連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第15回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第15回

「由美子さんのおっぱい、すごく柔らかいです」

「んん、学君の手つき、ホントにいやらしいわ」

「プニプニしていて、マシュマロみたいです……」

「はぁん、もっと、もっと触ってぇ」

「下から突き上げながら、おっぱいもちゃんと弄ってあげますからね」

「うぅん、そうして、突かれながらおっぱい揉まれると感じちゃう……、んんー。んんぁ……」

たわわに実った由美子の乳房を揉んでいくと、学の下半身にも力がこもってくる。

同時に、淫裂がキュッと締まって、ペニスを甘締めしていくのであった。

「あぁ……、んんぁ、ダメ……、おっぱいも感じちゃうわぁ」

「次は乳首を弄ってあげますよ」

「乳首も? 乳首も弄ってくれるの? お願い、クニクニって触ってほしいのぉ」

乳首は既に硬く勃起しており、花の蕾のようになっていた。

そんな突起を指でこねくり回すように弄っていく。

「乳首、硬くなってますね?」

「あはぁん、だって、そんな風にエッチに弄られたら感じちゃうに決まってるでしょ……、んんぁ」

「こんなにビンビンになって、ホントに由美子さんはエッチですね」

「学君が相手だからよ。誰にでもこんな風になるわけじゃないんだからね」

乳首をたっぷりと弄り回していくと、学も気分もよくなっていく。

ゴムのような弾力があり、おまけに柔軟性もある。

乳首弄りに感動したのか、由美子はブルブルと体を震わせて感じ始めた。

「あぁん、ダメ……、そんな風に弄られたら、また気持ちよくなっちゃう……」

「どんどん気持ちよくなってください。俺も、気持ちいいですよ」

「んんぁ、ハァハァ、学君のおち×ぽ、私の中でどんどん大きくなってる気がするわ。何かね、おま×この中がぐいぐい広げられていくの……、それが堪らなく気持ちいいのぉ……」

「由美子さん、腰の動きが止まってきてますよ。もっと動いてください」

「んん、ゴメンなさい。あまりに感じすぎちゃって、カラダがなかなか動かないの……、でも大丈夫よ。まだまだできるからね」

ここで、由美子は姿勢を反転させた。

つまり、今までは向かい合わせの騎乗位スタイルだったのを、背面式に変えたのである。

そして、腰をじっくりと落とし、素早く上下に動かし始めた。

こうすると、乳首は弄れなくなるが、その分挿入に集中できる。

由美子は懸命になって快楽を貪り続けた……。

「んんぁ、あぁ、こうすると、気持ちいい……、違った角度でおち×ぽが当たるのぉ」

「確かに、さっきよりもち×ぽをたくさん擦ってくれるような気がします」

「フフ……、もっと気持ちよくしてあげるからね」

そう言いながら、由美子は腰をフリフリと動かし、快感を生み出していく。

じっとりと絡みつくような悦楽が、学を包み込んでいく。

「うぉぉ……、そ、それ、すごく気持ちいいです……、最高の気分ですよ。由美子さん……」

「私も、私も感じてるの……、こうすると、腰の動きに集中できるから、たくさん気持ちよくなれるのよ……」

「足も触れますよ」

と、学は由美子のふくらはぎをスリスリと摩り始めた。

スベスベの由美子の足の触り心地は、感動的に素晴らしく、学をますます興奮させていくのであった。

「学君ったら、ホントに足が好きなのね。困った子だわ」

「由美子さんの足はとてもキレイだからですよ」

「んぁ、足を触られながら、おち×ぽ突かれるのってなんだか不思議な気分ね。クセになりそうよ」

「俺も興奮してます……。それに、イキたくなってきました」

「学君、イキそうなの?」

「まだ、少し持ちますけれど、あんまり長くないですね」

「私ももう一度イキたいわ」

「そうしたら由美子さん、一種にイキましょう」

「うん。一緒にイキたい……、たくさん中に精子を出してね」

「もちろんです。たっぷりとおま×この中に精子を注いであげますよ」

引き続き、学は腰を動かし、下から上につき上げるようにピストン運動を開始していく……。

すると、立ち昇るように射精感が発生していくのであった。

(うぉぉ、ものすごく気持ちいい……、由美子さんのおま×この中、ホントに最高だよ……)

「学君、あぁん、私、またイッちゃいそう。おま×こがじんじんして気持ちいいのぉ」

「俺も気持ちいいです。たくさん精子を出しますからね」

「はぁん、出して、牡汁をたくさんおま×こに注いでほしいのぉ」

やがて、耐えがたい射精感が襲ってくる。

ここまで、ぐっと耐え忍んできたが、とうとう限界がやってきたようであった。

「由美子さん、そろそろ、俺も限界です。精子が出ます」

「うん、出してぇ、中にたくさん出して欲しいのぉ……」

「わかりました。うぉぉぉー」

最後の力を振り絞って、学は抽送を続けていく。

途端、鋭い快感が全身に広がっていき、スペルマは尿道を駆け巡っていくのであった……。

「うぉぉぉ、出る! 出ます! 精子出しますよ」

「はぁん、出してぇ。私の中にたくさん精子を出して欲しいのぉ」

次の瞬間、激しい精の高鳴りが感じられた……。

ビュルビュルビュル……、ドピュピュピュッ……。

勢いよく白濁色の精液が、女壺内に噴射されていく。

射精の感触は素晴らしく、夢み心地のような気分で学は精を吐き出し続けた。

「うわぁぁ、すごい、どんどん精子が出ていきます」

「ハァハァ、うん、学君の精液がたくさん私の中に……、ううぅん、中出しされるのってすごく気持ちいいのぉ」

ビュルビュルと精子を吐き出し続け、学は心地よくなっていった。

「由美子さん、ホントに気持ちいいです。騎乗位でフィニッシュできて、すごく嬉しいですよ」

「私も、私も嬉しいのぉ。学君に精子を注がれて、種付けされてるぅ、あぁん、そう思うだけで、興奮しちゃうのぉ」

「もっと、興奮してください。俺も、最後の一滴まで精子を絞り出しますから」

何度もイッているというのに、吐精の感覚は素晴らしく、大量のスペルマが注がれていくのであった。

由美子は、再び姿勢を傾けていき、学に抱きついてきた。

そして、秘唇をキュッと締めつけると、ペニスを甘締めして精子をキュウキュウと搾り取っていくのであった。

「あぁ、由美子さん、おま×こ締めすぎです……。ち×ぽが噛み千切られるみたいだ」

「フフフ。こうすれば、最後の一滴まで精子を搾り取れるでしょ? ほら、最後まで精子を出し尽くしなさい」

「はい、精子がどんどん出ていきます。自分でもこんなに大量に射精して不思議な気分になりますよ」

「あぁん、中出しされて、お腹が熱いの……、この感覚、とってもクセになりそうよ」

やがて、由美子はゆっくりと姿勢を起こし、立ち上がった。

すると、ゴポリとスペルマがあふれ出し、太ももを伝って流れ出していった。

「やぁん、おま×こから精子が流れ出ちゃうわぁ」

「おま×こから精子が出ている姿って、何だか卑猥ですね。すごく魅力的ですよ」

「学君、最高のセックスだったわ。ありがとう、とっても気持ちよくなれたの」

「俺もです。凄く気持ちよかったです」

「ふふ。またしましょうね」

二人は固く抱き合いながら、愛のある口づけをかわしていく。

そして、ねっとりと舌同士を絡め合いながら、濃密なセックスの余韻に浸っていくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました