連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第13回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第13回

「学君、バイブの刺激もいいけれど、そろそろ、本物のおち×ぽが欲しいわ」

「ち×ぽが欲しいんですか?」

「そう、もう我慢できないの。お願い、挿れてくれない?」

「いいですよ……。俺も、もっと気持ちよくなりたいです」

「ありがとう、そしたら、お願いね」

由美子は仰向けに寝そべると、足を左右に開いた。

たっぷりと濡れた陰部は、キラキラと輝いており、どこまでも卑猥に見える。

「正常位でいいですか?」

「そうね。最初はベーシックに正常位で始めましょう。そして、色々試してみるの」

「わかりました」

由美子のヌレヌレになった淫裂に向かって、ペニスを押し当てていく。

そして、そのままゆっくりと貫いていくのであった。

ずぶずぶずぶ……。

埋没するように、怒張が女壺に吸い込まれていく。

「あぁん、おち×ぽが入ってきたぁ……。大きいのぉ……」

「由美子さんの中、ヌレヌレになってますね。温かくて、ヌメヌメしていて、ホントに気持ちいいです」

「私のおま×こをたっぷり堪能してね……、はぁん」

学はゆったりとしたペースで抽送を始めた……。

最初からイタズラには飛ばさない。

既に射精しているので、余裕はあるが、気を許すと、すぐにイッてしまうだろう。

グチョヌレになっている蜜壺は、くっぽりと、ペニスを咥えこみ、膣襞でねっとりと絡みついていく。

「由美子さんのおま×こ、しっとりと絡みつていきます」

「はぁん、おち×ぽ気持ちよくて、自然と締まっちゃうのよ……、だからわざとじゃないの……」

「こっちの方が気持ちいいですよ。おま×こがち×ぽを求めているみたいです」

「んん、あぁん、バイブのいいけれど、やっぱり生チンがいいのぉ……、大きなおち×ぽでおま×こをズボズボされるの好きぃ」

「もっとたくさん突いてあげますからね、じっくりと責めていきますよ」

大分セックスにも慣れてきた学は、プレイ中にも余裕が出てきた。

同時に、どうしたらもっと気持ちよくなれるかを考えて突きの一撃を加えていく。

「んんぁ、あぁん、気持ちいいのぉ、もっと突いてぇ」

由美子は淫声を轟かせながら、快感に身を捩らせていく。

それに合わせて、学も徐々に抽送のリズムを上げていくのであった。

じゅる、めりゅ、めりゅちゅ……。

結合部分からは、しとどに蜜があふれ出し、それがツツツと流れ出していくのであった……。

「由美子さん、おま×こからたっぷりお汁が出てきてますよ」

「んん、んんぁ、ハァハァ、気持ちいい……、ゾクゾクしちゃうのぉ」

「俺も気持ちいいです。突くほどにエッチなお汁が出てきて、ち×ぽが包まれていきます……」

「んんぁ……、ハァハァ……、ダメェ、おち×ぽで突かれるとぉ、ホントに、気持ちよくなっちゃうのぉ」

「ハァ、うぉぉぉ……。由美子さん、少し体勢を変えてみますね」

「うん。色々試してぇ……、もっと気持ちよくなりたいのぉ」

学は、姿勢を前傾にさせていき、由美子に覆い被さるような体勢になった。

そして、上から下に突き刺すようにペニスを動かし始める。

「きゃん、お、奥まで、奥までおち×ぽが届くわぁ」

「はい。カラダを預ける分だけ、挿入が深くなるんですね。いい感じですよ」

「ふぁ、あぁん、それ、すごくいいのぉ。おち×ぽでおま×こを掻き回してぇ」

「はい、もっと掻き回してあげますからね……」

一定のリズムで突き続けていた学であったが、ここで変化を加え始めた。

三度浅く突き、四度目で深く突いて、刺激を与えるのだ。

「んんぁ、はぁん、学君、セックスが巧みになってるぅ」

「はい、少しずつゼックスにも慣れてきました。それに、由美子さんの気持ちいいポイントも何となくわかってきたんです」

「はぁん、嬉しいぃのぉ。学君、その調子でたくさん突いてぇ」

学はじっくりと突きの一撃を加えていき、自らも快感を味わっていく。

やはり、セックスは素晴らしい。

圧倒的な悦楽が襲ってくるのである。

ペニスを淫裂の中に挿れて、ズボズボと掻き回していく。

動きが単調にならないように、しっかり工夫しながら繰り返し抽送を続けていくのであった。

「んんぁ、あぁん、ダメェ……、学君、おま×こがヒクヒクしちゃうのぉ」

「おま×こが痙攣してきますね。もしかしてイキそうですか?」

「うん。またイッちゃいそうなのぉ。ふぁん、イキたい! イッてもいいの?」

「イッてもいいですよ。何度でもイカせてあげますよ」

ここで、学は鋭く一突きペニスを動かしていった。

すると、ガクンと由美子のカラダが震えた。

そして、ブルブルとカラダを蠢かせながら、快感を味わっていく。

断続的なアクメが襲ってきていたが、やがて長いオルガスムスが訪れる。

しっとりとした悦楽が身を包み込んでいき、やがて彼女は昇天を迎えるのであった。

「んんんー。ダメェ。イク! イッちゃうのぉ」

「イッてください。何度だってイカせてあげますから」

結合部分からピッピッと、淫水が噴き出し、由美子は絶頂する。

「んんぁー……、ダメェェェェェ」

イッた由美子であったが、学にはまだまだ余力がある。

したがって、継続してピストン運動を続けていくのであった。

「イッたばかりの敏感のおま×こを突きまくってあげますからね」

「はぁん、イッてるのにぃ。そんなに突かないでぇ」

「ダメですよ、俺も気持ちよくなりたいですから」

そう告げ、学はさらに姿勢を倒していき、顔を近づける。

そして、トロリと蕩けている由美子の唇を奪った。

「んちゅ、んちゅちゅ、ちゅん」

「やぁん、学君ったら、キスも上手くなってるぅ」

「はい、由美子さんとキスすると、ホントに気持ちいいです。もっとキスさせてください……」

チュッチュッと、キスの雨を降らせていく学。

「ふぁん、キスされながら、おま×こ突かれるのも最高なのぉ」

「俺もです。何だか、本気のセックスをしているって気がしますよ」

「あぁ、んちゅ、学君……、ハァハァ、んちゅん」

ここで由美子は学の首に手を回すと、自分の舌を強引にねじ込んでいくのであった。

「んじゅる。じゅるじゅる、ちゅぱん」

お互いの唾液を啜り合い、ディープなキスを展開していく。

(うわぁ。由美子さんの唾液はハチミツみたいに甘いや。ホント最高だ)

と、学は感じていた。

ねっとりと唾液が絡み合い、口元からツツツと滴り落ちていく。

それは、どこまでも淫らな光景であり、学を興奮させていくのであった。

「んちゅ、じゅるん、ちゅるん」

やがてキスを止めると、再びピストン運動に集中する。

一転して、前傾させていた姿勢を持ち上げ、やや反り返る姿勢になると、下の方か上に向かってペニスを動かし始めた。

こうすると、再び挿入の角度が変わり、鋭い快感が襲ってくるのがわかった。

「ぁぁん、学君。その体位も気持ちいいわぁ。どこで覚えたのよ、そんなの」

「エッチなビデオを見て研究したんです。もっと、気持ちよくなってもらいたくて」

「あぁん、ホントに学君はエッチなんだから……」

「由美子さん。あぁ、ホントに堪らないです。こんなに気持ちよくなって、俺嬉しいですよ……」

「私もよ。このままだと、学君なしではいられなくなってしまうわ」

「俺はずっとそばにいますよ」

「ホントね?」

「ホントです。俺は、ずっと一緒にいたいです」

「ありがとう。私もあなたと一緒にいたいわ……」

固く愛を誓いあいながら、学はピストンを続けていく。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました