告白手記『女子寮』第1回

告白手記

告白手記『女子寮』第1回

私は、とある女子寮の管理人をしております。

女子寮と言っても、その規模はあまり大きくなく、小さなアパートに、六人ほどが住んでいるというところです。

定年を越えてから、この女子寮の管理人になり、早半年が経とうとしています。

この女子寮には、色々な人間が住んでいますが、中でもかなり変わった人間がいるのです。

それは、相沢美幸さんという女性になります。

彼女は、女子寮の近くにある短大に通っている女子学生です。

ただ、結構変わっているというか、とにかく大胆なところがあります。

そんな彼女のお話をしていきましょう。

 

ある夏の日――。

梅雨も明け、夏本番になったある日、私は女子寮の周りを掃除していました。

女子寮の掃除をするのも、一応管理人の役目なのです。

私が掃除していると、ふとスマホが震えました。

実は、管理人室の電話と、私のスマホは連動しており、自動的にスマホにも連絡が繋がるようになっているのです。

「はいもしもし、管理人ですが……」

「あ、管理人さん。相沢です。ちょっと困ってて」

「困ってる? どうかしたんですか?」

「あの、エアコンの調子が悪いんです」

「はぁ、それは困りましたね。ちょっと見てみましょうか」

「はい、お願いします……」

どうやら、部屋のエアコンの調子が悪いようです。

この女子寮は、各部屋にエアコンがついていますが、どうも旧式らしく、イマイチ効きが悪く、住民からは不評なのでした。

私は電気屋ではないので、まったくエアコンには詳しくありません。

せいぜい、フィルターの掃除をするくらいしかできないのです。

しかし、それでも住民が困っているのであれば、それを解決するしかありません。

私は仕方なく、相沢さんの部屋に向かいました。

 

トビラをノックすると、中からくぐもった声が聞こえます。

「はぁい、どうぞぉ、開いてますよぉ」

相沢さんの声が聞こえます。

私はトビラを開き、中に入りました。

すると、驚愕の光景が目の前に広がるのです。

なんと、相沢さんは普通の格好ではなく、下着姿でウロウロしているのでした。

「ちょっと、何て格好してるんですか?」

「ふぇ、だって、暑くてぇ。エアコンが付かないんですよ」

「だからって、そんな年頃の女の子が……」

今日の気温は高く、猛暑日になるという予報でした。

現在の時刻は午前十時ですが、その段階で既に、三十度を超えているのです。

この状態でエアコンが効かないとなると、室内は地獄のように熱くなっているのでした。

「とにかく服を着てください」

「イヤです。だって、暑いんだもん」

「そんな、もしも変な人が入ってきたらどうするんですか?」

「大丈夫ですよ、この女子寮古いし……。

「と、とにかくエアコンがおかしいんですよね?」

「はい、動かなくて……、どうしてですか? 電気代は払ってますよ」

「私も専門家ではないので、ちょっと自信がないのですが、とりあえずフィルターの掃除をしてみましょう」

「そうしてください。私、よくわかりませんから……」

私は、エコンンのフタを開けて、内部の様子を探ります。

すると、かなりホコリが溜まっているのがわかりました。

「結構汚れてますね。エアコンの掃除とかしていますか?」

「エアコンの掃除ですか? う~ん、全然しないです。掃除とかしなきゃいけないんですか?」

「そりゃそうです。ずっと使っていると、ホコリが溜まって、エアコンの効きが悪くなるんです。だから、定期的に掃除しないとだめです」

「そうなんですかぁ、私全然掃除してないです」

「そしたら、フィルターの掃除をしてみましょう。そうすれば、エアコンが使えるようになるかもしれないし」

私はエアコンの掃除をしていきます。

自宅でもエアコンの掃除はするので、この辺は慣れたものです。

管理人室から、掃除機を持ってきて、フィルターに付着したホコリをキレイに取ると、今度は台所に行って、水洗いしました。

これだけでもかなりキレイになったのです。

エアコンのフィルターを掃除し、再びエアコンを入れます。

すると――。

「ウィーン」

エアコンが動き始めました。

「あ、動いた。動きましたよ、管理人さん」

「多分、ホコリが詰まって接触が悪かったんでしょうね。これで大丈夫ですね」

下着姿の相沢さんは、嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねています。

彼女と私は、親と子というよりも、孫と言ってもいいくらい年が離れています。

それでも、私は一応男です。

年頃の女性の下着姿を見て、何の反応もしないわけではありません。

私のペニスは、ムクムクと大きくなっていくのでした。

咄嗟に股間部を隠して、私は立ち去ろうとします。

この場に長くいると、精神衛生上よくないような気がしたのです。

「それじゃ私は帰ります」

「あ、ちょっと待ってください、管理人さん」

「え、まだ何か?」

「俺にお茶でも飲んでいってください」

「し、しかし……」

「いいから、実は自分で育てたハーブを使ったハーブティーがあるんです。とっても美味しいんですよ」

「へぇ、そうですか。それじゃお言葉に甘えて」

「ちょっと待っていてくださいね」

エアコンが付き、室内は段々涼しくなってきました。

外は猛暑ですから、エアコンがないと熱中症になってしまうかもしれません。

ただ、困ったことがあります。

それは、エアコンが付いたというのに、未だに相沢さんは下着姿なのです。

これでは、目のやり場に困ります。

「あの、相沢さん……」

「え、なんですか?」

「エアコンが直ったんですから、服を着てください」

「私、これが部屋着なんです」

「一応、私は男ですよ。まぁ、初老だし、頼りないかもしれないですけど、もしも、私が興奮して襲ってきたらどうするんですか?」

「あは、管理人さんはそんなことしませんよぉ。私、信頼してますから」

これは悦んでもいいのでしょうか?

微妙な気持ちになりながら、私はハーブティーを待ちました。

やがて、ハーブティーが運ばれてきます。

ふんわりと、いい香りが漂っていくのでした。

「私はハーブティーには詳しくないのですが」

「これはレモングラスっていうハーブです。美味しいですよ」

一口飲むと、爽やかなハーブの香りが口いっぱいに広がっていきました。

しかし、対面に座る相沢さんは、未だに下着姿です。

私はその姿を見て、そわそわと落ち着かないのでした。

「どうかしたんですか?」

「いえ」

「なんか、そわそわしてますよ」

「それは……」

「管理人さん、もしかして興奮してます?」

「そんなことは……」

これは嘘でした。

私のイチモツは、ギンギンにいきり立っているのです。

「管理人さん、立ってください」

「え、どうしてですか?」

「いいから」

私は言われるままに立ちました。

すると、股間部のもっこりが露骨に際立ってしまいます。

それを見た相沢さんは、にんまりと笑みを浮かべました。

「管理人さん、あそこが膨らんでいますよ」

「相沢さんがそんな恰好しているからです」

「苦しそうですね。どうなっているか、見せてください」

「は? 何を言っているんですか?」

私が動揺していると、相沢さんはズボンをスッと脱がしていきました。

ブルン……。

私のイチモツが解放されます。

それを見た相沢さんは、興味深そうに見つめているのでした。

「ちょっと、何するんですか?」

「管理人さんも男なんですね。さっきは勘違いしてました。もうお爺さんだから、エッチなことには興味ないと思いましたよ」

「まぁ、昔に比べれば、大分落ち着きましたけどね……」

「どうして欲しいですか?」

「どうって、あなた何を言っているんですか?」

「エアコンを直してくれたお礼に、私が気持ちよくしてあげますよ」

そう言うと、相沢さんは私の肉竿をシコシコと扱き始めたのでした――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました