連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第8回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第8回

やがて、学の限界が訪れる。

最早、射精感を抑えるのは難しい。

「由美子さん、イキます……、精子が出ます……」

「出してぇ、中にたくさん出して欲しいのぉ……」

「うぉぉぉー。イキます!!」

次の瞬間、激しい精の爆発があった。

ビュルビュル……ビュピョプ。

勢いよく白濁色の子種が放出されていく……。

「んんぁ、あぁん、出てる……、熱いのが私のお腹の中にぃ」

「はい、精子が止まりません。どんどん出ていきます」

「最後の一滴まで搾り取ってあげるからね……」

そう言い、由美子はキュッと女壺を締め上げていく。

すると、尿道口に残っていた精液がギュッと搾り取られて、最後の一滴まで胎内に注がれるのであった。

「あぁ、由美子さん、おま×こ締めすぎです……。ち×ぽが噛み千切られるみたいですよ……」

「ふぁん、中出しされるの気持ちいいのぉ……、だから、おま×こが締まっちゃうのよぉ……」

そこで、学はペニスを膣口から引き抜いた。

すると、ゴボリと白濁色のスペルマが零れ出していく。

「あぁん、もったいない。精子がおま×こから流れちゃう」

「すごくたくさん出ました。ホント気持ちよかったです」

「そう。でもね、これで終わりじゃないのよ。わかっているわね?」

「はい。僕はまだできます」

「一度出して終わりだなんて絶対ダメよ。まだまだ物足りないんだから」

肉欲に溺れ続ける由美子は、どこまでも妖艶であった。

彼女はスッと体勢を起こすと、ニコッと微笑みながら、

「次は体位を変えてみましょう」

「体位をですか?」

「そう。色んな体位を経験しないとね」

「はい。わかりました」

「じゃあ次はバックがいいかしら。後ろからたくさん突いて欲しいんだけど」

「大丈夫です。経験ないですけど、やってみます」

「ありがとう。バックで女の人は恥ずかしいんだけど、何だか本気のセックスをしているような気がするのよね」

そう言いながら、由美子は姿勢を四つん這いにさせた。

そして、お尻をツンと高く上げ、フリフリと振って学を誘惑していく。

くぱぁと口を開いた女壺は、ヌラヌラと滑っており、早く挿れて欲しそうな表情を浮かべている。

「挿れ方は大丈夫よね。さっきと同じよ、ただ、後背位は抜けやすいから注意してね」

「わかりました」

由美子の臀部に手を置いて、秘部をくいっと左右に押し広げる。

そして、膣口にペニスを押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

「あぁん。学君のおち×ぽが入ってきたわぁ……」

「おま×こがヌレヌレで、ち×ぽがスムーズに入っていきます」

「そうよ。まだ満足できないの……、どんどん突いて欲しいのぉ」

学は自らの恥骨をぶつけ、パンパンパンとリズミカルに音を上げて突き続ける。

先ほどイッたばかりだというのに、すぐにペニスは復活し、また元通りの状態に戻った……。

「んんぁ、激しいわぁ。激しいの好きなのぉ……」

「もっと突いた方がいいですか?」

「うん。たくさん突いて、ガンガンやられるが好きなの」

「わかりました。さっきイッたばかりなので、まだまだ突けますよ」

後背位からの挿入は、正常位に比べると幾分か深くなる。

よって、先程よりも奥深くまでペニスが吸い込まれていくのであった。

同時に、女性を征服しているという、独特な感覚が広がっていくのを感じていた。

(俺、由美子さんを犯してる……。犯してるんだ)

「んんん。あぁん、おま×こが壊れてしまう……、でも、気持ちいいから止められないのぉ」

「ガンガン突きますよ。今度は由美子さんがイク番ですからね」

「ハァハァ、嬉しい……、大きなおち×ぽで突かれてイケるの最高なのぉ」

由美子の声は徐々に艶を帯びていき、それがまた学を興奮させていった。

奥深くまで挿入し、そこから一気に引き抜く。

次は、深く突くのではなく、浅めに突いて、変化を出していくのであった。

「あぁん、何だか犯されてるみたい」

「俺も、由美子さんを征服しているみたいな気分ですよ」

「んんぁ。はぁん、無理矢理されてるみたいで興奮しちゃうのぉ……。その調子でたくさん突いてぇ」

「はい」

一定のリズムで腰をグラインドさせ、快感を生み出していく学。

対する由美子も、鋭い悦楽を覚え、カラダをガクガクと震わせた。

(すごいおち×ぽ……、なんて大きいのかしら……)

「うおぉぉぉ。由美子さんのおま×この中、ホントに気持ちいいです。どんどん濡れてきて、大洪水になっていますよ」

「あぁ、あぁん、だって、気持ちよくて耐えられないのぉ。おま×こどんどん濡れしちゃう、変態女のぉ……」

「俺、少し変態な由美子さんも魅力的だと思いますよ。それに、俺のち×ぽを求めてくれて嬉しいです」

「学君のおち×ぽ、大きいから奥まで入るわ……。もっと、もっと掻き回してぇ、滅茶苦茶にしてほしいのぉ」

「由美子さん。あぁ、気持ちいい……、すごい感覚だ」

由美子のカラダが小刻みに震えていく。

カラダの奥底から感じているようである……。

「あぁん、学君。おっぱいも、おっぱいも揉んで、そっちの方が感じられるからぁ」

「わかりました。おっぱいも弄ってあげますよ」

学は姿勢を倒していき、由美子に覆い被さるような姿勢をとった。

そして、たわわに実ったバストを揉みしだいていく。

「由美子さんのおっぱい、すごく柔らかいです」

乳房を揉みながら抽送を続けていくと、淫裂がキュキュっと締まって、連動しているように感じられた。

「あぁ、由美子さん、おま×こが締まって、気持ちいいです」

「そうなの。おっぱいを弄られると、自然とあそこが締まっちゃうのぉ」

もみゅもみゅと、乳房を揉みしだきながら、ピストン運動を続けて、学は由美子を気持ちよくさせていくのであった。

「はぁん、学君、ホントに最高……、本気のセックスをしているような感じがするわぁ……」

「はい、俺もです。すごく気持ちよくて堪りません」

「ハァハァ、学君のおち×ぽが奥まで刺さってぇ、はぁん、凄いのぉ、ゾクゾクしちゃうわぁ」

乳房を揉んでいた学は、今度は姿勢を変えていった。

バストに触れるのを止めると、由美子の腕を持ち、自分の方に引き寄せていく。

こうすると、由美子のカラダが反り返るようになり、たわわに実った乳房がブルブルと震えた。

「きゃー、何をするの、学君」

「カラダを反り返らせると、もっと気持ちよくなると思って」

「うぅ、何だか変な気分。犯されてる感じがするわぁ……」

「そうですよ、無理矢理しているんです。どうです、由美子さん、感じるでしょう?」

「あぁん、感じちゃう。学君、初めてのクセに、どうしてそんなにエッチなことに詳しいのぉ?」

「そりゃ、色んなビデオを見て研究してきましたからね。伊達に二十六年も童貞だったわけではありません」

「まったくエッチななんだからぁ。んんぁ、はぁん、感じちゃう……、ハァ、あぁん」

「俺も感じてますよ。ち×ぽが気持ちよくて、堪らないんです」

「ンンン……、あぁん。おち×ぽが奥まで入って、あぁ、気持ちいいのぉ」

「もっと、奥まで挿れてあげましょうか?」

「え? そんなことできるの?」

「多分ですけど、挿入の角度を変えれば、もっと奥まで入ると思います」

「うん、やってぇ、奥までおち×ぽを挿れて、ズボズボしてほしいのぉ」

「はい、わかりました」

続けて、学は持っていた由美子の手を離すと、今後は、彼女の片足を持ち上げて、斜め下から突き刺すように抽送を開始した――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました