連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』第7回

連載官能小説

連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』第7回

激しく突いているため、信夫の息も上がり始める。

だが、懸命に抽送を続けていき、彼は快感を生み出していくのであった。

「はぁん、遠塚様……、んん、気持ちよすぎて変になってしまいます」

「僕もです。僕も気持ちよすぎて、もう耐えられない」

「んんぁ、あぁ、おま×この奥を突かれて、私、気持ちよくなってる……、変態になったみたい」

温泉の効力なのか、琴音はどんどん淫らになっていくのであった。

対する信夫も、立ち昇る射精感を抑えるのがやっとである。

グッと下半身に力を入れて、吐精感を抑え込む。

まだ、幾分か余裕があるが、それほど、長くはもたないであろう。

そのくらい、快感のレベルは凄まじいのである。

ふと、結合部分を見つめる。

すると、淫猥な蜜が滴り落ちていくのがわかった。

煌びやかな淫蜜は、キラキラと輝き、それでいてヌルヌルとしているのであった。

「女将さん、エッチなおしっこがたくさん出てきて、あぁ、凄いですよ」

「だってぇ、あまりに気持ちよすぎて、どんどん出ちゃうんです。あぁん、ダメェェェ――……」

「ふぅ、ハァ、女将さんのおま×この中、本当に気持ちよくて最高です。僕、こんなに気持ちよくなったのは、久しぶりですよ」

「本当ですか? そう言ってもらえると嬉しいです」

「とにかく、心地いいんです……。ち×ぽが蕩けそうだ」

「んん、んぁ、あぁん。おち×ぽが奥まで刺さって、とっても気持ちいいのぉ。それに激しい……」

「激しいのがいいんですよね? かなり激しくしてますよ」

ズコバコと勢いよく抽送を繰り出す信夫……。

彼の体力も少しずつ削られていくが、頑張ってピストン運動を続ける。

「そうなのぉ。激しいのが好きなのぉ……、キャー」

やがて、信夫は琴音の足をクロスさせて、垂直に持ち上げた。

こうすると、どこか挿入の角度が変わり、違った気持ちよさが襲ってくるのであった……。

「キャー、遠塚様、恥ずかしいですわ……、この体勢」

「恥ずかしい体勢の方が、興奮するんじゃないですか? さっきもまんぐり返しにさせたら感じまくったじゃないですか」

「はぁん、そんな……、でも、感じちゃう……」

「感じてください。女将さんが感じてくれると、俺も嬉しいですから」

「遠塚様は、気持ちいいですか? 私のおま×こで気持ちよくなっていますか?」

「もちろんですよ。僕も気持ちいいです。だから安心してください」

「はぁん、私ばっかり気持ちよくなっていたら、申し訳ないですから、遠塚様も気持ちよくなってくださいぃー」

「んんぁ……、あぁん、ダメ……、おま×こ感じすぎちゃって、ハァ、ハァ……、気持ちいいぃ」

足を持ち上げて、スベスベのふくらはぎに触れてみる。

適度に肉感のある、琴音の足は、どこまでもキレイであり、信夫を興奮させていくのであった。

彼は、一定のリズムで抽送を続けながら、さらに足を弄っていく。

「女将さんの足、凄くキレイですね。見惚れてしまいます」

「そうですか? 太い脚だと思いますけど……」

「そんなことないですよ。最近の女の人は、みんな細すぎますから、僕は女将さんのような足が好きだなぁ」

「まぁ、それって足が太いって言ってるじゃないですか? 酷いですわ、遠塚様ったら……」

「褒めているんですよ。ムッチリした足が、本当に興奮させてくれるんです。和服だとあまり、あわせないかもしれないですけど、パンストとか穿いたら、破壊力が凄まじいことになりそうですね。まぁ、こうした生足も魅力的なんですけど」

「人に見せられる足じゃありませんわ。だから、そんなに触らないでぇ」

「無理ですよ。俺、女将さんの足に興奮してるんです。もっと触らせてください」

そう言うと、信夫は琴音の足をスリスリと触り始めた。

しっとりとした彼女の足は、信夫の興奮を高めるのに、何役も買っていったのである……。

「うぉぉぉー。女将さん……、足が最高に気持ちいいです」

「遠塚様……そんなに足がいいんですか? 私の足が??」

「はい、そうです。とにかく足を弄りながら、ち×ぽを突くと、気持ちよくなってしまうんです」

「んんぁ、おち×ぽもちゃんと突いてくださいね。足ばかり触っていたら、イヤですよ……」

「もちろんですよ。ちゃんとち×ぽも突き続けてあげますからね」

足を弄りながら、並行して、激しくピストン運動を続ける信夫。

当然、琴音も気持ちよくて堪らない。

ゾクゾクとした悦楽が降り注ぎ、身体中が性感帯になったような気持ちになっていく……。

「あぁん、遠塚様のおちん×ん、ホントに気持ちいい……、私、こんなに気持ちよくなったのは、もしかすると、初めてかもしれません」

「そうですか。それは嬉しいですね。多分ですけど、僕たちカラダの相性がいいんですよ。だから、お互いにこんなにも気持ちよくれるんでしょうね」

「カラダの相性がいい?」

「はい。実は、僕もこんなに気持ちよくなれるとは思っていなかったんです。カラダの相性がいいと、気持ちよくなれるって聞きますからね」

「はぁん、遠塚様……、私嬉しいです。あなたとこうして結ばれて、本当に嬉しいんです……」

「僕もです。こうして女将さんと出会えたのは、何か縁ですから。このまま気持ちよくなりましょう」

「んん、あぁん、ハァハァ……、おま×こが蕩けそう……。おま×この中をズボズボされると本当に気持ちいいんです……」

「もっとズボズボしてあげますからね」

「はぁん、はいぃ、ズボズボしてぇ。お願いいぃー」

信夫は足を弄り続けながら、そのまま激しく突き続ける。

あまりに気持ちいいので、気を失いそうになる。

それでも、彼は粘り強く抽送を生み出していくのであった。

「ぁぁー、あぁん、ダメェ……、遠塚様、私、またイッてしまいそうです」

「女将さん、イキそうなんですか?」

「はい。あまりに気持ちよくて、イキたくなってしまいました」

「なら、イッてもいいですよ。ただ、イッても僕がイクまで突き続けますからね」

「んんぁ、あぁん、ダメ! ホントにイッちゃう……、キャー」

結合部分から、淫蜜がピッピッとふき出してくる。

「やぁ、ダメェ、何か出ちゃう……、いやぁん、見ないでぇ……」

「きっと潮吹きしてるんですね。うわぁ、感動的だなぁ」

「あぁん、ダメだったらぁ、見ちゃイヤぁぁー」

子宮頸管粘液がふき出し、信夫のち×ぽに絡みついてく。

ガクガクとカラダを震わせながら、琴音は感じ続けるのであった。

ただ、信夫は射精感を覚えているものの、幾分か余裕がある。

だからこそ、彼は抽送を止めずに、ち×ぽを突き続けるのであった。

「やぁ、ぁん。ぁっぁぁ、遠塚様ぁ、イッたばかりの敏感のおま×こを突かないでください」

「ダメですよ。自分ばかりイッてはね。僕もイキたいんですから……。だから、突きまくっちゃいます」

「はぁん、止めてぇ、おま×こが壊れてしまいますぅ」

「大丈夫ですよ。イッだけど、壊れたりなんてしませんから。とにかく、僕がイキ狂わせてあげますからね」

バコバコと腰を動かし、抽送を続けていく信夫。

彼自身も、著しい射精感が襲ってくるのであった。

少しずつではあるが、着実に限界は近づいてくる。

「うぉぉー。女将さん、僕もそろそろイキそうです。イッてもいいですか?」

「遠塚様もイキたいんですね? イッてください」

琴音はそんな風に言いながら、信夫を迎え入れる準備を始めたのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました