告白手記『アナルプレイ』第2回

告白手記

告白手記『アナルプレイ』第2回

「瑞希のお尻の穴、どんどん広がっていくよ。それに、締め付けも凄い感じだ」

「んんぁ、お尻が広がっちゃう……、指でズボズボされるて、感じちゃってるのぉ」

「二本くらい指は入るかな? やってみてもいい?」

「二本も? そんなに入らないよぉ」

「大丈夫だよ、とりあえずやってみるから、痛かったらすぐ言ってね。そしたら止めるから」

「う、うん……」

私は少しだけ恐怖がありました。

でも……。

どういうわけか、期待してしまう自分もいるのです。

雄介君の指でお尻の穴をホジホジされると、なんというか、心地よくなってしまうのです。

もしかすると、私は変態なのでしょうか?

みちみちみち……。

雄介君の指が二本、お尻の中に入ってきます。

先ほどもよりも、窮屈な感じが広がっていくのでした。

「ふぉ……、んなぁ、き、キツい……、キツいよ。雄介君……」

「うん、締め付けが段違いだ。指が噛み千切られるみたいだよ」

雄介君は、ローションをたっぷりと、指に絡ませていたので、スムーズに動きました……。

「瑞希……、どうだ? 気持ちいいか?」

「ンンン……、よくわかんない……、でも、ちょっと気持ちいいかもしれない」

「引き抜く時がいいんだよな?」

「うん。引き抜くとき、気持ちいいかも……」

「なら、思い切り引き抜いてやるよ」

と、雄介君は言うと、指を奥まで挿入し、そこから一気に引き抜きました。

途端、途轍もない快感が私を襲ってきます。

「きゃー。あぁん、それ、ダメェ……」

「思い切り指を引き抜いたらいいんだよな? どうだ? 瑞希??」

「んんぁ。あぁん、気持ちいい……、引き抜かれると気持ちいいのぉ」

「瑞希、そろそろ、ローターを使ってみようか?」

「え? ローター? それってブルブル動くやつだよね?」

「そう。振動するやつ。アナル用に新しく買ったから、挿れてみようと思って」

「痛くないのかなぁ……」

「問題ないよ、だって、今痛くないんでしょ?」

「うん。今は痛くないよ」

「そんなに大きなローターじゃないから、痛くないはずだよ」

「なら、いいけど……」

そう言うと、雄介君は指を一旦抜きました。

ブルっと指を抜かれると、キュンとお尻の穴が締まります。

そして、どういうわけか物凄く気持ちいいのです。

「瑞希、ローター挿れてみるよ」

「う、うん、わかった」

雄介君の用意したローターは、確かにそこまで大きなものではありませんでした。

親指くらいのサイズだったので、問題なくお尻の中に入りました。

「ほら、問題なく入ったよ。瑞希、どんな感じ?」

「どんなって、んんと、何か入ってる感じはするけど」

「じゃあスイッチ入れてみるぞ」

「うん」

雄介君は、ローターのスイッチを入れました。

途端――。

「ヴヴヴヴヴ」

という振動音がこだましました。

同時に、お尻の中がブルブルと震えて、何だかよくわからない気持ちになるのでした。

「ンンン……雄介君、お尻がくすぐったい」

「すぐに慣れるよ」

「はぁ、感じちゃうかもしれない……」

「感じていいんだよ。もっと弄ってあげるからね」

ローターの振動は、そこまで強くありませんでした。

恐らく、あまり強くないのでしょう。

ただ、微弱な振動でもこれだけの衝撃が走るのです。

これが強くなったらどうなってしまうのか?

考えるだけでもゾクゾクしてしまうのでした。

「瑞希、少し振動を強めるよ」

「え、振動を……、ダメだよ……、そんなの……」

「大丈夫だって、もっと気持ちよくなりたいだろ」

「それはまぁ、そうだけど、何か怖いの。このまま癖になっちゃうような気がして」

「癖になったら、俺が毎回お尻を使ってあげるから安心しなよ」

「で、でもぉ……」

「とにかくスイッチのレベル上げるから」

雄介君は嬉々として振動のレベルを上げていきます。

「ヴヴヴッヴヴヴッヴヴヴヴゥ~」

振動音が大きくなります。

同時にお尻の中が激しく刺激されて、何というか気持ちよくなってしまいました。

「ぁあぁあー……、んんぁ、ぁんぁあぁん」

「瑞希、おま×こからもエッチなお汁が出てきてるぞ」

私はお尻を弄られて、おま×こを濡らしていました。

ツツツ―と、淫蜜が滴り落ち、太ももを伝って流れていきます。

「だって、気持ちいいんだもん。濡れちゃうのは仕方ないじゃん」

「わかってるよ。おま×こも弄ってあげようか? そうした方が気持ちよくなれるんじゃないの」

「そんなことされたら、私、変になっちゃう……。おかしくなっちゃうよぉ……」

「おかしくなってもいいよ。イキ狂った姿を俺に見せてほしいんだ」

雄介君はお尻にローターを突っ込み、その状態でさらにおま×こを弄ってきました。

敏感な部分をクリクリされると、気持ちよくて堪りません。

「んんぁ、あぁん、ダメだよぉ……、そんなに弄られたらぁ」

「瑞希のおま×こ大洪水だ。ヌレヌレになってるよ」

「だってぇ、お尻が気持ちいいんだもん……」

「わかってるよ。もっと弄ってやるからな」

「なぁ、あぁ、ンンン……」

私の口からエッチな声が漏れていきます。

同時に、堪らなく気持ちよくなり、四つん這いになっているのがしんどくなってきました。

「雄介君、この体勢ちょっと辛いかも……」

「わかった、体位を変えようか? 瑞希、仰向けになって寝てごらん」

「仰向けだね。わかった」

雄介君は一旦ローターを引き抜きました。

そして、私は仰向けに寝そべり、足を持ち上げました。

「お尻に入れるから、足をもっと広げて」

「うん、わかった」

私は赤ちゃんのおむつを替えるようなポーズになりました。

かなり恥ずかしい格好ですが、こうしないと、お尻の穴が見えないので仕方ありません。

「そろそろ、アナルプラグを使ってみよか?」

「アナルプラグ?」

「うん。拡張用の少し大きなおもちゃって言えばわかるかな」

そう言うと、雄介君は黒光りするアナルプラグを取り出しました。

その大きさは、勃起した男性器くらいあるのです。

こんなに大きなものが、お尻の中に入るのでしょうか?

「そんな大きいの入らないよぉ」

「指やローターで広げたから、大丈夫だよ。それに、ローションもたっぷり塗るから」

「だけどぉ……」

「俺を信じろって……、とにかく挿れみるぞ。これができたら、俺のち×ぽを挿れたって大丈夫だから」

「はぁん、雄介君の意地悪ぅ」

雄介君は大きなアナルプラグにローションをたっぷりと塗り、それを私のお尻の穴に押し当てました。

指やローターでかなり穴が広がっていたのか、アナルプラグはすんなりの直腸内に吸い込まれていくのでした。

ずちゅ、めちゅ、めりゅる……。

にゅるんと、アナルプラグが入ってきます。

ローターや指に比べると、その太さは大きく、お尻の穴が広がっていくのがわかります。

「うぉぉ、瑞希、入ったよ。結構窮屈だけど、問題なく入ったな……」

「あぁん、キツい……、キツいのぉ。裂けちゃうよぉ」

「全然そんなことないよ。お尻が広がってきたんだ。少し動かしてみるからね」

雄介君は、アナルプラグをシコシコと動かし始めました。

とても窮屈な感じが広がっていきます。

ただ、それでも、どこか快感があるのがわかるのでした。

「瑞希どうだ? 気持ちいいんじゃないのか?」

「気持ちいいけど……、んなぁ、ダメだよぉ……」

「お尻とセットにしてクリも弄ってやるよ」

「んななぁ、クリは敏感だから、優しく弄ってぇ」

アナルプラグでお尻にフタをされ、さらに私はクリトリスを弄られてしまいました。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました