連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第26回

連載官能小説

連載官能小説『喫茶グーテンベルク』第26回

「学君、やっぱり引き抜かれる時が気持ちいいわ」

「引く抜く時ですね。わかりました。そうしたら、抜く時を意識的に強めますから」

ググっと挿入し、ぬるりと引き抜いていく。

メリメリと直腸内の壁を擦っていき、快感を発生させていくのであった。

「ぁん、学君、それ気持ちいい……、物凄いの来たぁ……」

由美子はガクガクとカラダを震わせながら、ツツ―とよだれを垂らしていくのであった……。

初めてのアナルセックスは、由美子を恍惚とさせていく。

まさか、ここまで気持ちいい行為だとは思わなかったのである。

とにかく、お尻の穴をグイっと広げられ、そこからシコシコと上下に動かされると気持ちいい。

それは、未知なる体験であった。

「んんー、あぁん、んっ。はぁ、はぁん、んぁ」

「由美子さん、お尻をズコバコされてどうです? やっぱり気持ちいいでしょう?」

「うん。気持ちいい……、こんなのイケナイってわかってるのに、気持ちよくなっちゃうのぉ……」

「俺も、アナルセックスができて嬉しいです。それに、由美子さんの初めてをもらえましたから」

「はぁん、そうなの、嬉しい。私、学君にアナルバージンを捧げられたのね。あぁ、あぁん」

直腸の壁を擦り上げるように、学はピストンしていく。

ぴったりと肉のヒダが剛直に絡みつき、とにかく心地いい。

学自身もアナルセックスの気持ちよ恥良さに驚いていたのであった。

「由美子さん、もっと奥まで挿れてあげましょうか?」

「え? 奥に……、そんなに奥まで挿れて大丈夫かしら」

「人間の腸って長いから問題ないでしょう。よし、挿れますよ」

そう言い、学はググっと腰を動かし、肉竿を奥の方まで導いていく。

ミチミチと、直腸の壁を切り開いていくように、内部に侵入していくのであった。

「んん。はぁん、奥までおち×ぽが入ってきたのぉ……」

「奥から一気に引き抜いてあげますからね。いきますよ」

奥深くまで挿入し、そこから瞬時に引き抜いていく。

じゅるっと、ペニスを引き抜いていくと、由美子のカラダがブルルと震えた。

「きゃー、そ、それ、ダメェ……、気持ちよすぎるぅ」

あまりの快感に由美子はカラダに力が入らなくなったようである。

そんなことをお構いなしに、学は抽送を続けていく。

彼は、姿勢を前傾にさせて、密着度を高めていくと、そのまま由美子の唇を奪った。

「んちゅ、ちゅちゅん、ちゅぱ」

「はぁ、学君にキスされてる……、キスされてお尻をズボズボされてるのぉ」

「キスしながら、お尻を突かれるのもいいでしょ?」

「うん、すごくいいのぉ。もっとしてぇ」

キスの雨を降らせる学。

チュチュッと唇の肉を吸い上げると、そのまま今度は舌を絡めていくのであった。

「じゅる、じゅるん、じゅるる」

お互いの唾液を啜り合う、ディープなキスが展開されていく。

由美子は頭がポッとなって、とにかく夢見心地になるのであった。

(由美子さんとのキス、あぁ、堪らないよ、本気のアナルセックスをしてる感じがするし……)

と、学は感じていた。

途轍もない快感がペニスを通じて、全身に広がっていく。

やがて、キスを止めると、学は姿勢を起こし、淫裂の方に指を当てた。

「きゃん、何をするの学君」

「おま×この方も弄ってあげようと思って……」

「ハアハァ、そこは敏感になってるから、なるべく優しくしてぇ」

「この間のバイブを挿れてみてもいいですね。今ありますよね?」

「え? うん、あるけど……」

「使ってみましょう」

一旦結合を解くと、由美子は机の中にしまっていたバイブを取り出し、それを学に渡した。

学は、それにローションをたっぷりと塗りたくると、女壺に向かって突っ込んでいく……。

そして、その状態でアナルにペニスを挿入していくのであった。

こうなると、二穴を攻略され、由美子自身、圧倒的な快感に酔いしれていく。

「きゃー。な、なにこれ、両方の穴を塞がれてるわぁ」

「おま×ことお尻に挿れられてどんな感じですか?」

「うぅぅ、両方気持ちいいのぉ……、こんなのってありえないわぁ」

「由美子さん、もっと気持ちよくなっていいですからね」

学はアナルをシコシコと肉竿で擦りながら、さらにバイブのスイッチを上げて、淫裂を刺激していく。

ダブルで穴を虐められ、由美子はどうしようもなくなった。

ただ、感じるのは素晴らしい悦楽のみである。

「ぁ、んん、っ、んんぁ、あぁん、ハァ、ンッ、キャッ」

由美子の口元から淫声が漏れ聞こえる。

その淫らな声を聞いていると、学も一層興奮していくのであった――。

「由美子さんのお尻、ピッタリとち×ぽに吸いついてきますよ」

「アァッ、あぁん、よくわかんない……、自然とお尻が動いちゃうのぉ」

「おま×ことは違う感じがして気持ちいいです」

「お尻もおま×こも両方気持ちいい……、お尻もズボズボされて、おま×こもバイブでシコシコされると、もうダメェ……」

再び、強いアクメが由美子を襲う。

両穴を責められて、快感のレベルは段違いである。

「ンッ、はぁん、学君、お尻が、お尻が広がっちゃう……、それにすごく熱いのぉ」

「俺のち×ぽの形に変わっていってるんですよ。これからもっと気持ちよくなりますからね」

「もっと、もっと気持ちよくなれるのぉ……、はぁん、嬉しいのぉ。学君の大きなおち×ぽでお尻の穴をホジホジされるの最高なのぉ……」

「締めつけが強くて、ち×ぽが気持ちいい……、こんなにキュッとされると、射精しちゃいそうですよ」

「まだよ。まだイッちゃダメだからね」

「もちろんです。さっきイッたばかりですから、まだ余裕はありますよ」

「うぅ、アァツ……、あぁん、お尻、ズボズボされて気持ちよくなってる。ハァ、ハァ……、堪らないのぉ」

「由美子さん、さらにクリトリスを弄ったらどうなりますか?」

「きゃん、この状態でクリまで弄られたら、どうかしてしまうわぁ」

「俺がイキ狂わせてあげますよ」

バイブのスイッチを最大まで上げると、クリトリスとバイブの突起の部分で刺激する。

すると、由美子のカラダがガクンと跳ねた……。

「アァァツ、んぁ、クリはぁ、敏感だからそんなに強くしちゃダメなのぉ。はぁ、はぁん、ダメだったらぁ」

「このくらいの刺激がちょうどいいはずですよ。由美子さんも好きでしょ?」

「ん、ンッ、あぁん、ダメ、出ちゃう、エッチなおしっこが出ちゃうからぁ」

途端、尿道からピッピッと淫水が迸ってきた。

あまりの快感により、失禁に近い潮吹きをしてしまったようである。

「うぉ、すごい、由美子さん、バイブを突っ込まれながら、潮を吹いていますよ」

「きゃー、ダメ、見ないでぇ、恥ずかしすぎるわぁ」

ピュシューと、潮を吹いた由美子は、ガクガクとカラダを痙攣させた。

強いアクメが襲ってきて、そのままイッてしまったようである。

「由美子さん、イッたんですね?」

「あぁん、そうみたい。カラダ中が性感帯になったみたいよぉ」

「もっと、イカせてあげますからね」

バイブを強めに弄って、さらにアナルを責め続ける。

強めに突いて、さらに一気に引き抜く。

引き抜くと時の快感が素晴らしく、何度も繰り返し絶頂を迎えた由美子は、失神寸前であった。

「由美子さん、おま×こがヒクついています。それにお尻まで」

「ハァハァ……、だって、そんなに強くされたら、何度でもイッてしまうわぁ」

由美子は口元から甘い吐息を漏らしながら、快感に酔いしれるのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました