのであった。

「うぉ、ほぉ……、うぐぅ……、美里さんのお尻、ホントに最高です……。ゾクゾクしちゃいます」

「私も……、私も気持ちいいのぉ、お尻の虜になっちゃう」

「アナルセックス、気持ちいいですか? 美里さん」

「うん、すごく気持ちいいのぉ……。こんなに感じちゃうとは思わなかったわ」

「美里さんがアナルセックスが好きになったみたいで、俺も嬉しいです。今度からは、普通のセックスにプラスして、アナルセックスも取り入れていきましょう」

「はぁ、はぁん、うくぅ、アナルセックスイイのぉ、とっても気持ちよくて、おかしくなっちゃいそうよぉ」

「美里さん、少し足を持ち上げますね……」

「え? 足を持ち上げる?? 何をするつもり?」

一馬は美里の足を持ち上げると、まんぐり返しに近い体勢にさせた。

この体勢になると、女性はかなり恥ずかしいのであるが、今度は挿入が深くなるので、より一層別の刺激が入るのであった。

「きゃぁ、恥ずかしいわ……、一馬ぁ……、恥ずかしいのにぃ、気持ちよくなってしまうのぉ」

「この体位にしたら、奥まで入るようになりましたね」

「うん、奥まで届くのぉ……、奥好きぃ。……もっと突いて欲しいのぉ」

上から下に突き刺すように、抽送を繰り出していく一馬。

じゅる、めりゅ……と、淫音がなり響き、室内に響き渡っていくのであった。

「引き抜く時がいいんですよね? 美里さん??」

「うん、引き抜いてぇ。思い切りじゅりゅって引き抜かれると気持ちいいのぉ……」

「はぐぅ、俺も気持ちいい……、美里さんのお尻ってち×ぽにピッタリと吸い付くのが最高なんです」

「よくわかんない……。だってお尻なんてこれまで使ったことないんだからぁ」

「でも美里はお尻も気持ちよくなれるんですから、セックスの虜になりつつありますよね?」

「そんな人を変態みたいに……」

「変態でもいいじゃないですか? 俺、変態になった美里さんを見るのが好きですよ」

「全く一馬ったら、ホントにエッチなんだから……」

一馬は、ゆっくりと尻穴に挿入し、そこから一気に引き抜いた。

めりゅりゅ……。

鋭い快感が美里を襲っていくのであった。

「きゃー。そ、それ、気持ちいいのぉ……。もっと、してぇーーー」

「わかりました。もっとしてあげますからね。美里さん、たくさん気持ちよくなってくださいね」

「うぅん、はぁん、気持ちいい……、お尻が熱くなって……、ジンジンしちゃうのぉ」

「うおぉぉぉおおおーーー。俺も最高です。とにかく快感が素晴らしい」

「一馬ぁ。ねぇ、キスしてほしいのぉ。お尻を突かれながら、キスされたら、もっと気持ちよくなれるわ」

体位が正常位であるため、姿勢を倒せば、キスは可能である。

それを聞いた一馬は、にっこりと微笑みながら、

「わかりました。キスしてあげますよ」

と、告げ、姿勢を善家にさせていくのであった。

お互いの顔が近くなり、一馬はそのまま唇を押しつけていく。

「んちゅ……、ちゅちゅ……、ちょぱん」

「んんぁ、キスされてる……、気持ちいいのぉ……」

「美里さん、んちゅ、キスしながら、突くとお尻がますます締まっていくように感じますよ」

「んんぁ、あぁん、だって、キスされるの気持ちいいんだもん。だから、自然とお尻が締まっちゃうのぉ……」

「お尻の締めつけが激しくて、俺も気分がよくなってきます」

「んちゅ、ちゅるん、ちゅぱぱ、ちゅっぱ、くちゅん」

キスの雨を降らせていく一馬。

すると、美里が手を一馬の背中に回して、ギュッと抱きついていく。

そして、そのまま熱い抱擁をかわすと、今度は、自らの舌を一馬の口腔内にねじ込んでいくのでった。

(あぁ。美里さの舌が入ってきたぞ……、ねっとりとして気持ちいいや)

と、一馬は感じていた。

「んじゅる、じゅるん、じゅぼぼ、じゅるるる」

お互いの唾液を啜り合うディープなキスが展開されていくのであった。

一馬は濃密な口づけを重ねながら、突きの一撃を加えるのは忘れなかった。

めちゅ、じゅる、めちゅん。

結合部分から聞こえる淫らな音が、二人をより一層興奮させていくのであった。

一馬は、キスを止めて、姿勢を上げていく。

口元から、唾液の糸が伸び、煌びやかに光って見える。

継続して抽送を続けていくと、今度は耐えがたい射精感が発生していくのがわかった。

「美里さん、俺、イキそうです……」

「イキたいの? 一馬??」

「はい、すごく気持ちよくて、お尻の中に精子を出したいんです……」

「わかったわ。出してぇ。お尻の中に精子をたくさん注いでほしいのぉ……」

「わかりました。そしたらたくさん出しますからね……」

美里自身もアクメを覚え始めて、ガクガクとカラダを震わせ始めた。

「一馬。私もイキそう……。二人でイキましょう」

「はい! あぁぁ。精子が出ます……、もう限界だぁ……」

次の瞬間、一馬の欲望が一気に弾ける。

ビュルビュル……ビュピョプ。ビュピョっプ、ビュルっプ……。

「はぁん、出てる、お尻の中に精子がたくさん」

「うぉぉぉ、止まりません……、精子がどんどん出てくる」

たっぷりと精子を出し尽くした一馬はそのまま美里に折り重なるように崩れ落ちた。

二人は再び熱い抱擁を重ね、濃密なアナルセックスの余韻に浸っていくのであった――。

 

 

「美里さん、朝ですよ。起きてください」

「うん、おはよう一馬」

二人は一緒に暮らすようになったのである。

美里のマンションに一馬が引っ越し、そこで新生活を始めた。

今のところ、一馬は美里の会社のアルバイトであるが、ゆくゆくは社員として働く予定である。

そして、すべてが順調に向かえば、その後は結婚しようとも考えていた。

もちろん、夜の営みの方も順調である。

二人はカラダの相性がよく、毎晩のようにカラダを重ね合っていったのだ。

「美里さん、ご飯できてますから、一緒に食べましょう」

「うん、そうね、ありがとう一馬」

二人の幸せな日々は、これからも続いていくだろう――。

〈了〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました