連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第24回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第24回

「うぉぉぉ、ホントに卑猥な光景だ……。由美子さん、あぁ、堪りません」

「学君、おもちゃ、前使ったバイブがあるから、それも使ってほしいのぉ」

「わかりました。バイブでおま×こを責めて、さらにお尻も弄ってあげますよ」

「きゃー。嬉しい。これでもっと気持ちよくなれるのぉ」

学は、一旦指を抜き、バイブを手に取った後、再び二穴を攻略していく。

女壺には、たっぷりとローションを塗り、ずっぽりと挿入していく。

さらに、それにプラスして、指を二本アナルに挿入し、ズボズボと動かしていくのであった。

「ハァハァ、気持ちいい、バイブもいいし、指でお尻を掻き回されるのも最高なのぉ」

「バイブのスイッチを入れてあげますからね、これでもっと気持ちよくなれますよ」

「んんぁ、きゃー。ダメェェ、興奮しちゃうわぁ」

学はバイブのスイッチを入れて、振動させていく。

ヴヴヴヴヴと、大きな振動音が鳴り響き、由美子の胎内を刺激していく。

「きゃん、あぁ、それ、刺激が強すぎるぅ……」

「お尻にも振動が伝わってきてますね……。いい感じですよ」

「んんー。ハァハァ。バイブを突っ込まれるの最高……、それにお尻まで気持ちよくなってるのぉ」

「スイッチのレベルを最大にしますよ。感じさせてあげます」

「やぁん、ダメ、そんなに強くしたらイッちゃうわぁ」

「イッてもいいですよ。激しくイッてください」

「んんぁ、あぁ、ダメ……、ホントに限界、おま×こだけでなく、お尻も気持ちよくなってイッちゃうのぉ」

途端、由美子のカラダがガクンと跳ねた。

そして、口元からツツ―と、よだれが垂れて、そのまま激しく昇天を迎える。

「あぁん、気持ちいいのぉ来たぁ……、ゾクゾクしちゃうのぉ」

淫裂やアナルがキュッと締まり、さらに、陰部からピッと淫水が噴き出してくる。

どうやら、由美子はイッてしまったようである。

長く続くオルガスムスがカラダ中を包み込み、心地よくなっていく。

「由美子さん、イッてしまったんですか?」

「うん。そうみたい。おま×ことお尻でイッてしまったわ」

「気持ちよくなったみたいでよかったです。お尻もいいものでしょ?」

「そうね。知らなかったわ。こんなにお尻が気持ちよくなれるなんて……」

「由美子さん、俺も気持ちよくなりたいです。ち×ぽを弄ってもらえますか」

「えぇ、そうね。次は学君の番ね。こっちにいらっしゃい」

由美子はそう言うと、カラダを起こした。

そして、学の前に進むと、ゆっくりと彼の服を脱がしていく。

生まれたままの姿になった学のペニスは、既に激しくいきり立っていた。

「こんなにおち×ぽを大きくして」

「だって、由美子さんがエッチすぎるから……」

「フフ。こんなに大きなおち×ぽが、私のお尻の中に入るのよね。楽しみだわぁ」

「はい、その前に、由美子さんのテクニックで気持ちよくなりたいです」

「わかったわ。してあげるからね。まずは手コキからね」

由美子は、そっと手のひらでイチモツを包み込む。

柔らかな皮膚の感触が、剛直全体を覆っていくのであった。

「由美子さんの手ってしっとりしていて、気持ちいいです」

「そうかしら、水仕事が多いから、ケアは結構しているからかもね。まだ全然弄っていないのに、おち×ぽの先っぽからエッチなお汁が出てきてるわよ」

「はい、我慢汁です。由美子さんをアナル責めして、興奮してしまったんです」

「お尻の穴で興奮するなんて、学君もホント変態ね」

「それはお互い様ですよ。由美子さんもお尻で感じちゃう変態です」

「やぁん、そんな風に言わないで。でも、変態っていうのは間違いじゃないかも……。私ね、エッチなことが大好きなの。考えるだけでゾクゾクしちゃうし」

「俺もです。由美子さんとエッチしまくって、どんどん淫らになっていく気がしますよ」

由美子はシコシコと手コキを開始し、学を気持ちよくさせていくのであった。

「ふぅ、由美子さん、すごく気持ちいいです……」

「まだ始めたばかりよ。これからもっと気持ちよくなるんだからね」

「それは嬉しいです。由美子さん、手コキも上手いし、フェラも巧みだから」

「あなたのために練習したのよ。存分に味わってね」

「はい」

少しずつ、手コキのスピードを速めていく由美子。

彼女は、手元にあったローションを手に取ると、それをペニスに垂らし、ヌルヌルにしていった。

「ローションでヌルヌルにしてあげるね」

「うぉ、ちょっと冷たいですけど、ヌメヌメしていて気持ちいいです」

「こうすると、かなり滑りがよくなるから、手コキがしやすくなるわ」

一定のリズムで手コキされると、学も心地よくなっていく。

淡い刺激が、ペニスを通じて全身に広がっていくのであった。

「学君はこういうもの好きよね?」

「え?」

「タマタマも弄ってあげるから」

「タマ弄りも好きです。ち×ぽをシコシコされながら、金玉を弄られるととても気持ちいいです」

「そうみたいね。おち×ぽがビクッと跳ねたわ。全く、そんなに興奮しないで」

「興奮しないのは無理ですよ。由美子さん、魅力的だから」

由美子は手コキを続ける一方で、もう片方の手で優しく睾丸をマッサージしていった。

揉みもみと、繊細な手つきで揉んでいくと、痛烈な快感が襲ってくる。

「うぉぉ。やっぱり気持ちいい……。由美子さん最高ですよ」

「おち×ぽ、どんどん大きくなっていくわね。こんな赤黒くなって、凶悪なのにどこか愛らしいわぁ」

「由美子さんが、エッチだから俺のち×ぽもこんなになってしまうんです」

「フフ。なら私が責任を取らないとね……。しっかり気持ちよくさせてあげるから」

由美子は、なるべく動きが単調にならならないように、手コキのスピードを速めたり、緩めたりして変化を加え始めた。

もちろん、睾丸弄りも忘れない。

優しくマッサージしながら、学を気持ちよくさせていく。

「由美子さん。ハァハァ、気持ちよすぎておかしくなりそうです」

「まだよ。まだまだこれからなんだからね……」

「由美子さんのテクニック、また一段とすごくなったような気がします。こんなに気持ちよくなってしまうんて、ホント最高の気分ですよ」

「ありがとう。私もたっぷり気持ちよくなったから、学君をスッキリさせてあげたいの……」

「ありがとうございます。うぅぅ、堪りません」

「ねぇ? ここも気持ちいいんじゃない?」

由美子は、亀頭の裏筋を爪でカリカリとひっかき始めた。

裏筋には性感帯が集まっているケースが多く、鋭い快感が学を包み込んでいく。

「はぅ、うぉ、気持ちいいです。カリカリって扱かれると、ホント最高ですよ」

「そうでしょう。もっとしてあげるからね」

蕩けるような瞳を向けて、学は快感に耐えていく。

一方、由美子はせっせと手コキを続け、新たな悦楽を次々に生み出していくのであった……。

「はぁ、ホントに気持ちいい……、由美子さんの手コキのトリコになってしまいますよ……」

「ウフ……、そんな風に言ってもらえると、私も嬉しいわ」

「ち×ぽとタマを同時に弄られると、とてつもなく心地いいんです。もっと、してください」

「もちろんよ。たっぷりと気持ちよくしてあげるから」

揉みもみと睾丸を揉みしだきながら、由美子は、ローションでヌルヌルになったイチモツを扱いていく。

ペニスは熱く反応を示し、カウパー腺液がしとどに溢れ出してくる。

カウパー腺液とローションの液体が入り混じり、ヌルミは一層激しくなっていく――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました