連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第3回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第3回

初めての手コキを受けていると、何だか不思議な気分になってくる。

とにかく心地よく、手コキのトリコになっていくのであった。

「どう。気持ちいいかしら? 学君??」

「えっと、すごく気持ちいいです。こんなの初めてですよ」

「オナニーするよりも気持ちいいでしょ?」

「はい、そんな感じです」

「フフ……。これからもっと気持ちよくしてあげるからね」

「え? もっとですか?」

「そうよ。あなただって体感したいでしょ……?」

「それはまぁそうですけど、でも、マズいんじゃないですか?」

「何がマズいの?」

「だって、由美子さんは結婚してるんでしょ。こんなところ、旦那さんに見られたら」

「それは大丈夫よ。あの人は今頃海外にいるから」

「海外?」

「そう。フランスにいるの。仕事の関係でね。だから、帰ってくるのは年に数回なのよ。それにね、向こうで女を作ってるのよ。だから、私だってそのお返しをしてやるの」

どうやら、由美子の夫婦生活は上手くいっていないようである。

もしかすると、自分にもチャンスがあるのではないか?

そんな風な、淡い欲望が、学の脳裏をよぎっていく。

「どんどん、エッチなお汁が出てくるわね。やっぱり若いだけあって、精力も絶大なのね……」

「そうなんでしょうか?」

「私がたくさんイカせてあげる。男の人って一度イッたら終りって人が多いけど、私はそう言うのは許さないからね。私が満足するまで何度でもしちゃうんだから」

「はい。何度でもイキたいんです」

実を言うと、学は一度だけでは満足できず、連続で何回かマスターベーションをする傾向がある。

だからこそ、由美子の性欲を満足させられるかもしれない。

と、漠然とそんな風に考え始めた。

「学君、あなたのおち×ぽってすごく大きいわ」

「そうなんですか? 他人のサイズがわからないですけど」

「大きいわ、私の旦那さんよりも遥かに大きいわよ。こんな立派なものを持っているなんて」

由美子は、手コキのスピードを速めたり、緩めたり、変化を加え始めた。

痛烈な刺激が襲ってきて、学を心地よくしてくるのである。

「うぉぉー。ゆ、由美子さん、それ、すごいです。あぁ、癖になりそうだ」

「こんなのはどうかしら?」

由美子は爪先で、亀頭の裏筋をカリカリと擦り始めた。

亀頭の裏筋は性感帯があるケースが多く、その例に学も漏れなかった。

鋭い悦楽がカラダ中を貫いていく。

「うわぁ、由美子さん、ダメですよ、そんなにしたら」

「あら、どうしてかしら? あなただって気持ちよくなりたいでしょう」

「そうですけど、刺激が強すぎます……、アァ……」

ガクガクとカラダを震わせていく学。

その様子を見ていた由美子は、嬉々として、ペニスを責め続ける。

「んぁ、こんなにおち×ぽが逞しくなって……。全くいやらしすぎるわ」

「由美子さん、あぁ、最高の気分です……、ホントに」

「私も本格的に興奮してきたわ。あぁん、ねぇ、おち×ぽ舐めてもいいかしら?」

「え? 舐めるんですか? でも、洗っていないですよ」

「大丈夫。私ね、洗ってないおち×ぽの匂いが意外と好きなの。なんていうのかな、すごく興奮してしまうのよ」

と、由美子は告げると、すっと顔をイチモツに近づけていく。

すると、牡の猛々しい香りが鼻を突いたのであった。

「んんぁ、この匂い……、堪らないわ。栗の花みたいな匂いがするわ。牡の香り……、素敵よ……」

「由美子さん」

「おちん×ん、舐めてあげるからね」

由美子はそう言うと、舌先をピッと伸ばし、亀頭の先端に押し当てていく。

にちゅ、ちゅちゅ。

舌先の熱を亀頭で感じていく学。

(うわぁ、由美子さんの舌が俺のち×ぽに……。うぉぉ、堪らないよ)

ビクビクッとカラダを蠢かせながら、快感に酔いしれる学。

この悦楽は、マスターベーションの比ではない。

同時に、ここまで気持ちよくなれるとは、思わなかったのである。

「んちゅ、ちゅちゅ」

淫靡な音を立てて、由美子は舌で亀頭を舐り回していく。

その所作は、かなり手慣れているように感じられた。

「んぉ、あぁ。由美子さん、ち×ぽも蕩けそうです」

「フフフ。正直ね、こうされると気持ちいいでしょう?」

「はい、すごく……。こんなの味わったことがないです」

「たっくさん気持ちよくしてあげるからね……」

「あの、どうしてですか?」

「んちゅ、え? どうかしたの?」

「その、どうして俺にこんなことをしてくれるんですか?」

「う~ん、どうしてだろう。実はね、察しているかもしれないけれど、私、夫と上手くいってないの。だからカラダが欲求不満で。夫とは、数年間セックスしていないの。あの人には外に愛人がいるから、もう私なんて必要ないのね」

「そんなひどすぎます」

「だからかな。あなたを求めてしまったの。それにね、あなたって、どこか初恋の人に似ているような気がするのよ」

「由美子さん」

由美子の気持ちを知り、学は彼女が不憫に感じられた。

夫がいるのに、全く関係は上手くいっていない。

一人寂しく、この店を切り盛りしていくのは、かなり疲れるだろう。

「俺、由美子さんがキレイだなって思って、ココで働こうと思ったんです。だから、そんな顔しないでください」

「ありがとう、励ましてくれるのね」

「俺には大したことができませんけど……。何かできることがあれば、協力しますよ」

「ホントに?」

「はい」

「そうしたら、私と関係を結んで。もちろん、夫には言わないから安心して。私とあなただけの秘密の関係よ」

「でも、いいんですか? ホントに」

「えぇ。そのくらいの覚悟はあるの。さっきも言ったけれど、夫には愛人がいるのよ。だから私だって仕返ししないと割に合わないわ」

「わかりました。俺もその不倫に協力します……」

「ありがとう。学君」

由美子は、口を一杯に広げて、ペニスをカプリと咥えこんだ。

そして、しゅぼしゅぼと水音を上げながら、濃密なフェラを展開していく。

「ハァハァ、ち×ぽが、ホントに蕩けてしまいそうです」

短い嗚咽を漏らしながら、学は必死に耐えていた。

何しろ、圧倒的な快感である。

耐えるのがしんどくなるのは当然であろう……。

ペニス全体が熱く反応していき、じわじわとした射精感を覚え始めた。

(参ったな、もうあまり持たないかもしれない)

と、学は感じていた。

だが、もっと由美子のフェラを堪能したい……。

だからこそ、学は必死になって吐精感を抑え込み、下半身に力をこめ始めた。

「学君、おち×ぽがビクビクしてきたわね? もしかしてイキそうなの?」

「はい、でもまだ我慢できます」

「そうね。もう少し我慢してくれると私も嬉しいわ。だって、まだまだサービスしたいんですもの」

と、由美子は言うと、激しくペニスを吸引し始めた。

いわゆる、バキュームフェラというやつである。

いきり立った怒張が、ヌメヌメとした口腔粘膜に包まれて、さらに吸い込まれていく。

その快感は、圧倒的であり、学を恍惚とさせていくのであった。

「うぉぉ、由美子さん、それ、すごく気持ちいいです。うわぁ、ち×ぽが、ホントにおかしくなりそうだ」

「おかしくなっていいのよ。何度だってやってあげるんだから」

嬉しいセリフを言ってくれる。

由美子のフェラを堪能しながら、学はそんな風に思っていた。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました