連載官能小説『息子に「母さん」と呼んでほしくて』第2回

連載官能小説

連載官能小説『息子に「母さん」と呼んでほしくて』第2回

(あぁ、凄い香り……、クラクラしちゃうわ……)

と、琴音は感じていた。

同時に、青少年の性臭を久しぶりに体感し、自らの羞恥心も刺激されていく。

恐るおそる舌を伸ばし、亀頭の先端に押しつけてみる。

(あぁん、熱い……)

亀頭は燃えるほど熱くなっている。

舌先でなぞるように触れていくと、健司のカラダがビクッと跳ねた。

「うぉー。気持ちいいです。琴音さん」

「んちゅ、ちゅちゅ」

「琴音さんは、あまり経験がないんですか……?」

「えぇ、学生の時は女子高だったし、働いていからもそんなに遊んだわけじゃないの。だから、上手くできないかもしれないわ」

「そうなんですか。それは意外です。琴音さんキレイだから、経験が豊富なんだと思っていました」

「そんなキレイだなんて。私なんて、もう年増のオバサンでしょう」

「そんなことないですよ。琴音さんは魅力的です。ホント、父さんが羨ましいです」

「そう。そう言ってくれると私も嬉しいわ……」

「亀頭の裏側を舐めてもらえますか? 多分気持ちよくなれると思うんです」

「裏側ね……、わかったわ、やってあげるからね」

そう言い、琴音は亀頭の裏筋を舌でなぞり始める。

ビクビクとペニスが跳ねて、健司の口から嗚咽が漏れるのであった。

「んぉ。やっぱり気持ちいい……、それ、最高ですよ」

「んちゅ、あぁ、エッチなお汁がたくさん出てきたわぁ」

「はい、我慢しきれなくて、どんどん出てきてしまいます」

舌先をフルに使って、亀頭の裏筋を舐め回していく。

健司は余程気持ちいいのか、顔を上気させて快感と闘っている。

彼自身も、こんな経験をするのは初めてなのである。

アダルトビデオなどで、フェラチオのシーンは何度も見ている。

ただ、実際に経験がないので、ホントに気持ちいいのかは、半信半疑だったのである……。

「琴音さんん、ホントに気持ちいいです。フェラってこんな感じなんですね」

「うん、んちゅん。くちゅくちゅ」

「あぁ、琴音さんが俺のち×ぽを舐めてる。すごい、感動的だぁ……」

亀頭を中心に舌先を動かしていた琴音であったが、何だか自分も変な気分になってきた。

馨しい牡の香りを嗅いでいると、興奮してしまうのである。

(やだ。私ったら興奮してるの? 息子のおち×ぽを舐めて……)

その変化は、琴音も驚きであった。

こんな風にして興奮するなんて、全く考えていなかったのである。

「琴音さん、今度はしゃぶってください」

「しゃぶる? 口に含めばいいのね?」

「そうです。お願いします」

言われるままに、琴音は口を一杯に広げ、ペニスを咥えこんだ。

亀頭の先端からは、カウパー腺液がにじみ出し、僅かに苦みのある味わいが、口の中に広がっていく。

「あぁ、ち×ぽが温かい……。ヌルヌルですごく気持ちいいです」

恍惚とした表情を浮かべながら、健司は告げた。

あまりにも気持ちいいので、たちまち射精感が襲ってくる。

それでも、まだまだこの気持ちよさを味わっていたい。

だからこそ、彼は下半身にグッと力を入れて、吐精感を抑え込んでいく。

(あぁん、おち×ぽがビクビクしてる……。まるで生きているみたいだわ)

琴音は、口に唾液をだっぷりと含ませると、しゅぼしゅぼと音を上げながら、ペニスを扱いていった。

口唇愛撫に慣れない琴音は、本当にこれでいいのか半信半疑であった。

ただ、健司の様子を見る限り、満足しているようである。

このままいけば、ようやく母親として認められるかもしれない。

その思いが、彼女の心に火をつけて、活動的にさせていくのであった。

「んじゅ、じゅるん、あぁん、おち×ぽ、どんどん大きくなってぇ」

「はい、あまり気持ちよくて、うわぁ、こんなの味わったら、もう普通のオナニーができないですよ」

「んちゅ、ちゅちゅ、ちん×んがビクビクしてきたけど、もしかしてイキそうなの?」

「はい、もう少しでイケそうです。このまま琴音さんの口の中に出してもいいですか?」

「え? 口の中に……」

「はい、お願いします。このまま気持ちよくなりたいんです」

迷ったが、ここで断ってしまったら、今まで苦労が水の泡になるような気がした。

そこで、琴音は口内射精を受け入れることにした。

「わかったわ。私のお口の中に出してもいいから、ちゃんと母さんって呼ぶのよ。約束だからね」

「うん。大丈夫。満足できれば、ちゃんと母親だって認めるから」

その言葉を聞き、琴音は口唇愛撫に力をこめた。

じゅるじゅると、淫らな水音をなり響かせながら、最後の仕上げにかかっていく。

口腔内に唾液をたっぷりと含ませて、口を素早く動かしていく。

「うおぉぉぉー。気持ちいい……、琴音さん、イキそうです」

途端、ペニスがキュキュッと縮まったような気がした。

そして――。

ビュルビュル……ビュピョプ。

勢いよく、白濁色の子種が放出される。

琴音は、口をいっぱいに広げて、吐き出されたスペルマを受け止めていくのであった……。

(あぁん、すごい量の精子。それにドロリとして熱いわ)

こってりと濃密な精液を受け止めると、自分も変な気分になっていく。

発情しているような気分になっていくのであった。

「んじゅ、じゅるん」

「琴音さん、あぁ、精子が止まりません! どんどん出ていく」

圧倒的な牡汁を受け止めた琴音は、そのまま熱く滾る精子を飲み下していった。

ゴクリ……。

彼女の咽頭がふるりと震える。

「琴音さん。精子を飲んでくれたんですか?」

「えぇ、あまりに量が多くて、含み切れなくなったから」

「ありがとうございます。俺、嬉しいですよ……」

「これで満足したでしょ。私を母親だと認めてね」

「もちろんです。だけど、まだ満足できません。ちゃんとセックスしないと。それに、琴音さんのおま×こがみたいです」

「そんな、恥ずかしいわ。自分の息子にそんなもの見せるなんて」

「でも、そうしないと、俺は満足できないんです。だから、お願いします」

健司は襲い掛かってくる勢いで、琴音に寄り添っていった。

「琴音さんのおま×こを見せてください」

「ホントちょっとだけだからね、わかった?」

「わかりました」

琴音はショーツを脱いでいった。

クロッチ部分には僅かにシミが出てきており、自分でも秘唇が濡れているのがわかっていた。

恥ずかしそうに足を広げると、健司は食い入るように燃えるような瞳を向けている。

「これがおま×こ……、俺、始めてみました」

ヴィーナスの丘には控えめな陰毛が生え揃っている。

視線を下に滑らせると、ぷっくりとした大陰唇があり、その奥に割れ目が見える。

興奮しきった健司は、

「あの、触ってもいいですか?

「え。触るの? それは……」

「いいじゃないですか。俺、もう我慢できません」

と、健司は強引に秘唇を触れ始めた。

ふっくらした大陰唇を広げると、小陰唇のビラビラが見える。

そこはキレイなサーモンピンクをしており、どこまでも魅惑的に見えた。

「んんぁ、あぁん」

女の部分を指でなぞられると、それだけで興奮してしまう。

「琴音さん。おま×こ濡れてますね」

「だって、そんな風に弄られたら……」

「感じてるんですね。俺、嬉しいですよ」

初めて見る女性器に感動しながら、しっとりと濡れる陰部に触れていると、健司の興奮もさらに爆発しそうになる。

「あの、舐めてもいいですか? どんな味がするのか確かめてみたいんです」

「待って、それはダメよ。おトイレにも行ったし、洗っていなから汚いわ」

「大丈夫ですよ。琴音さんのカラダに汚い場所なんてありません」

「ほ、ホントに待って、ダメェェ」

そう言う琴音であったが、思春期のリビドーは止めようがない。

興奮しきった健司は、犬のように女の部分を舐め始めた。

淫裂に顔を近づけると、ツンとしたリコッタチーズのような香りが鼻を突いた。

しかし、その香りは決して不快な匂いではなく、むしろ興奮を誘ってくれる。

「んん、んぁ、ダメよ、健司君ったら」

「んちゅ、じゅる。琴音さんのおま×こ、美味しいです。それに舐めるほどエッチなお汁が出てきますよ」

「あぁん、ダメだったらぁ。あぁー」

口元から艶のある声が漏れ出していく。

その声を聞いていると、健司もますます興奮していくのであった。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました