連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第22回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第22回

「由美子さん、おま×こすごいことになってますね」

「はぁん、だって、感じまくってるんですもの。グチョヌレのおま×こになっているわぁ……」

「最後は正常位で挿れてフィニッシュしたいです」

「そうね。最後だから思いっきり突いてね」

「もちろんです。それではイキますよ」

学は由美子の足に手を置き、くいっと左右に広げると、ヌレヌレになっている女の部分に向かってペニスを押し当てていった。

じゅるん、にゅるる、ずぶずぶ……。

めり込むように怒張が吸い込まれていく。

いきり立っているイチモツは、女壺の中で暴れ狂う。

学は最後の力を振り絞って抽送を始めた。

激しく突き続けると、怒涛の如く、射精感が襲い掛かってくる。

「はぁ、由美子さん、ホントに気持ちいい……、ち×ぽが爆発しそうです」

「んんぁ、激しい……、勢いよく突かれてるのぉ」

ガンガンと突きまくっていると、本当に気持ちよくなっている。

この荒々しいセックスが、どこか心地いい……。

と、由美子も感じていた。

学はまだ若い。

それ故に、若さに溢れた性行為をしてくれる。

それが堪らなく嬉しく感じるのである。

「あぁん、ダメ……、学君、気持ちよくて……、あぁ、んんー。イッちゃいそう」

「俺ももう少しでイケそうです。だから、それまで我慢して……、うおぉぉぉー」

学も強い射精感を覚え始めた。

一突きごとに、快感の塊が襲ってきて、耐えるのがしんどくなるのである。

それでも、彼は付き続けた。

ただ、由美子を気持ちよくさせ、自分も果ててしまいたい。

思うのはそればかりであった。

「うぉぉぉ、気持ちいい……、俺も、ダメだ……、そろそろ限界です。由美子さんは??」

「私も、私もすごいの来たぁ、あそこがジンジンしちゃって、もうダメェェ」

二人の声がシンクロし、とうとう限界を迎える。

途端、ガクンの由美子のカラダが震えた。

そして、学も牡の欲望を一気に発射させる……。

「うあぁぁ、精子が出る! もう止まらない……」

「中に! 中にたくさん出してぇ。濃い精液をビュルビュルって出して欲しいのぉ」

激しい愉悦が襲ってくる。

ビュルビュルビュル、ドピュピュ……。

白濁色の子種が、膣内発射されていくのであった。

「あぁん、出てる、おま×この中にたくさんの精子が」

「はい、どんどん出ていきます。もう止まりません」

「んんー。あぁん、中出し気持ちいい、お腹の中が熱くなって最高の気分よぉ」

由美子の淫声は強くなり、それが学の耳に心地よく届く。

「はぁ、すごい。気持ちよくて蕩けそうだ……」

「私も、こんなの味わったらもう元に戻れないわぁ……」

キュッと陰部を締めると、由美子は最後の一滴まで精子を搾り取った。

ゆっくりと、ペニスを結合部分から引き抜くと、ゴポリと精液があふれ出した。

「あぁん、もったいないわぁ。精子が零れちゃう……」

「由美子さん。すごく気持ちよかったです……」

「最後におち×ぽをキレイにしてあげるわ」

そう言い、由美子は精子や愛液で塗れたペニスを咥えこみ、チューチューと音をあげながら、お掃除フェラをしてくれたのであった……。

「うぉ、由美子さん、ありがとうございます。ホントに最高の気分でしょ」

「精子を残さず搾り取ってあげるからね」

たっぷりとペニスを吸い上げ、お掃除フェラを終える由美子。

それを見た学は、彼女をヒシっと抱き締め、濃密なセックスの余韻に浸っていくのであった……。

 

学が喫茶グーテンベルクで働き始めて数カ月が経った。

新しい仕事にも慣れ、学も活動的になっている。

毎日が楽しい……。

そんな風に感じていたのである。

そこには理由がある。

理由――。

それはやはり、由美子との情事であろう……。

由美子とセックスができるから、生活にも色が出て楽しく過ごせるのである。

しかし……。

(最近、何だかマンネリ化しているんだよなぁ)

そう。

毎日のようにセックスしている。

ただ、それが義務的というか、毎回同じような形になってしまっているのである。

もちろん、それでも十分満足しているし、これ以上を望むのは過ぎたる願いなのかもしれない。

ただ、それでももっと楽しみたいという気持ちが先行している。

(どうしたらいいんだろう?)

最近。そればかり考えていた。

そんな、ふとある考えが思い浮かんだ。

だけど……。

「もしかしたら嫌がられるかもしれないな……」

その考えは、少しアブノーマルなのである……。

だからこそ、なかなか切り出せずにいたのであった。

しかし、ここで立ち止まってしまったら、更なる快感は味わえない。

と、学は考えていた。

そこで――。

彼は意を決して、その考えを伝えることにした。

今日の無事に仕事が終わり、店内の掃除を終えると、今日の仕事は完了である。

いつもなら、由美子と一緒にシャワーを浴びて、そのままセックスするのが定番の流れである。

たた、今日は少し変化を加えたい。

今日は別々にシャワーを浴び、学の方が先に寝室で待っていると、やがてシャワーを終えた由美子がやってきた。

「おまたせ、学君」

ドライヤーで髪の毛を乾かしているが、少し濡れており、しっとりとしている。

それが、どこか妖艶な印象を与え、学はゴクリと生唾を飲み込んだ。

「あの、由美子さん、今日はお願いがあるんです」

「え? お願い。また何か新しい体位でも思いついたのかしら」

「えっと、その……、実は」

「何、言ってごらんなさい」

「はい。ちょっと変態的かもしれないんですけど、アナルセックスがしてみたいんです」

すると、由美子は驚いた表情を浮かべた……。

当然の反応であろう。

「アナルって、その、お尻を使ったセックスよね?」

「そうです。少し変化を加えたくて」

「少しどころの変化じゃないわよ。それに、お尻を使うって、痛いんじゃないの?」

「大丈夫です。ちゃんと、準備してからやりますから。ローションもありますし、まずは指で軽く広げていきますよ」

「何だか怖いわ……。私ね、アナルセックスとか経験ないのよ」

「俺もないですよ。でも、話では気持ちいいみたいです。だから、一度してみたいと思っているんですよ。それに、最初は怖いかもしれませんけど、俺優しくしますから……、だからアナルセックスさせてもらえませんか……?」

と、必死に懇願する学。

彼の口調は真剣であった。

対する由美子も迷っている。

なるべくなら、学の願いは聞き入れてあげたい。

しかし、アナルセックスとなると、話は別である。

「痛くしない?」

「はい、大丈夫です。痛かったら止めてもいいですから。それに俺、由美子さんのアナルバージンが欲しいんです。由美子さんの初めてのアナルを俺にください」

「学君……」

その言葉を聞き、由美子は覚悟を決めた。

自分は、既にセックスを経験していたから、初めてを学に捧げられない。

しかし、アナルは初めてなのである。

そうなると、貴重な初めての体験を捧げられる。

「わかったわ。いいわよ、やってみましょう……」

「ホントですか? うあぁ、ありがとうございます。俺、嬉しいです」

二人はベッドの上に向かい合わせに座り合う。

まず動いたのは、学の方であった。

学は由美子の肩を抱き、そのままゆっくりと押し倒していく。

既に彼女は全裸にタオルを巻いているだけなので、そのタオルを取っていく。

そして、足を広げて、秘部を開帳していくのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました