連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係』第5回

連載官能小説

連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係』第5回

「女将さん、次はおま×こを舐めたいんですけど、いいですか?」

「そ、それは、汚いですよ」

「大丈夫です。女将さんのカラダに汚い場所なんてありません」

信夫は興奮しきっていた。

だからこそ、女の淫裂が舐めたくて仕方なかったのだ。

「僕、もう我慢できません。舐めさせてください」

そこまで言うと、信夫は強引であった。

仰向けになっている琴音の足を持ち上げ、秘部を開帳していくと、むしゃぶりつくように、性器に吸い付いていく。

「きゃーぁぁあああ。ダメェェェ」

陰部に顔を近づけると、僅かだが、ツンとした香りが漂ってくるのがわかった。

それはどこかリコッタチーズのような香りがしており、信夫を興奮させていくのである……。

「女将さんのおま×こ、すごくいい匂いがします」

「やぁん、そんな匂いかいじゃダメですぅ。恥ずかしすぎます」

「いいじゃないですか。こんな匂いを嗅いでしまうと、僕おかしくなってしまいそうですよ」

「はぁん、私、おま×こ舐められてる、あぁん、ドキドキするわぁ」

「んちゅ、レロレロ」

信夫は舌先をフルに使って淫裂を舐め回していく。

僅かに塩気を感じるが、それさえも愛おしい。

信夫は必死になって、女の部分を刺激し続けた。

「んんぁ、あぁん、遠塚様の舌が……、ダメェ」

「うぉぉ、舐めるほどにエッチなお汁が流れ出てきて、感動的です」

「だってぇ、そんな風に舐められたら、感じてしまいますわぁ」

「感じてください」

「もう、止められない。あまりに気持ちよすぎて。あぁん」

ペロペロと犬のように性器を舐めまくる信夫。

彼の必死な愛撫に、琴音も心地よくなっていくのであった。

「んんぁ、あぁ……、気持ちいい……、おま×こが気持ちよくて、変になってしまいますぅ」

「んちゅ、レロレロ……」

「うぅ、いやぁん、そんな風に舐めないでぇ……」

「女将さんのおま×こ、すごく美味しいです。何だか、癖になってしまいますよ」

「はぁん、美味しいだなんて、そんな恥ずかしいですわ」

「恥ずかしがっている姿も、とても魅力的ですね。もっとよく女将さんの姿を見せてください」

膣口をスリスリと舐め回していた信夫であったが、今度は舌先を膣内に挿れてみた。

すると、仄かに舌先に温かさを感じるのであった。

「んぁ、あぁ、あぁぁー。舌がぁぁあー。舌があそこの中に入ってくるぅ」

「はい、んちゅ、ちゅぱん。女将さんのおま×この中、すごく熱くなっているんです。火傷しそうだ」

「はぁん、だってぇ、気持ちよすぎて、おかしくなってしまいますわ……、んんぁ……あぁぁー」

信夫は琴音の淫声を聞きながら、淫裂を舐め続けた。

しとどに蜜がふき出し、それが舌の上で踊る。

淫らな味わいは口腔いっぱいに広がり、信夫を卑猥な気分にさせていくのであった。

「あぁん、遠塚様……、ダメェ、おま×こが気持ちよすぎて」

「んんぉ、おぉ、んちゅ……」

「あぁん、ダメェェ。あそこが気持ちよくなってぇ」

「女将さん、今度はクリトリスを舐めてあげますよ。いいですか?」

「ふぁん。クリトリスですか……、で、でも、そこを舐められたら」

琴音は、少しずつアクメを覚え始めていた……。

快感の塊が、降ってきて、彼女を心地よくするのである。

同時に、陰核を舐めてほしいという希望もあった。

つまり、もっと、気持ちよくなりたかったのである。

「んちゅ、クリも舐めちゃいますからね」

「んんぁ、あぁぁぁ、クリを舐めてぇ、もっと気持ちよくしてほしいのぉ」

「わかりました。では舐めますからね」

信夫は、舌先を陰核に向けた。

指の腹を使って、クリトリスを押すと、再びピュッと白い豆が飛び出してくる。

女豆はヒクヒクと震えており、外気に触れて小動物のように蠢いていた。

「ちゅちゅっ」

勢いよく、陰核に吸い付いて、刺激を加えていく。

その瞬間、琴音はビクッとカラダを震わせた。

あまりの快感に、最早耐えるのがしんどくなっていく。

「きゃー。ダメェ……、遠塚様……、そんな風に舐められたら、私、イッてしまいます……」

「女将さん、イキそうなんですか?」

「はい。イキそうです。もう我慢できません……」

「なら、イッてください! 激しくイッてもいいですから」

「んなぁ、あぁん、ダメェ、ホントに限界なんですぅ」

と、身悶えしながら、琴音は感じ続けるのであった。

快感の塊が降ってきて、やがてアクメの感覚が短くなっていく。

断続的だったアクメが、長くなり、身体中を包み込んでいくのだ。

「きゃー、ダメ……、も、もうダメですぅ。ホントにダメェェェ」

琴音の淫声を聞きながら、信夫は懸命に陰核を弄り続ける。

対する琴音は、とうとう我慢の限界を超えたようである。

「んんぁ、あぁぁぁーーー。ダメェ……、イク! イッちゃうぅぅーーー」

途端、琴音のカラダがガクンと跳ねる。

そして、じんわりと長いオルガスムスを感じ始めるのであった。

「あぁん、気持ちいい……、遠塚様……、気持ちいいですぅ」

女の絶頂は、男のそれに比べると、一瞬ではない。

比較的長く、快感の状態が続くのである……。

だからこそ、琴音は鋭い悦楽を、最大に感じ続けていた。

「んんぁ、あぁん、ダメェェーー」

「んちゅ、くちゅくちゅ」

やがて、琴音はがっくりと崩れ落ちた。

畳の床の上で、ヒクヒクと小刻みにカラダを震わせながら、陰核弄りの余韻に浸っていくのであった。

「女将さん、イッたんですね?」

「はい、あまりに気持ちよくて、イッてしまいました」

「それはよかったですよ」

というものの、琴音の欲望はまだ満足していなかった。

なんというか、性欲が留まることを知らないのであった。

対する信夫も、一度イっているものの、まだまだプレイができそうであった。

むしろ、この先に進みたい。

そんな風に思っていたのである。

「女将さん、満足しましたか?」

と、信夫が尋ねると、恥ずかしそうに琴音が告げる。

「あ、あの、遠塚様、実はまだなんです」

「まだ?」

「はい、性欲が治まりません。といよりも、高まっている気がします」

「僕もこのまま終わりたくありません。あの、続きをしてもいいですか?」

「続きですか?」

「えぇ、つまり、僕は女将さんとセックスしたいんです。いいですか?」

琴音の顔は薄っすらと上気している。

そして、コクリと首を動かした。

「はい、私もしたいです。お願いします」

「ありがとうございます。じゃあ、このままエッチしましょう」

二人の淫らな時間はまだまだ続くのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました