連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第10回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第10回

「うぅ、由美子さん、何を?」

「タマタマも弄ってあげる。こうされると、男の人って気持ちいいみたいよ」

「はぅ、気持ちいいです。なんだからすごい感覚です」

優しいタッチで睾丸をマッサージされると、いつもとは違った刺激が伝わってくるのだ……。

揉みしだかれると、仄かな快感が発生し、ペニスが心地よくなるのである。

タマ弄りが、ここまで気持ちよくなれるとは思ってもみなかった。

「由美子さん、金玉を弄られるのってすごく気持ちいいです」

「そうでしょう? ここが好きっていう男の人も多いのよ」

「そうなんですか。俺、知りませんでしたよ……」

「フフ。たっぷり気持ちよくなってね」

ペニスとセットで睾丸を弄られる。

学はうっとりとした、目つきで快感に耐え始めた。

まだ、手コキは始まったばかりであるが、心地よさが鋭く、彼を満足させるのであった……。

「んんぁ、おち×ぽがビクビク震えて、はぁん、なんて逞しいのぉ」

「由美子さん、ホントに気持ちいいです。おかしくなってしまいそうです」

「変になってもいいのよ。私にももっと色んな表情を見せてぇ」

「んぉ、おぉぉ……、ち×ぽがじんじんして気持ちいい。それに、金玉を弄られると、耐えがたい快感が降ってきます」

「エッチなお汁がたくさん出てきてるもんね。それに本当に気持ちよさそうな顔をしてるわ……」

「はい、こんな感覚を味わうのは、初めてで、すごいです」

「まだ、イクのはダメよ。お楽しみはこれからなんだからね」

「わかってます。まだ大丈夫だと思います……」

と言ったものの、少しでも気を抜くと、たちまちイッてしまいそうになる。

それ故に、学は下半身にグッと力を入れて、快感に抗っていく。

力をこめると、幾分か余力が生まれ、耐えられるようになった。

「学君のおち×ぽ、大きいから手コキするのが大変ね」

「俺のち×ぽってそんなに大きいんですか?」

「うん、私が見た中では、トップクラスに大きいと思う。少なくとも、私の夫よりははるかに大きいわね」

「そうなんですか? やっぱり女性は大きい方がいいんですか?」

「う~ん、どうだろう? 人にもよるけど、私は奥を突かれるのが好きだから、大きい方がいいかな」

「それはよかったです」

「学君、次はパイズリをしてあげるわね」

「はい、嬉しいです。ホントにしてくれるんですか?」

「うん。してあげるわよ。ちょっと待ってね……」

そう言うと、由美子はたわわに実った大きなバストで、学のイチモツを挟み込んだ。

ぷにゅっと、柔らかい質感が学のペニスを覆っていく。

「うぉ、おっぱい、柔らかいです」

「んん。おち×ぽ、とっても熱くなってるわね」

「それだけ由美子さんが魅力的なんです。あぁ、パイズリってホント素敵ですね」

「これから始まるのよ。簡単にイッたらダメだからね」

「はい。なんとか耐えられるように頑張ります」

由美子は豊満なバストで挟み込んだペニスを、ゆっさゆっさと上下に動かし始めた。

ボディーソープが付いている関係上、ペニスはスムーズに動いていく。

「あぁ、おっぱいに挟まれるの気持ちいい……、すごい感覚ですよ」

「そうでしょう。パイズリって男の子の夢っていうもんね」

「そうかもしれません。ハァ、由美子さん、ありがとうございます」

由美子のバストに剛直を挟まれていると、手コキとは違った刺激が入る。

どちらかというと、膣内に入っているような感覚が広がるのである。

「んんぉ。ホントに気持ちいい……、由美子さん、最高ですよ」

「まだよ。これからが本番なんだからね」

「はい。これからもっと気持ちよくなると思うと、嬉しくなって堪りませんよ」

「フフ。学君はホントに正直ね。たっぷりサービスしたくなっちゃうわ」

豊満な乳房に怒張を包まれていると、何というか、心地よくなってきて学はうっとりとした瞳で、由美子を見つめた。

由美子は見つめられているのに気付き、軽く視線を合わせると、ニコッとした笑みを浮かべた。

その柔和な笑みを見ていると、学はどんどん愛おしい気持ちがあふれてくるのであった。

「あぁ、由美子さんのおっぱい、柔らかくて温かくて、まるでおま×こみたいだ」

「そうなの? 私はよくわからないけど、それってかなり気持ちいいってことね?」

「はい。そうです」

「それはよかったわ」

「由美子さんはパイズリとか上手ですけど、やっぱり経験豊富なんですか?」

「う~ん。そんなに経験方じゃないと思うよ。今の夫とは、ほとんど一緒にならないから、夫婦生活はないようなものだし。その前だって、そんなに経験した方じゃないと思うかな……」

「でも、すごく上手だから……」

「欲求不満でね。自分で色々試してみたの」

「試す? ですか?」

「そうよ。一人でオナニーしたり、バナナを使ってパイズリの練習をしたり、色々したわね」

由美子の知られざる顔を知り、学は嬉しくなった。

(そう言えば、由美子さんは結婚してるんだよな)

と、学は感じていた。

そう、由美子は人妻である。

つまり、学の恋は最初から終わっているのだ。

自分がいくら好きでいても、結婚はできないし、一緒にはなれない。

そう思うと、何だか切なくなってくるのであった。

「どうかした? 学君?」

そんな学の様子を感じ取った由美子は、そのように告げた。

「いえ。ただ、由美子さんは結婚してるから……」

「まぁ結婚してるけど、いつ別れたっていいのよ。でもそうすると、このお店を続けられないし。だから仕方なく結婚生活を続けているの」

「そうなんですか?」

「この洋館を建てたのも、夫だからね。だから私には拒否権とかないのよ。でもね、私はあなたと関係を続けていきたいわ。だって、あの人は外で愛人を作っているのよ。なら、私だってセックスフレンドを作っても別に構わないでしょう」

「そうかもしれません」

「だから、学君、これからも一緒にいてね」

由美子は、そう言うと、パイズリのスピードを速めていくのであった。

にゅるにゅると、乳圧を感じながらパイズリされると、心地よい射精感が襲ってくる。

しかし、まだイクわけにはいかない。

学は必死になって、吐精感を抑え込んでいく。

(うぉぉ、ホントに気持ちいい……、気を許すと、すぐにイッてしまいそうだ)

と、学は感じていた。

由美子のパイズリしながら、突如シャワーを使って泡を洗い流した。

「どうしたんですか? 由美子さん」

「んん。パイズリしながら、おち×ぽを舐めてあげようと思って」

「それは嬉しいです」

「フフ、おち×ぽの先っぽからエッチなお汁がたくさん出てきてるわよ。まったく、学君ったらエッチなんだから」

ペロっと舌先を伸ばした由美子は、亀頭の先端を舐るように弄り始めた。

その感触は、学をトリコにしていくのである。

「うぉぉ、やっぱり気持ちいい。パイズリにプラスしてフェラされるなて、夢のようですよ」

「おち×ぽもビクビクしてるわね」

「はい、それだけ気持ちいいんです」

「もっと、気持ちよくしてあげるからね」

「はい、ありがとうございます」

学はゾクゾクとカラダを震わせながら、快感に耐えていく。

その立ち昇る悦楽は、素晴らしく、少し気を抜いただけで、あっという間にイッてしまいそうになる。

だが、彼は懸命になって射精感に耐えていた。

「んちゅ、れろれろ……、おち×ぽ、とっても美味しいわぁ。それにものすごく逞しい香りがするの」

ペニスからは、ムッとするような牡の性臭が漂っている。

しかし、それは由美子にとって決して不快な香りではなかった。

むしろ逆に、興奮を誘ってくれる、高貴な匂いであると感じていたのである。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました