連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』第8回

連載官能小説

連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』第8回

途端、快感の塊が信夫の全身を貫いていく……。

「うぉぉー。ダメだ、女将さん、もう限界です。精子が出ます。中に出してもいいんですか?」

「はい、中に出してください。そっちの方が気持ちよくなれますから」

普段なら、絶対に中出しなど認めない。

そんな琴音であったが、今は全く違っている。

むしろ、牡の欲望を求めているのであった……。

「それじゃ、中に出しますよ……」

既に限界を超えている信夫は、最後の力を振り絞って抽送を続けた。

やがて、オルガスムスが全身を包み込んでいき、尿道に精液が駆け巡っていく。

そして……。

ビュルビュル……ビュピョプ。

白濁色の子種が、勢いよく膣内に放出される。

あまりの快感に卒倒しそうになりながらも、信夫は精を吐き出し続けた。

「あぁ、凄い、女将さん、どんどん精子が出ていきます」

「はぁん、はい、遠塚様の精子が、私のお腹の中に……、んんぁ、熱い、とっても熱いですわぁ」

熱く滾るスペルマを、吐き出すと、信夫はそのままガクリと崩れ落ちた。

激しく消耗したという形である。

しかし、その疲れはどこか心地いい。

琴音は膣内をキュッと締め上げ、最後の一滴まで精子を搾り取っていく。

「あぁ、遠塚様の精子が……、私の中にぃ……」

「女将さん、とても気持ちよかったです。ありがとうございます」

「私もです。私も物凄く気持ちよくなれました」

信夫は、ゆっくりとペニスを引き抜いた。

すると、ゴポリと膣口から白濁色のスペルマが零れ出していく。

それは、どこまでも淫らな光景であり、信夫を興奮させていくのであった。

「女将さん、満足できましたか?」

「あの、遠塚様、驚かないでください」

「え?」

「実は、まだ満足していないんです。もっとしてほしい」

「もっとですか?」

「はい、遠塚様、もう一回抱いてもらえませんか?」

「わかりました。では、もう一回やりましょう。僕は大分消耗しましたけれど、少し休めば回復しますから」

「嬉しいです。ありがとうございます」

つい先ほどイッたばかりなのであるが、ペニスは再び鋭い脈動を打ち始めた。

ドクドクと熱く反応を示し、また、ゆっくりと隆起していく。

もしかすると、信夫にも温泉の効力が出てきたのかもしれない。

元々、そんなに絶倫なタイプではなかったが、今日はなんだか違っている。

とにかく、何度でも結ばれてしまいたい……。

そんな風な思いが、彼を支配していくのであった。

「女将さん、次は後ろからしてもいいですか?」

「え? 後ろからですか?」

「はい、バックからしたいんです。そうすれば、もっと気持ちよくなれますよ」

「わかりました。その辺は遠塚様にお任せしますわ」

「ありがとう。じゃあ、後ろから挿れますからね」

ある程度体力が回復した信夫は、ゆっくりと起き上がると、琴音を四つん這いにさせた……。

そして、お尻を高く上げてもらい、その状態でペニスを突き立てる。

「女将さん、このポーズだとお尻の穴まで丸見えですよ」

「きゃー、そんなとこ見ないでください……、恥ずかしすぎます」

「ホントにキレイなアナルですね。ヒクヒク動いています」

「ダメです……、見ないでぇ」

本気で恥ずかしがる琴音の姿が愛らしい……。

「女将さん、では挿れますよ。いいですね……?」

「はい、わかりました」

スベスベの臀部に手を置いて、双肉をくいっと横に広げる。

臀部の肉を押し広げると、トロトロになった膣口が顔を出し、そこにペニスを押し当てていくのであった。

ずぶずぶずぶ……。

二度目のセックスが展開されていく。

「あぁ、女将さんの中、やっぱり気持ちいいです」

「はぁん、はい、私の中におち×ぽがたくさん……」

「バックからだと、奥まで入りますね」

「はい、奥がいいんです。もっと突いてください」

「わかりました。とりあえず、最初はゆっくりと始めますからね」

信夫はそう言うと、静かに腰を穿ち始めた……。

じゅる、めりゅ、めりゅちゅ……。

淫猥な音がこだましていき、信夫の耳に心地よく届く。

「はぁん、遠塚様……、んんん、気持ちいいですぅ」

「僕も気持ちいいですよ。それに、バックからだと、何だか本気のセックスをしているような気がしますね」

「うぅ、そうかも……、あぁん、こんな獣のような体勢でセックスしてしまって、あぁん、何だか興奮してしまいますわぁ」

「もっと興奮してください。まだまだこれからですよ」

「きゃん、気持ちいい……、もっと、もっと突いてぇ」

琴音は後ろから突かれて、とにかく快感を覚えていった。

彼女も言った通り、後背位でのセックスは、どこか動物の交尾を彷彿させるようで、興奮を煽るのである。

野性味あふれるセックスに、琴音は身も心も痺れ始めた。

「んんぁ。あぁん、遠塚様のおち×ぽが奥まで届きますぅ……」

「バックからだと、奥まで入りやすいですからね。こうして奥深くまでち×ぽを挿れられるんです」

「はぁん、うぅ……、遠塚様、もっと激しく動いてぇ」

「そんなに激しいのがいいんですか?」

「そうなんですぅ……、ゆっくりなのいやぁー。もっと、速く動いて気持ちよくしてほしいのぉ」

「わかりました。では、少しずつペースを上げていきますから」

信夫は、抽送のリズムを一段階引き上げた……。

パンパンパンと、肉同士がぶつかり合う音がこだましていく。

「きゃー、そ、それ、いいです……、すごく気持ちいい」

「女将さんはホントエッチですね。こんなに乱れてしまって」

「自分でもよくわからないんです。何でこんなに興奮しているのか……、いつもはこんな風にならないのにぃ」

「僕もですよ……、僕は男ですから、エッチなことは好きですけど、こんな風に興奮したのは、初めてかもしれません」

「んんぁ、ハァハァ……、温泉の力なのぉ……」

「そうですね。鳳凰の湯の力が舞い戻ってきたんです」

ヌルヌルになった膣内を、ペニスで擦り上げていく。

一度内部に射精しているので、それがいい感じに潤滑油になり、かなりスムーズにイチモツを動かすのであった。

「女将さんのおま×この中、温かくて、それでいてち×ぽに絡みつくんです」

「はい、あまりに気持ちよくて、自然とあそこが締まってしまうのぉ」

興奮しきった信夫は、ペシペシと琴音の臀部を叩き始めた。

すると、琴音はビクビクッとカラダを震わせていく。

「んんん……、きゃん、お尻叩かないでぇ……」

「どうしてですか? 変態の女将さんは、尻叩きに興奮するんじゃないですか?」

「そんな変態だなんて……、私を辱めないでぇ」

「辱められた方が気持ちいいでしょ……。もっと叩いてあげますよ」

バシ、ペシ!

琴音のお尻を叩いていくと、膣内とリンクしているのか、キュッと締まりを感じるのであった。

「女将さん、うぉぉ、おま×こ締め過ぎですぅ……」

「だってぇ、遠塚様がそんな風にお尻を叩くからぁ」

「ち×ぽが噛み千切られそうだ。うおぉー、これはこれで心地いですね」

「遠塚様、あんまり意地悪しないでぇ……」

「すみません。女将さん可愛いから、ついついイタズラしたくなっちゃうんですよ」

「はぁん、遠塚様ぁ」

一段階ギアを上げてから、規則的なリズムで抽送を続けていた信夫であったが、ここで変化を加え始めた。

一定のリズムで突き続けるのではなく、浅く突いたり、深く突いたりを繰り返し、なるべく動きが単調にならないように工夫していったのである。

この刺激の変化に、琴音も気づいている。

同時に、この新しい快感に身を捩らせながら、感じ続けるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました