連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第23回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第23回

「由美子さんのお尻の穴、ホントキレイですね」

「いやぁん、そんなところ、あんまり見ないで。恥ずかしすぎるわ」

「ちょっと指を挿れみますね。あ、この間のローションを塗りましょう」

そう言い、学はローションをタラりと垂らすと、菊穴に指をぬるりと挿れてみた。

ずぶ、じゅぶ、じゅる……。

かなり窮屈であるが。人差し指がゆっくりと入っていく。

「入りましたよ。由美子さん……。締め付けがすごいですね」

「んぁ。なんだか、変な感じよ。催す感じがするわ」

「少しすると慣れると思います。ゆっくりと指を動かしていきますからね」

「うん。なるべく優しくしてね」

「もちろんです。痛くはさせませんから安心してください」

人差し指の第一関節付近まで挿入し、そこからヌルっと引き抜いていく。

そこから、再び尻穴に挿入し、今度は第二関節付近まで挿れる。

「んん、んぁ。あぁん、お尻が熱いわぁ。ゾクゾクしちゃう……」

「どうです? 気持ちいいですか??」

「まだ。まだよくわかんない……、だけど、そんなに嫌な感じじゃないわぁ」

「んぉ。お尻ってホント締め付けが強いんですね。指が噛み千切られそうですよ。キュッと窄まって、とにかく卑猥です」

「んん。あぁん。お尻が自然と締まっちゃう……。敏感な部分だから」

「少しずつ指を速く動かしていきますからね……」

「うん。お願い」

姿勢をまんぐり返しに近い形にさせ、指を菊穴に導いていく。

最初はかなり窮屈であったが、次第にアナルは広がりを見せて、スムーズに動くようになった。

ローションの影響で、ヌルヌルになった指先が、尻穴を縦横無尽に動いていくのであった……。

「はぁん、何か気持ちいいかも……、ちょっと、変な感じだけど」

「これからもっと気持ちよくなりますよ」

「ンンン……。はぁん。お尻が……、お尻で感じちゃうんなんて」

学は指を上下に動かし、シコシコと抽送を開始していく。

直腸内に指を挿入すると、キュッと挿入口が窄まり、指を圧搾するように締め付ける……。

意外と、匂いはなかった。

もっと刺激臭がすると思ったのであるが、興奮を誘うような性臭の方が上回り、決して不快ではない。

むしろ、この匂いを嗅いで学は興奮してきてしまった。

「由美子さん、とってもエッチな匂いがしますよ」

「やぁん、そんなところの匂いを嗅がないで。ダメよぉ……」

「全然臭くないですよ。むしろいい匂いです……。もっと弄ってあげますからね」

学はシコシコと指を動かしていく。

指の根元まで一気に挿入していき、そこから、素早く引き抜いていく。

すると、由美子のカラダがビクビクッと反応を示す。

「はぁん、引き抜かれるの気持ちいい……」

「引き抜かれるのがいいんですか?」

「うん。そうみたい。ずちゅって引き抜かれると、とっても気持ちいいのぉ」

「なら、もっとやってあげますよ。こんなのはどうです?」

次いで学は挿れる時は素早くし、抜くときはゆっくりとしていった。

こうすると、引き抜かれる時の淡い快感がじっとりと長く続くのである。

「ンンン。ハァハァ、お尻が気持ちいい……、私、お尻で感じてるのね。何だか変態になった気分よ」

「指をカプッと咥えこんで、なかなか離さないですね。由美子さんのアナルってホント卑猥ですよ」

「だってぇ。だって、気持ちいいんだもん……。自然とお尻が締まってしまうわ」

「おま×ことお尻だったらどっちがいいですか?」

「んぁ、わかんないのぉ。どっちも気持ちいいぃ。比べられないわぁ」

「お尻で感じてくれて嬉しいです。このまま拡張していけば、問題なくち×ぽも入りそうですね?」

「ホントにおち×ぽ挿れるの? 学君のち×ぽはかなり大きいのに、入るのかしら?」

「大丈夫ですよ。ゆっくりと広げてから挿れますから、痛くないはずです。きっと気持ちいいですよ」

「ぁん、気持ちいいの嬉しい……、気持ちよくなりたいのぉ」

学は指先を直腸内に挿れて、カリカリと内部をひっかき、そのまま引き抜いた。

じゅるっと引き抜くと、淡い悦楽が降り注ぎ、由美子はアクメを覚え始めた。

まさかお尻でここまで感じてしまうとは、思ってもみなかったのである。

だからこそ。この突如訪れた快感に驚いていた。

「あぁん。学君お尻が熱いわぁ……」

「キュキュっと締め付けて、まるで生きてるみたいですね。それに、少しずつ広がってますよ」

「やぁん。お尻の穴が広がっちゃう……。でも、気持ちいいから止められないのぉ」

「そろそろ、もう一本指を挿れてみますか? 多分入ると思いますけど」

「んんぁ、そんなに入らないわぁ。今だってギリギリなのにぃ」

「大丈夫ですよ。ちょっとやってみましょう。大分穴は広がっているんで、スムーズに行くと思います」

そう言い、学は人差し指にプラスして、中指を同時に挿入していく。

ミチミチと、尻穴がゆっくりと広がっていき、指を二本咥えこんでいくのであった。

「うぉぉぉ。入りましたよ。どうです? 由美子さん??」

「はぁん、すごい窮屈な感じがするのぉ」

「痛みは大丈夫ですか?」

「うん。そんなに痛くないわね。意外とすんなり入っちゃったわ」

「そうですね。お尻もどんどん広がってきてますよ」

「やぁん。このまま広がっても大丈夫なの? 何だか怖いわ」

「大丈夫です。直ぐに元に戻りますから、安心してください」

指を二本挿れながら、学はにっこりと微笑む。

柔軟に広がりを見せる菊穴は、ずっぽリと指を咥えこみ、かなり卑猥な光景に見えた。

「由美子さんのお尻、ホントにエッチですね。こんなに指を咥えこんでしまって……」

「んぁ、だって、学君が強引にするからぁ。はぁん、意地悪言わないで」

「すごく可愛いですね。由美子さんは素敵だからどんどんイタズラしたくなっちゃいます……」

「んん。はぁん、お尻が熱いけど、すごく気持ちいいのぉ」

「引き抜く時がいいんですよね? じゅりゅっと引き抜いてあげますよ」

そう告げ、学は一気に指を引き抜いていく……。

ローションでたっぷりと菊筋は満たされているので、すんなりと指は動いていく。

スッと指を引き抜くと、由美子はプルプルと震え、快感を味わっているようであった……。

「はぁん、ダメェ、それ、すごくいいのぉ……、感じちゃう」

「お尻がヒクついてますね。おま×ことは違う感じがしますけど、似ているのかも知れません」

「んんー、おま×こもいいけど、お尻も気持ちいいのぉ……」

「同時に、おま×こも弄ってあげましょうか?」

「え? そんなことされたら、私、おかしくなっちゃうわぁ」

驚く由美子であったが、学は左手を淫裂に押し当て、そのままゆっくりと指を挿入していった。

二穴を攻略されて、由美子はガクガクと体を捩らせた。

「おま×こもキュッと締まってますね。んん、いい感じですよ」

「んぐ、あぁん、おま×こにも指が……、お尻にも入ってるのにぃ」

「どうです? どっちの穴も指を挿れられてどんな感じですか?」

「ど、どんなって、そんなの……、気持ちいい……、変態になったみたいで、興奮しちゃうのぉ」

「お尻とおま×こをセットに弄ると、どんどんエッチなお汁が出てきますね。由美子さん、ホントにエッチですよ」

「はぁん、ダメェェ、ダメなのぉ……、どっちも気持ちよくて失神しちゃいそう」

両手の指を器用に使って、責め続ける学。

アナルだけでなく、秘唇もヌレヌレになっており、煌びやかに光って見える――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました