連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係』第4回

連載官能小説

連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係』第4回

「んちゅ、にちゅ……」

乳房を舐めるほど、琴音の声は艶を帯びていく。

そんな彼女の声を聞いていると、信夫の興奮も高まっていくのであった。

「女将さんのおっぱい、ホントに美味しいです」

「そ、そんな、美味しいだなんて」

「でも舐められたかったんでしょ?」

「はい、何というか、性欲が抑えきれないんです」

「なら、もっと気持ちよくしてあげますよ」

「え? もっと??」

「はい、下の方はどうなっているのか見せてください」

「恥ずかしいですけど、あそこも弄ってください」

「もちろんです。じゃあ、早速……」

そう言い、信夫は視線を下にさげていく。

白のショーツのクロッチ部分には、うっすらとシミができているのがわかった。

「女将さん、パンツにシミができていますよ」

「いぁん、恥ずかしいから言わないでください」

「僕のち×ぽを舐めて興奮しちゃったんですね」

「はい、それに、おっぱいを弄られて、ますますおかしくなってしまったんです」

「なら、もっとおかしくしてあげますよ」

「はぅん、あぁん、お願い、おかしくしてぇ……」

その艶のある淫声を聞きながら、信夫はショーツを下ろしていく。

するすると、下着を脱がすと、ヴィーナスの丘が見えてくる。

そこはぷっくりと膨らんでおり、やや硬い。

また、フワフワとした陰毛が繁茂しており、よりエロティックでもある。

琴音は体毛が薄いようで、恥毛は控えめであった。

信夫は指で陰毛に触れると、さらに下に指を伸ばしていった。

「んんぁ、ンンン……あぁん」

ふっくらとした厚みのある大陰唇が見える。

そこを指で押し開くと、くぱぁと小陰唇が顔を出した。

「もう、おま×こヌレヌレですね」

「はい、恥ずかしいですけど、こんなになってしまったんです」

「女の人が濡れるのは自然なことですから、そんなに恥ずかしがらなくてもいいですよ」

「はぁん、そうかもしれないですけど、やっぱり恥ずかしいですわ」

顔を真っ赤にさせている琴音の姿は、どこまでも愛らしく、信夫を満足させていくのであった。

信夫は、小陰唇のビラビラをかきわけ、ヌラヌラと光る膣口に指を当てる。

女の部分は、キレイなサーモンピンクをしている。

「おま×こ触りますけど、いいですよね?」

「はい、触ってください、お願いします」

「わかりました。では触ってあげますからね……」

信夫は、指先を使って膣口をスリスリと弄り始めた。

既にたっぷりと淫蜜に満たされているため、指がスムーズに動いていくのである。

「おま×こ、ホントにトロトロになっていますね」

「はぁん、だってぇ、遠塚様が、そんな風に弄るからですぅ」

「気持ちいいですか? おま×こ触られるのは?」

「はぁん、気持ちいいです……、ゾクゾクしちゃいますぅ」

「フフフ……、女将さんはホントにエッチですね」

「普段はこんなではないんです。でも、今日はおかしくなったみたいで」

「きっと温泉の効力が復活したからですよ。だからエッチになってしまったんですね」

「はぁん、ダメェ、気持ちよすぎて変になってしまいます」

「変になっていいですよ。変になった姿を僕に見せてください」

「本当にすみません、こんなにはしたない姿を見せてしまって」

「いえ……、むしろ僕は嬉しいですよ。女将さんの色々な表情が見られて、とても最高です」

膣口を指で摩るように弄っていくと、ヌメヌメと淫蜜がふき出し、より一層陰部はトロトロになっていく。

そんな卑猥な女の穴を弄りながら、信夫の分身もいきり立っていくのであった。

「女将さん、おま×この中に指を挿れてみますよ」

「はい、挿れて下さい」

「わかりました」

信夫はじっくりと指を動かし、膣内に導いていく。

にゅるん、ちゅん……。

指を挿入する時、卑猥な音がこだましていく。

同時に、膣内は体温に満たされており、ほっこりと温かみがあるのであった。

「おま×この中、熱いですね」

「ううぅ、ハァ、指が入ってきましたぁ」

「どうですか? こうして指でおま×この中を掻き回されるのは?」

「きゃん、はぁん、気持ちいい……、指でクリクリされるの、ホントに最高なんですぅ……」

「女将さんのあそこ、エッチすぎて、僕の指に絡みついてきますよ」

「ハァハァ……、だってェ、それだけ気持ちいいんですもの」

「少しずつ動かしていきますからね」

信夫は、指を奥の方まで挿れていくと、ゆっくりと上下に動かしていった。

柔軟に形を変える膣内は、しっとりと蜜で満たされており、指に絡みついてくる。

また、キュンと締まりを見せて、指を甘締めしていくのであった。

「うぉぉーー。おま×こが締まる。感じてるんですか?」

「はぁん、あぁ、そうなの……、感じすぎてますぅ」

「おま×こからエッチなおしっこがたくさん出てきてますね」

「そんな、エッチなおしっこだなんて、恥ずかしすぎますわ」

「こんなにトロトロになって……、これじゃ、仕事になりませんね」

「はぁん、そうなんです……、仕事になりません。頭の中はエッチなことでいっぱいなんですぅ」

「ホントに卑猥な女将さんだ。客のち×ぽを舐めて、さらにおま×こを弄られて感じてしまうんなんて」

「だってぇ、それだけ気持ちいいんですものぉ……」

「弄るほどに、エッチなお汁がふき出してきて、ホントに淫らですね」

「すみません、いつもはこうじゃないのにぃ。今日だけは特別なんですぅ」

「フフフ……、じゃあ次はここを弄ってあげますよ」

「え? ここって??」

「決まってるでしょ。クリトリスですよ。女の人が一番感じる部分です」

「はぁん、クリも弄ってほしいですぅ。もっと気持ちよくなってしまいたいんですぅ」

「わかりました、ではクリを弄ってあげますからね」

信夫は小陰唇の上方部分にある、包皮に包まれた一帯を指で押し当ていくのであった。

陰核の包皮を指で押すと、ピュッと米粒大の白い豆のようなものが飛び出してくるのであった。

「クリが飛び出してきましたよ。小さくて可愛いクリトリスですね? 今、弄ってあげますよ」

「そこは敏感だから、なるべく優しく弄ってくださいまし……」

「もちろんですよ、優しく弄ってあげますからね」

信夫は、陰核を指の腹を使って刺激していく。

すると、あまりの快感に、琴音のカラダがビクッと跳ねた。

「んんぁ、あぁん、ダメェ――」

「ここはやっぱり敏感みたいですね」

「はい、そうなんです。そこは敏感だから、あんまりに強くしないで」

「わかりました。では最初は弱めに刺激してあげますよ」

「あぁん、ハァハァ……、ダメェ、気持ちよすぎますぅ……」

あんあんと、高らかに蜜声をあげていく琴音。

その声を聞きながら、信夫の指の動きも速まっていくのであった。

「女将さん、クリトリスが膨らんできましたね?」

「はぁん、だってぇ、気持ちよすぎて仕方ないんですぅ……」

「クリトリスを弄っていくと、ますます、エッチなおしっこが出てきますね。うわぁ、ホントに卑猥だなぁ」

「遠塚様……、あぁん、そんなに弄ったらぁ、やぁん」

「いやいや言いながら、ホントは弄ってほしんですよね? わかってますよ。女将さんはエッチだから」

「んんぁ……、エッチな女でごめんなさい。でも、止められないんです」

「もっと気持ちよくなってください。んんぉぉー」

信夫の指の動きも、徐々に速まっていく……。

同時に、琴音も激しい快感に身を包まれるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました