連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第9回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第9回

こうすると、より一層奥までペニスが届くようになる。

ただ、女性としては恥ずかしい体勢である……。

由美子はカァと顔を赤らめると、過敏に体を反応させていく。

「やぁん、こんなワンちゃんがおしっこするみたいなポーズ」

「でも感じるんじゃありませんか? 少し変態なところがある由美子さんにはピッタリと体位だと思いますけれど」

「ハァん、恥ずかしい……、でも気持ちいいのぉ……、感じちゃうのぉ」

「斜め下から刺せるから、奥深くまでち×ぽが入りますね。俺も、すごく気持ちいいです。おま×このヒダをち×ぽが擦っていって、とにかく心地いんです……、あぁ、ホント堪らない」

「私もぉ……、私も気持ちよくて感じちゃうのぉ」

「もっと感じてください、由美子さん!」

やがて、由美子は強いアクメを覚え始めた……。

ゾクゾクと、鋭い快感が、カラダ中を支配していく。

「学君、あぁん、ダメェ、私、イキそうよ……」

「由美子さん、イキそうなんですか?」

「うん。あまりに気持ちよくて、おま×こが弾けちゃう」

「わかりました、イッてください」

「うぅぅん、イキたい! おち×ぽでおま×こをズコバコされながらイキたいのぉ……、あぁん、学君」

学はさらに抽送のリズムを押し上げ、最後の仕上げにかかっていく。

同時に、自分も激しい射精感が襲ってくるのを感じていた。

「んんぉ、由美子さん、俺もイキたい! また中に出してもいいですか?」

「もちろんよ、たくさん中に出してぇ……。お願いぃ」

吐精感は、やがて耐えがたくなり、暴発寸前になっている。

対する由美子も、断続的なアクメが襲ってきて、カラダを震わせて感じ始める。

「あぁん、ダメ、ホントに、イッちゃうのぉ……」

同時に、学は激しい射精感を覚えていく……。

「うぉ、由美子さん、俺もイキます! 一緒にイキましょう」

「はぁん、一緒にイキたい! あぁん」

次の瞬間、由美子のカラダがガクンと跳ねた。

そして、膣内が著しく痙攣していき、ペニスを締め上げていく。

また、学も勢いよく射精をしていくのであった。

「うわぁ、精子がどんどん出る! 止まりません」

「学君の熱い精子がたくさん。またおま×この中に注がれてるのぉ」

「はい、もう気持ちよすぎておかしくなりそうです」

ブルブルとカラダを震わせながら、吐精の悦びに浸っていく学。

こんなにも気持ちよくなってしまって、ホントにいいのだろうか?

学は最後の一滴まで精子を絞り出すと、そのままガクリと崩れ落ちた。

折り重なるように、学と由美子のカラダが密着し、二人はセックスの余韻に浸っていく……。

「学君、すごくよかったわ。ホントに気持ちよかった」

「俺もです。ありがとうございます」

「中にたくさん精子を出されて、とても気持ちよくなれたわ。こんなに気持ちよくなったのは、ホントに久しぶりよ」

「俺、初めてのセックスだったんで、上手くできたか不安ですけど、何とかできたみたいでよかったです。

「うん、学君。初めてとは思えないくらい上手だったわよ。ありがとうね」

由美子はそう言うと、顔を近づけていき、学の唇を奪った。

「んちゅ、ちゅちゅ」

キスの雨を体感し、学も思わず由美子をギュッと抱きしめる。

この人とセックスができて本当によかった。学はそんな風に思いながら、甘く切ないキスを受けていくのであった――。

 

カフェ「グーテンベルク」で働き始めて、数週間が過ぎた。

それは、怒涛の日々であり、新鮮な時間の連続である。

何よりも、学は由美子と一緒にいられるのが嬉しくて堪らなかった。

恐らく、由美子もそれを感じているのだろう。

二人は、仕事が終わると、寝室に移動して、情事に耽るようになった。

そして、愛を育み、ますます親密になっていったのである。

ある日の仕事終わり――。

「学君、今日は終わりにしましょう。ご苦労様」

「はい。お疲れ様です」

「ねぇ、今日の夜、暇かしら?」

「もちろんです」

「フフ。じゃあ今日は一緒にお風呂に入りましょう」

「お風呂ですか?」

「そう、お風呂でもエッチなことがしたいでしょ?」

「したいです」

「正直ね。じゃあお風呂に行きましょうか?それに、今日は泊っていきなさい」

「はい」

最近、由美子の自宅に泊ることも増えた……。

二人で夜な夜なセックスに耽っていき、朝を迎えるのである。

確かに疲労感は残るが、それは決して不快ではない。

むしろ、心地いい疲労であると感じていた……。

由美子の自宅のバスルームは、やや小ぶりであるが、二人くらいなら一緒に入れる大きさである。

脱衣所で服を脱ぎ、生まれたままの姿になった二人は、バスルームに入っていく。

「まずは、私が洗ってあげるわ」

「洗ってくれるんですか?」

「えぇ、もちろん、ここを重点的にね」

と、言い、由美子は学のペニスを指さした……。

由美子の裸体を見ている関係上、学のイチモツは既に大きくなっていた。

赤黒く変色し、血管が浮き出たペニスは、さながら臨戦態勢になっているのである。

「おち×ぽ、すごい大きくなっているわね」

「はい、由美子さん、魅力的だから」

「ウフ。嬉しいこと言ってくれるわね。それじゃ洗ってあげるからね」

由美子は、ボディーソープをタオルに塗りたくり、泡立ててから学のカラダを洗い始めた。

「学君って結構男らしいカラダをしてるのね……」

「そうでしょうか?」

「うん、筋肉質というか、私とは違うわね」

「特に鍛えているわけではないんですけど」

「でも、ここで仕事を頑張っているから、自然とカラダが締まってきたのかもしれないわ。背中も大きいし。洗うのが大変」

背中を中心にカラダを洗ってもらうと、やがて、由美子の手先は学の下半身に移っていく。

「おち×ぽもこんなに大きくなって」

「はい、由美子さんが魅力的だから」

「ふふ。どうしてほしい?」

「えっと、その、シコシコしてほしいです」

「わかった。してあげる」

そう言うと、由美子はペニスを握りしめ、そして、コシコシと上下に動かし始めた。

「んぉ、ハァ、由美子さん気持ちいいです」

と、トロンとした目つきで告げる学。

手コキには手コキのよさがある。

マスターベーションとは違うし、セックスとも違っているのだ。

「エッチなお汁がたくさんできたわね」

「はい、興奮しちゃって」

「ほら、こんなに糸を引いているわよ」

そう言い、由美子はカウパー腺液をぬぐい、手で弄び始めた。

一定のリズムで手コキされると、学も心地よくなっていく。

今は立っているが、あまりに気持ちよくて立っているのがしんどくなるのである。

ガクガクと、小刻みに足を震わせ始めた……。

「由美子さん、ホントに気持ちいいです」

「ウフ、そうみたいね。おち×ぽもビクビク震えてるし」

「はい、立ってるのがしんどいくらいですよ……」

「もう少し我慢してね。そうしたら、とっておきのサービスをしてあげるから」

「え? 何をしてくれるんですか?」

「フフ。学君、パイズリって知ってるでしょ?」

「はい。おっぱいにち×ぽを挟む行為ですよね?」

「そう。それをしてあげてもいいわよ。してほしいでしょ?」

「えっと、してほしいです。俺、パイズリとかしたもらったことないから」

「そうでしょう。ちゃんとしてあげるから安心してね」

手コキを続けていた由美子であった、次いでペニスを弄りながら、睾丸を弄り始めた……。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました