連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第2回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第2回

翌日――。

午前十時。

ムクッと起き上がった学は、洗面所で顔を洗いヒゲを剃った。

その後、軽く食事を済ませて、すぐに家を出たのである。

彼の自宅からグーテンベルクまでは徒歩で十五分ほどだ。

起きるのがギリギリになってしまったため、学は慌ててグーテンベルクに向かった。

午前十時半。

グーテンベルクにやってきた学は、店の中に入った。

すると、カウンターに由美子がおり、忙しそうに開店準備をしていた。

「あ、学君、おはよう」

「はい、おはようございます」

「そしたらお店の開店準備をするから手伝ってくれる?」

「はい。わかりました」

こんな風にして、学の新生活はスタートしたのであった。

 

仕事を始めてから数日後――。

仕事にも慣れてきた学であったが、変転後の掃除を終えて帰宅した時、職場にスマホを忘れたのを思い出し、取りに戻ったのである……。

既にグーテンベルクの入り口は閉まっている。

だから、裏口から入るのである。

ここは、主に従業員用の出入り口になっており、キッチンスペースと繋がっているのであった。

裏口からキッチンスペースに入ろうとする学。

すると、中から何やら声が聞こえてくるのがわかった。

「んんぁ、あぁん」

(あれ、何だろう? キッチンにまだ由美子さんがいるのかな?)

ドアノブをひねると、鍵がかかっていなかった。

つまり、まだ由美子がいるのだろう。

これでとりあえずスマホは取りに戻れる……。

と、ほっと胸をなでおろす学。

しかし、中か聞こえてくる声は、妙に艶っぽく聞こえるのであった。

(この声、何かエッチだな)

と、学は考えながら、そっとキッチンに入っていった。

すると――。

「あぁん、んん、ハァハァ、ダメよ、学君……」

由美子が自分の名前を呼んでいる。

一体なぜだろうか?

スッとキッチンスペースを覗いてみる。

途端、衝撃的な光景が目に飛び込んできた。

なんと、由美子は自分の手指を使ってマスターベーションをしていたのである。

(え? 由美子さんがオナニーしてる)

由美子はグーテンベルクの制服であるパンツスーツのスラックスを下ろし、足を開いて自慰にふけっているのであった。

その姿は、かなり妖艶であり、学を興奮させていく。

(ゴクリ)

生唾を飲み込む学。

彼は、見てはいけないものを見たような気がした。

由美子のあられもない格好を見て、自身の肉竿がビクンと反応していくのであった。

実を言うと、学は二十六歳になるのであるが、今まで女性と付き合った経験がない。

つまり――。

彼は、未だに童貞なのであった。

それ故に、由美子の淫らなマスターベーションを覗き見て、興奮してしまったのである。

対する由美子は、学に見られているとは、まったく気づいていない。

情欲の赴くままに、手指を動かしていく。

「ダメだったらぁ。学君。こんなところ誰かに見つかったら。それに私は夫もいるのよ……」

どうやら、由美子は学に無理矢理されているところを想像して、マスターベーションにふけっているようである。

そんな姿を見ながら、学は彼女の夫がいる事実を知ったのであった。

(由美子さん。結婚してるんだ……)

それは、グサリと心に突き刺さった。

なぜなら、学は心のどこかで由美子に憧れていたのである。

「んんぁ。あぁん。学君のおち×ぽ、大きいわぁ」

由美子は、指をずっぽりと淫裂に突き刺し、シコシコと動かしていくのであった。

女の部分からは、たっぷりと蜜がふき出し、全体的にヌメヌメしているように見えた。

(あれが女の人のおま×こ)

もちろん、童貞である学は、女性器を見た経験だってない。

少し距離があるので、ハッキリとは目視出来ないが、性器はキレイなピンク色をしており、どこか卑猥に見える。

食い入るように視線を送る学。

だが――。

(ダメだ、見ちゃダメだよ……。こんなのいけない)

そう思い、彼は見なかったことにして立ち去ろうとした。

しかし、慌てていたため、目の前にあった椅子に気づかず、躓いてしまったのであった……。

ドタン。

「誰?」

慌てふためく由美子も声が聞こえる。

見つかってしまった。

学は正直に姿を現す。

「す、すみません、俺です」

「学君……。もしかして、今の見てたの?」

「は、はい。見るつもりはなかったんです。ただ忘れ物を取りに来ただけで」

「そう、見られてしまったのね。なら仕方ないわ。ねぇ、こっちにいらっしゃい」

「え?」

「いいから、こっちに来て、早く」

言われるままに、キッチンの奥に向かう学……。

すると――。

「私、あなたを考えてオナニーしてたの。わかる?」

「お、俺、何も見てないですから」

「そんなこと言ってもダメよ。あなたは私の秘密を知ってしまった」

「クビってことですか?」

「違うわ。こうするのよ」

と、由美子は言うと、なんと学の唇を奪ったのである。

「んちゅ、ちゅちゅ……」

(え、由美子さん、何を)

と、感じる学。

彼が混乱した頭で何が起きたのか考えていると、

「これであなたも共犯よ」

キスを終えた由美子はそんな風に呟いた……。

「共犯?」

「そう。私が結婚してるのは知ったわね?」

「はい、そう言ってました」

「だからこれは不倫よ。つまり、犯罪行為なの」

「それはそうかもしれないですけど」

「それにね、これだけで終わらないんだからね」

「え?」

学が驚くのも無理はない。

なんと、由美子はスルスルと学のズボンを脱がしていったのである。

「ちょっと何をするんですか? 由美子さん……」

「いいから黙って。いうことを聞きなさい。あなたは私の部下でもあるんだから」

「部下ってそうだったんですか?」

「そうでしょう。だって私はあなたの契約者であり、このお店のオーナーなんだからね……」

ズボンだけでなく、ボクサーパンツをも脱がされた学であったが、ペニスは勃起していた。

それはそうだろう。

なぜなら、由美子の淫らな姿を見てしまったのだから。

「おちん×ん、大きくなってるわね。これはどうしてなのかしら?」

「そ、それはその、だって由美子さんがオナニーしてるのを見てしまったから」

「私のオナニーを見て興奮したのね。ウフ、あなたって可愛いわ。私で興奮してくれるなんて、嬉しいじゃないの」

由美子はそう言うと、ペニスを握りしめた……。

そして、シコシコと上下に動かしていったのである。

「ん、くぁ」

学自身、こんな風にして他人にペニスを弄られるのは初めてである。

何しろ、彼はマジメなところがあるので、風俗の経験さえないのだ。

だからこそ、憧れの由美子にペニスを扱かれて、途轍もない快感を覚えていったのであった。

「どう、気持ちいい? 学君??」

「はい、気持ちいいです」

「ねぇ。あなたって彼女とかいるの?」

「いません」

「じゃあ、どうやって性処理をしてるの?」

「そ、それは、その……」

「教えなさい。私はあなたの上司なの。だから、あなたのことを把握しておく必要があるわ」

理論は滅茶苦茶であったが、興奮していた学は、どこか納得してしまった。

「えっと、オナニーしてます」

「じゃあ、お店とか行ったりするの?」

「それはしないです。実は俺、童貞なんです……」

「何ですって。だってあなた、二十六歳でしょう。今まで付き合った女性はいないの?」

「はい、いません。恥ずかしながら、童貞なんですよ」

「そうだったのね。それなら、それでいいわ……」

何がいいのかわからないが、由美子は手コキのスピードを少しずつ速めていくのであった。

「おち×ぽの先っぽからエッチなお汁が出てきたわね」

「はい、我慢汁です」

「ウフ、可愛いわ。本当に、私で興奮してくれるなんて。だって、私なんて、あなたから見たらもうオバサンでしょう。何しろ、三十八歳なんだから」

「由美子さんはオバサンじゃないですよ。すごくキレイなお姉さんです」

「あら、童貞のクセにお世辞なんて言うのね……」

「お世辞じゃないです」

「ホントに私がキレイだって言ってるの?」

「はい、そうです」

「そう、そうしたら、もっとサービスしてあげないとね」

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました