連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第17回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第17回

対して、学はお尻をスリスリとマッサージしながら、秘唇に指を当てた。

そこはたっぷりと蜜がふき出し、ヌルヌルと滑っているのであった。

「おま×こ濡れてますね。ホントに卑猥な光景です」

「うん、興奮してるからね。パンストを直ではいてイタズラされるなんて、初めての経験だから……」

「少しだけ破きますね」

「わかったわ」

学は、パンストのクロッチ部分を少しだけ破いた。

決してビリビリに破ったりしない。

あくまでも女壺が見えるくらいの範囲を破ったのである。

「指、挿れてあげますよ」

「んんぁ、あぁん、指を挿れてくれるのぉ……」

「ヌルヌルだから、すんなり入っていきますよ」

人差し指を淫裂に押し当て、そのままゆっくりと貫く。

ずぶずぶずぶと、指がめり込むように陰部に吸い込まれていく。

「あぁん、指が、指が入ってきたのぉ」

「そうですよ。指が入ったんです。由美子さんのおま×この中、すごく温かいです。ヌメヌメしていて、最高ですよ」

グチュグチュになった女壺を指で掻き回していくと、由美子の口元からツツツとよだれが流れ出していった。

「んん、うぅ、気持ちいいのぉ、指であそこをホジホジされると、変な気分になっちゃうぅ……」

「どうです? 気持ちいいでしょう。俺も、ゾクゾクしてきました」

パンストに包まれたお尻を摩りながら、同時に、淫裂を掻き回していく。

四つん這いであるため、指が奥まで入って、由美子を心地よくさせるのであった。

「ハァハァ、気持ちいい……、学君、もっと弄ってぇ」

「はい。弄ってあげますよ。もう一本指を挿れてあげますからね」

そう言い、学は中指をプラスして蜜壺に挿れていった。

膣内は、キュッと締まっているので、指を二本挿れると、窮屈な感じがする。

ただ、それでも柔軟に広がりを見せていき、スムーズに指を咥えこんでいくのであった……。

「んん、学君の太い指が私の中に……。あぁん、もっと掻き回してぇ」

「どんどんあそこが濡れてきますね。大洪水になっていますよ」

「だってぇ、そんな風に弄られたら、興奮しちゃうのに決まってるでしょぉ」

「ずっぽりと指を咥えこんで、ホントに卑猥な光景ですよ」

「ンン。ぁぁあぁ。ダメ、気持ちよくて、腰がガクガクしちゃう……」

「もう少し耐えてくださいね。これからが本番ですから」

「うぅん、たくさん指で掻き回してぇ。おま×こを弄ってほしいのぉ」

四つん這いになっている由美子のカラダがガクガクと震え始める。

どうやら、心底感じているようであった……。

「由美子さん。おま×こからどんどんエッチなお汁が出てきてますよ」

「んんぁ、だって、気持ちいいんだもん。学君の指使い、とっても卑猥よ」

「たっぷり気持ちよくしてあげますからね……」

指先をフルに使って、学は由美子の淫裂を掻き回していく。

にちょにちょと、淫靡な音がこだまし、静かな寝室に染み渡っていくのであった。

(由美子さんのおま×こ、ホントに卑猥だよ。興奮するなぁ)

既に彼のペニスはギンギンに隆起していた。

このイチモツを、早く女壺に挿れて気持ちよくなりたい。

そんな思いが浮かんでは消える。

「学君、クリも、クリも弄ってほしいのぉ……」

「クリトリスですね。わかりました。弄ってあげますよ」

「うん、お願い……。たくさん弄ってちょうだいね」

学は、由美子の陰核に指を当てた。

そこは包皮に包まれている。

指の腹を使って、雌芯を押すようにすると、ピュッと白い豆が飛び出してくる。

「クリが飛び出してきましたよ」

「はぁん……、そこは敏感だから、もっと優しく弄ってぇ」

「すみません。少し乱暴なくらいがちょうどいいと思って。じゃあ、触ってあげますからね」

そう言い、学はクリトリスを弄り始めた……。

クリクリと陰核に触れていくと、プクっと膨らみ、ヒクヒクと震え始めた。

「クリトリスが大きくなってきました」

「あぁん、それだけ興奮してるのよ」

「クリってホント卑猥な形をしてますよね? すごく興奮してしまいます」

「優しく擦って……、そうすると気持ちよくなれるからぁ」

「わかりました。ソフトタッチでやってあげます」

学は、指先でコシコシと陰核を擦り始めた……。

すると、由美子のカラダがガクガクと震え始める。

「んん、んー。あぁん、そ、それ、すごくいい、気持ちいいのぉ」

「おま×こも震えていますよ。感じてるんですね?」

「そうよ。感じてるの……、あぁん、学君の指が、クリに当たって気持ちいい」

「クリを弄るほどに、どんどんお汁がしみ出してきて、全く由美子さんはエッチですね。こんな風にクリを弄られて感じてしまうんですから」

「はぁん、意地悪言わないで……。感じちゃうのは仕方ないでしょ」

「クリトリスと弄ると、指を締めつけられます。キュッと締め上げて、心地いい感じがします」

「んんあぁ、ハァハァ、気持ちいい……、クリをクリクリされるの最高なのぉ」

「足をマッサージされるのと、エッチなマッサージだったらどっちがいいですか?」

「うぅん、どっちも、どっちも気持ちいいけど……、やっぱりおま×こがいいのぉ、ゾクゾクしちゃうからぁ」

ビクビクッとカラダを蠕動させながら、快感を表現していく由美子。

「由美子さん、姿勢を変えてみますか」

「え? 姿勢を??」

「そうです。M字開脚になってもらえますか? 四つん這いだと、そろそろ疲れてきたでしょ」

「うん。この体勢、意外としんどいから、少し座りたいわ」

由美子は前方面を向き、M字開脚に座り込んだ。

局部のみ、パンストが破かれているので、それが逆に淫靡に見えた。

「おま×こ、ヌレヌレでホント卑猥ですね……」

「そうなの、どんどん濡れちゃって……、変態になったみたい」

「こんなに足を広げて見られるのってどんな感じですか?」

「どんなって、恥ずかしいわ。でも見られると興奮するの……、エッチなポーズを見られるとゾクゾクしちゃうわ」

「由美子さんは可愛いですね……。たっぷりとイタズラしてあげますからね」

学は、陰核を責めつつ、指を胎内突っ込み、クチュクチュと音を上げながら弄り始める……。

ヌルヌルになった陰部は、スムーズに指を動かし、さらにくいっと咥えこんでいくのであった。

次いで学は手指の動きを速めていく。

つまり、指先のピストン運動を強めていったのである。

すると、由美子の中で何かが弾けた。

「あぁん、学君、出る……。エッチなおしっこが出ちゃうわぁ」

「出してください。それって多分潮吹きですよ」

「あぁぁぁぁぁん、ダメ……、ダメだったらぁ……」

あんあんと淫声を轟かせながら、由美子は激しく潮を吹いた。

ぷしゅぴゅしゅー。

淫水が迸り、学も興奮していく。

「うぉ、すごい量の潮吹きだ。それにおま×こヒクついてます」

「んぁ、ダメェ、見ないでぇ」

激しく昇天した由美子は、ベッドの上で小刻みに震え始めた――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました