連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第11回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第11回

「ちゅちゅ、んちゅ、レレレ」

由美子の口元から淫靡な音が漏れ聞こえていく。

彼女は、舌先で亀頭を弄っていたのであるが、やがて口腔を一杯に広げて、パクっとペニスを咥えこんだ。

歯が当たらないように注意しながら、せっせとフェラチオをしていくのであった。

「んんぉ。由美子さん、すごく気持ちいいです……。耐えるのがしんどいです」

「まだよ、まだ我慢しないとダメなんだからね」

「はい。わかってます。耐えてみせますよ」

「フフ、ホントに可愛いわぁ。学君、素敵よ……」

パイズリをしながら、フェラチオするという、夢のようなプレイをされて、学は心の底から嬉しくなっていた。

ぐっと下腹部に力を入れて、ただ懸命に射精感を抑え込む。

まだ幾分か余力があるが、それは長くは持ちそうにない。

「ハァハァ、由美子さんの舌づかい、ホントに巧みです」

「んちゅ、れろん、じゅるん、じゅるる」

激しい淫音をなり響かせながら、由美子はフェラを続けていく。

学のペニスは、興奮や快感から、ビクビクと小刻みに震え始め、イク兆候があらわれ始めた。

「学君、そろそろイキそうなのね?」

と、由美子は告げる。

フェラを通して、学の限界が手に取るようにわかった。

「はい。そろそろヤバいかもしれません」

「そう、そうしたらイッてもいいわよ。私の口の中にたくさん精子を出してぇ」

「いいんですか?」

「うん。あなたの精子が欲しいの。たくさん飲ませてね」

「はい。わかりました。それじゃたくさん出しますから」

尿道を精子が駆け巡っていく。

カラダ中に快感が貫き、オルガスムスが発生する。

やがて――。

「うおぉぉぉ、ダメだぁ、由美子さん……、出ます! 精子……、イク! イッてしまう!!!」

「イキなさい。私の口の中に出してぇ」

次の瞬間、激しい精の高鳴りが感じられた……。

そして――。

ビュルビュル……ビュピョプ。ビュピュビュッ!

白濁色のスペルマが一気に由美子の口腔内に注がれていく。

「んんんー。んじゅる」

由美子は口腔を一杯に広げて、吐精されたスペルマを受け止めていく。

「ハァハァ、由美子さん、精子がどんどん出ます。うぉぉぉ、止まらない、ホントに気持ちいいです」

射精の鋭い悦楽がカラダ中を支配していき、学は夢み心地のような表情を浮かべるのであった。

やがて、由美子は吐き出されたスペルマをすべて受け止めると、そのまま一気に飲み下していった。

「んちゅ。んじゅるん、じゅる、ゴックン……」

由美子の咽頭を駆け巡る音が聞こえたかと思うと、最後に彼女は仕上げとして、激しくペニスを吸引し始めた。

こうして、尿道の残っている精子の最後の一滴までが搾り取られていく。

「学君。あなたの精液、とっても美味しかったわ」

「飲んでくれてありがとうございます。ホントに嬉しいですよ」

「フフ。学君、次は私を気持ちよくしてくれる?」

「もちろんです」

「そしたら、寝室に移りましょうか? カラダも洗ったし、続きはベッドで楽しみましょう」

「はい」

二人はバスルームを出て、寝室へ向かった……。

寝室はしんと静まり返っており、何やら妖艶なムードが流れている。

月明かりが窓辺から差し込み、神秘的な風景が広がっていた。

「こっちへいらっしゃい」

と、由美子は手招きして学をベッドに上に引き寄せる。

学も、言われるままにベッドの上に乗り、由美子を見つめた。

「学君、おま×こが疼いて仕方ないの……、弄ってくれる?」

「弄りたいです。真由美さんのおま×こが見たい……」

「慌てないで、今日はね、ちょっとおもちゃを用意したのよ」

「おもちゃですか?」

「そう。大人のおもちゃって聞いたことあるでしょう?」

「はい。バイブとかローターですよね。俺は使ったことないですけど」

「実はね、通販でバイブを買ってみたの。まだ使ってないんだけど、今日使ってみようと思って。学君、してくれる?」

「いいんですか?」

「うん。学君にバイブでイタズラしてほしいの。私のエッチなおま×こをいっぱい弄ってちょうだい」

「わかりました」

二人共浴室から出てから服を着ていないので、タオルを纏っているだけである。

学は由美子のカラダを覆うタオルを、はぎ取ると、顔を近づけていき、唇を奪った。

「んちゅ」

由美子とのキスは、どこまでも芳醇な味わいがあり、学を満足させていく。

もちろん、由美子自身もゾクゾクとカラダを震わせていった。

「学君、キスが上手になったわね」

「そうですかね?」

「うん、上手よ、どんどんエッチになってるわね」

「由美子さんに色々教えてもらったからですよ」

「フフ……、私はエッチな男の子が好きよ。まぁ、男の子はみんなエッチなことが好きなのかな?」

「そうだと思います。

キスの雨を降らせると、一旦由美子が立ち上がり、デスクの上にあったら袋の中から、薄ピンク色のバイブを取り出した。

サイズもかなり大きく、早くこれを使ってイタズラしたくなってくる。

「学君、これを使って……、わたしもあまり使ったことがないんだけど、スイッチがあって、震えるのよ」

「振動があるんですよね。そしたら足を開いてもらえますか」

「うん」

由美子はM字開脚すると、秘部を指で押し開いた。

女の部分は、既にたっぷりと蜜がふき出し、ヌラヌラと光り輝いている。

「由美子さん、おま×こ濡れてますね」

「あぁん。だって、あなたのおち×ぽを舐めていたんですもの。興奮するに決まっているでしょ」

「嬉しいです……。じゃあ、早速バイブを使ってみますね」

とはいってものの、すぐに膣内に挿れたりはしない。

まずはバイブの先端を使って、膣口をスリスリと擦る。

「実はね、こんなのも買ったの」

と、由美子は言い、ローションを取り出した。

「ローションも使ってみますか? おま×こが濡れているから問題ないと思いますけど……」

「ヌレヌレにしてほしいから、使ってみましょう。せっかく買ったんだし」

「わかりました」

ローションをたっぷりと淫裂に注ぐ。

ぴかぴかと光ったローションにより、一層滑りがよくなっていく。

「おま×こがぐちょぐちょだ。ホント卑猥ですよ」

「あぁん。ローションを塗ってスリスリされるの気持ちいい……、癖になりそうよ」

バイブの先端を使って、学は膣口を責め始めた。

入るか入らないかの絶妙なラインでバイブを弄り、膣口を擦り上げていく。

ローションと愛蜜により、しとどに濡れた陰部は、テカテカと光っており、どこまでも卑猥に見えた。

「由美子さんのおま×こ、ホントエッチですね。こんなに濡れてしまって」

「はぁん、興奮しちゃって、おま×こがどんどん濡れちゃうの……、もっと、もっと弄ってぇ」

「はい。たくさんイタズラしてあげますからね」

くぱぁと口を開き始めた膣口をバイブで、広げていく。

ヌルヌルになっているので、簡単に膣内に入るだろう。

「由美子さん、バイブを中に挿れてみますね……」

「うん、お願い……」

学はゆっくりとバイブを女壺に挿入していった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました