連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第21回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第21回

「由美子さん、今度はこんな体勢はどうですか?」

「えぇぇ、何をするの? きゃー」

そこで、学は由美子の腕を元に戻し、その代わり、今度は片足を持ち上げた。

こうすると、犬がおしっこするような体勢になり、結合部分がくいっと顔を出した。

「いやぁん、恥ずかしいわぁ。こんな格好……」

「恥ずかしいポーズも好きでしょ? おま×こがキュンキュンしてますよ」

「ハァハァ、恥ずかしいけど、やっぱり気持ちいいのぉ。大胆な格好になると、開放的になれるわぁ」

「おま×こがヒクついて、ち×ぽに絡みつきてます。さっきよりもいい感じですよ」

「んぁ、はぁん、こんな恥ずかしい体勢でおち×ぽ挿れられているのに感じちゃう……、あぁん、変態になって気分だわぁ」

「由美子さんは変態なところがあるから、丁度いいですよ」

「酷いわ、そんな風に言って。オバサンを辱めて楽しんでいるのね」

「由美子さんはオバサンじゃないですよ。可愛いから、イタズラしたくなっちゃうんです……」

「んん。んー。きゃん、子宮の入り口を叩かれているみたい。あぁん、感じすぎちゃうわぁ」

斜め下から突き上げる関係上、ペニスは一層奥まで届くのであった。

「ハァ、由美子さん、エッチなお汁が噴き出していますよ」

「それだけ感じてるの……、んぁ、クセになっちゃうわぁ」

結合部分から愛蜜がピュッと噴き出し、それがツツツと太ももを伝って流れ出していく……。

キラキラと輝く淫水は、ヌルヌルと滑っており、煌びやかにテカっている。

トロトロになった女壺は、ずっぽりとペニスを咥えこみ、クチュクチュと淫音を上げ始めた。

「ハァ。由美子さん、立ちバックってホントすごいですね。こんなに気持ちいいとは思いませんでした」

「はぁん。そうなの、後ろからされていると、何だか無理矢理犯されてるみたいで興奮しちゃうのぉ」

「確かに、由美子さんを征服しているような気がします

立ちバックは征服感が強い。

そのため、学は強い高揚感を覚えていた。

対して、由美子も後ろからガンガン突かれて、女の悦びを感じている。

二人は肉欲に溺れながら、快感を貪っていくのであった。

「足を上げると、挿入の角度が変わっていい感じですね。この体位、結構クセになりそうです」

「ぁん、恥ずかしいけど、やっぱり気持ちいいのぉ……、学君のおち×ぽ、ホントに最高よ」

「この調子で突き続けてあげますからね」

「うぅ、お願い、もっと、たくさん突いて欲しいのぉ」

由美子はカラダを捩らせて快感を表現していく。

素晴らしい快感がカラダ中を駆け巡っていき、恍惚とした気分になっていくのであった……。

「はぁん。気持ちいい……、学君のおち×ぽ、んんんー。ハァハァ、とっても大きいから、素敵なのぉ」

「由美子さん、少しやってみたい体位があるんですけどいいですか?」

「え? やってみたい体位? 何かしら」

「駅弁っていうんですけど、知ってますか?」

「えっと、抱きかかえて挿入する体位よね?」

「そうです。ちょっとやってみたいんですけど……」

「だけど、私重いわよ」

「そんなことないですよ。由美子さんは細いし、俺結構力があるから問題ないと思います……」

「わかったわ。やってみてちょうだい……。私も駅弁はしたことがないから、してみたいわぁ」

「ありがとうございます。それじゃ、早速……」

学は由美子の足を持ち上げ、そして抱え始めた。

由美子のカラダを腕で支え、その状態で挿入を繰り出していく。

「きゃぁ、恥ずかしい……、あそこが丸見えになってる……」

「うぉぉ、こうすると奥まで届きますね。どうです? 由美子さん??」

「確かに奥まで届くわ。おま×この奥の方をずちゅって突かれる感じ……、あぁん、堪らないわぁ」

「この状態でズコバコしてあげますからね……」

ゆっさゆっさとカラダを上下にさせて、抽送を生み出していく学。

体重が下の方にかかるので、必然的に挿入が深くなる。

つまり、奥が好きな由美子にとってはピッタリの体位であった。

「ふぅ、由美子さんのおまんの奥まで届いて、とにかく気持ちいい……」

「学君、疲れない? 結構大変な体位だと思うんだけど」

「まだ大丈夫です。由美子さんは軽いですから」

「フフ、ありがとう。ねぇ、私、またイッちゃいそうになってるわ」

「もう少し我慢してください……。俺ももう少しでイケそうですから、また一緒にイケたら嬉しいです」

「うん。一緒にイキたいのぉ。おま×この中に、たくさん精子を出してね。中出しされると、とにかく気持ちよくなってしまうからぁ……」

「わかりました。やってあげますからね。だから、もう少し耐えてください」

由美子のカラダをガンガン動かしながら、学はペニスを奥深くまで挿入していく。

にゅるんと、イチモツが吸い込まれて、膣ヒダを擦り上げていくのであった。

その時の快感は素晴らしく、学をどんどん盛り上げていく。

「んぉ、由美子さんのヌルヌルおま×こをち×ぽが擦っていって、気持ちいい……、ハァ、ハァ、どうしてセックスってこんなに気持ちいいんでしょうか?」

「はぁん、わかんない……、私も気持ちいいのぉ……。こんな体験初めてよぉ……。ガンガン奥を突かれる感じが心地いいのぉ」

「はい、今日は特に野性的なセックスをしてますね」

「うん。たまにはこういうのもいいでしょ? 私、とても興奮してるわ」

発情しきった由美子からは、牝の芳醇な香りが漂い始めた。

牝フェロモン臭とでも言えばいいのであろうか?

とにかく興奮を誘ってくれる高貴な香りなのである。

「んんんー、学君、おま×こがキュンキュンしちゃうのぉ」

「おま×こがヒクついてきましたね。締め付けも強くなってきました」

「そうなの、あまりに気持ちよくて、おま×こが勝手に締まっちゃうのぉ」

キュッと陰唇が締まり、剛直を甘締めしていく。

この時の感覚は、とても素晴らしく、学をトリコにしていくのであった。

「は、はぁん、あぁ、あぁん。学君、こんなに奥まで突かれたら、何だかおかしくなりそう。気持ちよくて、仕方ないわ」

「俺もですよ。駅弁って結構変則的な体位ですけど、興奮しますね。何だかクセになる体位ですよ」

学は力の限りを尽くして駅弁プレイを展開していく。

ただ、この体位は、長時間はできないだろう……。

徐々に腕に力が入らなくなり、腰の動きも緩慢になってきた。

「由美子さん、そろそろ限界かもしれません……」

「うん、最後は正常位でフィニッシュしましょう」

「わかりました」

駅弁の体位を止めると、二人は再びベッドの上に乗った。

そして、由美子は仰向けになり、足を左右に広げた。

蜜がたっぷりと噴き出した淫裂は、テカテカと光り輝いており、妖艶に見える――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました