連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』最終回

連載官能小説

連載官能小説『子宝温泉―美人女将と潤蜜関係―』最終回

「女将さん、立ってもらえますか?」

「え? 立つんですか?」

「はい、今度は立ちバックでやってみたいんです」

「わかりました。立てばいいんですね?」

「お願いします」

イッたばかりであるため、琴音の足取りはフラフラとしていた。

立位になり、お尻とツンと突き出す。

カラダを支えるために、部屋の中にある柱に手を置き、姿勢を安定させた。

「女将さん、準備はいいですか?」

「はい。挿れてください」

信夫は、琴音の臀部に手を置いて、ペニスを膣口に持っていく。

ぬらついている女の部分は、ぬるりと肉竿を吸い込んでいくのであった。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むように怒張が吸い込まれていく。

「あぁ、遠塚様のおち×ぽが入ってくるぅ……」

「立った状態だと、挿入の角度が変わって、違った刺激が入りますね」

立ちバックは、気を抜いてしまうと抜けそうになってしまう。

信夫は細心の注意を払い、抽送を続けていくのであった。

「んんぉ……、おぉぉー。凄い。女将さん、気持ちいいですよ」

「立ったまま挿れられるのも、不思議な感覚ですね」

「どうです。普通のバックもいいですけど、こっちもいいですね」

パンパンパン。

肉同士がぶつかり合う音がこだましていく……。

「女将さんのお尻も肉感があって素敵ですね。ちょっと叩いてもいいですか?」

「そんな叩くなんて子供みたいですわ」

「感じまくってる女将さんにお仕置きしてあげますよ。お尻ぺんぺんです」

そう言い、信夫はリズミカルに琴音の桃尻を叩き始めた。

「あぁん、ダメェ、叩かないでぇ」

「お尻のお肉がブルブル震えて魅力的ですよ……、もっと叩きなくなってしまいますよ……」

「はぁん、叩かれると、何だか変な気分になってしまいますわ」

「お尻を叩くと、おま×こもヒクつきますね。もしかして興奮してますか?」

「あぁ、興奮してるの……。だって、なんだかぞくぞくしちゃうんですもの」

「そしたらもっと叩いであげますよ。ほら、こんな風に……」

「あぁん、ダメェ。そんなに叩かないでぇ、変になってしまいますわぁ」

ぺちぺちと臀部を叩いていくと、信夫も興奮してくる。

彼はそこで、次なる行動に出た。

「女将さん、こんなのはどうですか?」

「ふぇ、な、何をするんですか?」

信夫は、琴音の片足を持ち上げると、やや斜め下からペニスを突き上げていく。

「んんぁ、あぁん。こんな体勢、恥ずかしすぎます……」

牡犬がおしっこをするようなポーズになり、かぁと、琴音は赤面していく。

「こうすると、また別の刺激が入りますね……」

「あぁん、ダメだったらぁ、そんな突かれたら、立っているのがしんどくなっちゃうぅ……」

ガクガクと足を震わせながら、必死になって快感に耐える琴音。

先ほどイッたばかりであるため、あそこは敏感に反応するのであった。

「女将さん、おま×こがヒクついてますよ……」

「あぁん、またぁ、またきたぁ、ゾクゾクするの来たのぉ……」

「言ったでしょ? イキ狂わせてあげますよ。何度でもイッてください」

激しい勢いで、信夫は抽送を続けた。

結合部分からは、しっとりとした淫蜜は噴き出し、トロトロと床に零れ落ちていく。

「んん、あぁん、ダメェ、また、イッちゃう、凄いのくるぅ」

ビクンとカラダを震わせた琴音は、再び激しいアクメを覚え始めた。

「うぉぉぉ、おま×こが痙攣してる。ち×ぽがキュッと締めつけられますよ」

「あぁん、イッてるのぉ。何度もイッちゃうぅ……」

不安定な姿勢でセックスをしているため、琴音の足はフラフラとしてきた。

それでも、強引に彼女を立たせて、月の一撃を繰り出していく。

すると、信夫も強い射精感を覚え始めるのであった。

(ぐぅ、気持ちいい……、後少ししか持たなそうだ)

と、信夫は感じていた。

それでも、下半身にグッと力を入れて、懸命に吐精感を抑え込んだ。

彼のペニスの脈動を、敏感になった淫裂を通して、琴音も感じ始めた。

「遠塚様、おち×ぽが震えてます」

「えっと、僕もそろそろイキそうなんです……」

「ならイッてください」

「女将さんの中に精子を出してもいいですか?」

「はい、出してぇ、おま×この中にたくさん精子を出して欲しいのぉ……、ビュルビュルって精液を出されると凄く気持ちよくなってしまいますぅ」

「わかりました。それじゃ、たくさん出しますからね」

やがて、耐えがたい、射精感が襲ってくる。

一突きごとのストロークが重くなり、より一層力が入っていくのであった。

このまま膣内に放出したい。

そんな欲望と、もっと長く突き続けていたいという願いが浮かび上がってくる。

それでも、信夫は必死になって抽送を続けるのであった。

「うぉぉぉー。女将さん、気持ちいいです……」

「私も、私もなのぉ。遠塚様のおち×ぽで何度もイッてしまいますわぁ」

「何度でもイッてください」

「あぁん、ダメ……、またゾクゾクしてきたぁ」

「僕ももう少しでイケそうなんで、一緒にイキましょう」

「ハァ、ハァ、一緒にイキたいのぉ。遠塚様ぁ」

信夫は、持ち上げていた片足を下ろし、最後はベーシックな立ちバックでフィニッシュしようと考えた。

琴音はあまりの快感に立っているのが辛いようだったが、懸命に姿勢を正し、信夫のペニスを迎え入れていく。

「うぉぉー。ダメだ、女将さん、僕、イキます」

「ハァん、来てぇん、私の中に、たくさん精子を注いでください」

「わかりました。では、たくさん出しますからね」

鋭い快感が信夫の全身を貫いていく。

圧倒的なオルガスムスが襲ってきて、とうとう我慢の限界を超えるのであった。

途端、牡の欲望が弾けていく。

ビュルビュル、ドピュピュ。

「うわぁ、出る! 精子が止まらないです……」

「はぁん。遠塚様の精液が私の中に。あぁ、中出しされるの気持ちいい」

「僕も気持ちいいですよ。中出しセックス最高です」

胎内に精子を注がれると、お腹が熱くなっていく。

ペニスの熱い脈動を感じながら、琴音も快感に身を捩らせた。

中出しセックスは気持ちいい。

その事実を、つい最近まで知らなかったのである。

「あぁん。精子がたくさん。お腹が熱いのぉ……」

「精子がどんどん出ていきます。止まりません」

「最後の一滴まで搾り取ってあげますわ。遠塚様」

琴音はそう言うと、キュッと秘唇を締め上げた。

すると、ペニスが甘締めされて、尿度に残っていた精液が搾り取られるのである。

「ハァ、ハァ、女将さん、ホントに最高でした。ありがとうございます」

「私も気持ちよかったですわ」

信夫は、ゆっくりとペニスを引き抜いていった。

すると、ゴポリと精液があふれ出し、太ももを伝って流れ出していった。

信夫は崩れ落ちるように琴音に覆い被さる……。

そして、二人は床に転がるように横になり、セックスの余韻に浸っていくのであった。

 

後日――。

信夫が書いた記事が温泉雑誌に掲載され、鳳凰の湯は完全に復活した。

彼が温泉口を弄ったことにより、温泉の効力が舞い戻り、この温泉は見事、元通り繁盛したのである。

信夫と、琴音の関係は、一度きりであったが、彼は満足していた。

妖艶になった琴音を抱けて、いい思い出になったと感じていたのである。

信夫は、自分の書いた温泉記事を読みながら、再び鳳凰の湯へ行くことを夢見ながら、次の仕事を始めるのであった――。

〈了〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました